新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

美女に囲まれ美酒に酔う大阪流の過激なショーハウスが熱い

 梅雨もコロナも長引き、鬱々と過ごしながら迎えた44歳の誕生日の夜。

 旧知のライター、H君から「“大阪流”のショーが楽しめる店ができたから、誕生日のプレゼントだ!」と誘われてノコノコと向かったのが今回のお店、蒲田のショーハウス「CARNIVAL」だ。

俺の夜 こちらのお店、大阪で人気の某店をモチーフとして、ダンスショーを楽しみながら、フロアでは過激なコスチュームの美女を楽しむという“二刀流”が味わえる。昨年のオープン以来、あの大阪流が東京でも……と、遊び人の間で話題となっている店なのである。

ドアを開けるとそこは竜宮城だった

 いらっしゃいませ~!

俺の夜

それはヒモでは……と思わず目を疑うようなマイクロビキニ姿の美女たちが、フロアを歩き回る大阪の某店で人気のスタイルが楽しめる。できることなら毎日通いたいと思った

 ドアを開けると、ズラリと並んだ過激なマイクロビキニの美女たちに出迎えられ、まずはノックアウト。

 そして、ステージかぶりつきの席に座ると、先ほどお出迎えしてくれたマイクロビキニ美女たちが、次々と挨拶にやってくる。男、テポドン44歳、思わず目を白黒させてしまった。

過激なダンスと水着があちこちで舞う!

 フロアを歩く、というかフロアで揺れるオッパイとお尻を肴にして、ビールを飲んでいるとフロアから一人、また一人とオネエちゃんたちが消えていく。そして照明が変わりスモークがたかれてダンスショーのスタートとなった。

俺の夜 ポールダンスから始まり、過激なチアダンスなど、ステージだけでなくフロアにも降りて過激なポージングで盛り上がる。お気に入りのコの名前を呼ぶ客の歓声も相まって、店のボルテージが上がっていく。

 そして、ショーが終わると、気に入ったダンサーをステージ上で指名して、チップを渡す「おひねりタイム」の開始だ。チップは女のコの“好きなところ”に挟めるため、どこに挟み込むかセンスが問われるのである。

俺の夜「竜宮城みたいだなぁ~」

 ライターのH君がぼそりと呟く。うむ……。ここは飲めや歌えや、美女は舞う舞う竜宮城である。

 すると先ほどチップを渡したダンサーのアンナちゃんがチップのお礼をするためにわざわざやって来た。

俺の夜「私、指名でチップ頂いたの初めてだったから嬉しくって。本当にありがとう!」

 そんなけなげな姿に思わずチップも倍プッシュ。こちらのお店、気に入った女のコへプレゼントは、ドリンクを奢るキャバクラなどとは違い基本的に一枚1000円のチップチケットとなっている。女のコは立ったままの接客なのだが、羽が生えたようにチップがドンドン飛んでいく。

俺の夜

ダンサーのコたちはレッスンをしっかりと受けているため、ダンスのレベルは高い。また、ショータイムの合間には観客も参加するゲーム大会も開かれるのだが、これがまたかなり熱い!

 時計を見ると24時。この原稿を編集部に戻って書かなければ……と我に返ったところで夢の世界は終了。ドアを開け、竜宮城を後にした我々は抜け殻のようになって終電に乗り込んだのであった。

【蒲田ショーハウスCARNIVAL】
住:東京都大田区西蒲田7-6-3プリンス会館1F
電:03-6424-7900
営:平日19~25時・土日祝15~22時
営業時間や店休日はホームページまで
料:1万円の入場料が、現在は平日5000円、土日祝7000円のキャンペーン中。ソフトドリンク飲み放題。時間無制限で再入場OK

取材協力/ライターH君 撮影/赤松洋太

業界トークから恋バナまで!女流雀士の店の豊富な楽しみ方

 コロナの第2波を警戒しながら、不要不急の活動も少しずつ再開させているスパムです。今日は先輩に呼び出されて、久しぶりの麻雀大会に参加するため渋谷へ。雀荘のご主人曰く、コロナ禍では麻雀業界も大ダメージを受けたとか。雀荘が休業になるだけでなく、プロの大会も中止が相次いだそうだ。

俺の夜 しかし、そんな逆境にも負けず女流雀士が経営するバーが近くで元気に営業中とのこと。麻雀大会ではボロ負けしたので、傷を癒やすべくお店に行ってきた。

 向かったのは、井の頭線・渋谷駅からすぐ近くにある麻雀BAR「シトラス」。入店すると落ち着いた雰囲気で、「いらっしゃい」と迎えてくれたのが、店長でプロ7年目の柚花ゆうりさんだ。同店は1年半ほど前にオープン。麻雀好きを中心に順調に客足を伸ばしていたが、そんな折に新型コロナの流行が始まってしまった。

