新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

ワイシャツ姿のノリノリギャルとパリピ酒を飲んでカラオケを熱唱!

 酒を飲むとやりたくなることがいくつかある。ラーメンを食いたい