俺の夜

写真右からみあプロ(25歳)、柚花ゆうりプロ(30歳)、麻雀好きのバイト・ともかちゃん(23歳)。2~3人で接客することが多い

ゆうり「コロナでも飲みに来てくれる常連さんがいて助かりました。プロ雀士は雀荘での営業が大きな収入源なんですが、自粛期間中はそれがなくなっちゃったので」

 店内にはモニターが4台あり、Mリーグなど麻雀中継が流れている。それを見ながらプロ雀士と麻雀トークが楽しめるとあって、この日も18時のオープンから次々に常連客が入ってきた。

美人プロ雀士たちが日替わりで接客中

ゆうり「でも全員が麻雀を打ちまくっている人じゃないんですよ。Mリーグの影響で、ライトなファンや麻雀は打たないけど女流プロと話したいっていう方も増えていて。そもそもセット料金が1時間1000円と割安なので、普通のガールズバーに行くよりも安くて入りやすいんだと思いますね」

俺の夜

勝負師たちと乾杯。同じグループの店が新宿と武蔵小山にもあり、そちらも女流雀士が店に立っているそうだ

 同店では日替わりでゲストのプロ雀士が店に立っている。この日も女流雀士のみあプロが接客中だったが、「今日も雀荘に寄ってきた」という筋金入りの麻雀好きだ。

みあ「雀荘にふらっと入ると、ほぼプロだって気づかれないですよ。常連のおじさんとかに『お嬢ちゃん大丈夫かい?』みたいなノリで接してもらえるので、プロだと明かさないでそのまま打ちます(笑)」

ゆうり「わかる(笑)。あと、たまにボコボコにされるときもあるし、あえて言わないようにするよね」

 雀荘で異様に美人が打っていたら警戒すべきかもしれない。

本物のプロ雀士と“盲牌”で勝負する!

俺の夜

店内には麻雀牌があるので盲牌(裏返した牌を指で触って当てる)ゲームもできる。負けたほうはドリンクを奢る

 ちなみに同店では“ゆうり飯”と題した店長の手料理も人気だ。なかでも気になるのは燻製メニュー。

ゆうり「店のドアの前でいぶしてるから、みんなから心配されるんですけど味は絶品なんですよ!」

俺の夜

燻製器で自家製の逸品おつまみを作っている

俺の夜

うずらの卵、カマンベールチーズ、ウインナーの燻製盛り合わせ

 一口食すると、渋谷の階段でいぶされたとは思えないほど美味。こんなギャップがあるなら、男心も掴んで離さなそうだが、「モテるのは“業界内”だけです」と即答。

みあ「新人プロで可愛いコも多いから、言い寄る人も多くて(笑)。それに、男性と一晩中麻雀することも多いんで。何時に終わるかわからないし麻雀中は連絡も返せないから、なかなか普通の男性には理解してもらえないんですよね。まあ、もう慣れっこですけど(笑)」

 麻雀話だけでなくまさかの女流雀士の恋バナまで堪能。コロナ時代でも同好の士が集まれる場所の大切さを痛感するスパムでした。

【麻雀BARシトラス】
住:東京都渋谷区道玄坂1-13-1 Mビル3F
電:03-6416-3373
営:18時〜24時
休:不定休
料:60分/1000円 ドリンク700円~。税・サ10%
ゲストの女流プロなどの詳細は、お店のツイッター(@citrus05059920)をチェック!

撮影/菊竹規

池袋に魔界発見!築半世紀の古スナックビルでオタク系女子と戯れる

 なにかと注目を集める街・池袋。とくに東口はこれまでの雑多なイメージからは一変、区民センターと劇場を含む複合施設「Hareza池袋」などがオープンし、若者の街へと変貌を遂げている。その足元にある中池袋公園一帯は、かつては怪しげな人々がたむろするイメージがあった場所だが、今や若い女のコでごった返している。

「サンシャイン横からこの中池袋公園は乙女ロードと呼ばれています。アニメグッズを扱う大型店が何軒かあるため、オタク系やコスプレ女子が大挙押し寄せるんです」

 と解説するのは夜遊びガイドのO氏。氏と俺は歌舞伎町と並び「夜の街」とそしりを受ける池袋の事情を探りに来ていたが、歌舞伎町とは様相の違うこの街の様子に少々面食らっていた……。

昭和なスナック街にコスプレ街が出現!?

俺の夜

「フジプラザビル」は2〜3階に小さな店が約40店舗ひしめく。その半分がコンカフェだ

 乙女ロード周辺をチェックしていると、時代に取り残されたような一角を発見。半世紀はゆうに超えている建物群。外観は継ぎはぎだらけで、異様な存在感を醸し出している。「フジプラザ」と書かれたビルの案内図にはスナック、パブ、そしてジャンル不明の“ハジけた店名”を冠した看板群がある。

「ここは僕も知りませんでした」

俺の夜 O氏が首を傾げながらビルに入っていく。ビルは回廊になっており、小さな扉がズラリと並んだ昭和の横丁の様相だ。感染対策か、ほとんどの店が扉を開けており、中を覗くとメイド、アニメのコスプレの若いコが微笑んでいる。

俺の夜

後列左から時計回りにアルカ・チッチ、ミドリ・マヌカハニー、リオ・ドンペリニヨン、シャロ・ランペルージ。個性的な面々

 回廊の最奥で目が合ったのはマリンルックの女のコ。白いセーラー服は我々の琴線を突いた。

「いらっしゃいませ〜!」

 元気の良い声に迎えられ入店、席に着く。小さな店内を見回すと内装は国民的マンガをモチーフにした海賊仕様。舞台の島が店名に冠してある。奥には白骨化した海賊がカウンターで酒を舐めていた。

俺の夜「お客様は海賊という設定で、私たちは海兵。ガールズバーというよりはコンセプトカフェ(コンカフェ)なのでユル〜い雰囲気を楽しんでいってくださいね」

飲んで食べてガチトークも白熱!

 この日は「ビール飲み放題DAY」だったので我々はビールを注文。一方、女のコのドリンクはチカチカと青く、眩い光を放っているではないか! 思わず目をパチパチするおじさん2人。

俺の夜

狭いながらも賑やかな店内。女のコのCrewドリンク(1000円)は激しく光り、見ているうちにテンションが上がってくる不思議

「オリカク(オリジナルカクテル)は光るのが多いんです!」

 と笑う海兵ちゃんたち。アニメやアイドルに造詣が深く、乙女ロードの住人でもあるという。

俺の夜「すぐ近くの中池袋公園は今、アニメ好きの女のコたちが集まる場所で、缶バッジやグッズを交換したりする場所になっているんです。それに伴って池袋はコンカフェが増えているんですよ」

俺の夜 スナックだらけのビルも、最近はオタク系の飲食店が続々と進出。「コンカフェの聖地」として知る人ぞ知る存在となっている。

俺の夜「実は、秋葉原は初心者向け、池袋は中級〜上級者向けとコンカフェ界にも“序列”があるんです。とくにこのビルのお店は超個性派揃い。アキバに飽きたお客様とキャストが集まる“聖地”なんです」

俺の夜

30〜50代の男性が中心の客層。セーラームーン、プリキュア、K-POP、地下アイドルなど女のコにはそれぞ得意分野があり、その知識と熱い思いに圧倒される

 濃い客と濃いキャストが織りなす“魔空間”。このビルの他の店も覗いてみたくなった。

【Marine Ford】
住:東京都豊島区東池袋1-15-8フジプラザビル3F8号
電:03-6914-2789
営:18時〜LAST
休:なし
料:2000円(1セット40分)〜
・月曜はビール飲み放題、水曜はDEATH GAME DAY、チャイナドレスデー等各種イベントあり

撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

六本木に誕生!ステージを楽しめて女性とも出会える会員制の穴場

 そろそろ外に出て酒が飲みたい、女のコとの新しい出会いが欲しい。そんなことを考えていた6月下旬、豪華なリムジンが突如、六本木の街に現れた。そこからセクシーな衣装に身を包んだ美女たちが次々と降りてきた。いったい何事か。   […]

オーバー40の肉食系熟女たちと猥談と下ネタで美酒に酔う

 3月から続いたコロナによる、さまざまな自粛。かくいう私も自宅でリモートワークに四苦八苦しながら仕事をしていたのだが、自宅に籠もって仕事をすることで、予想以上にストレスが溜まった。やはり2か月以上も飲みにいけない鬱憤は、 […]

コロナ対策を徹底する店で飲む「自粛明けの酒」は最高にウマかった

 東京アラートが解除になったものの、感染に対する不安から飲み歩きを自粛していたスパムです。久しぶりの夜遊びということで、安心して遊べるお店選びは重要。  そんな思いで銀座にやって来ると、「6月に入り銀座コリドー街でも出会 […]

コロナ太りをぶっ飛ばせ!筋肉女子とダイエットに励む夜

 2か月に及んだ緊急事態宣言による自粛生活で俺の生活スタイルもすっかり変わってしまった。外に飲みに行けず酒量が減ってしまい、めっきり酒に弱くなってしまった。その一方、自炊するメシが案外ウマく、しかも一度に量を作り完食。 […]

外出せずにOK!アイドルたちとオンラインで昼夜遊び倒す

【俺の夜特別編「俺の遊び」】  ようやく全国で緊急事態宣言が解除。だが、感染拡大の第2波が懸念され、依然として外を出歩くことに対して厳しい目がある。そんななか、スマホやパソコンを使えばオンライン上でアイドルと遊び倒すこと […]

緊急事態終了後に行きたい! 格安で満喫するソロキャンプ

 新型コロナによる巣ごもりで『あつまれどうぶつの森』が大ヒットするも、ブームにまったく乗れないまま在宅勤務が続くスパムです。“あつ森”で仮想世界に浸るのも悪くないが、新型コロナの収束後には思いっきりお外で遊びたい! むし […]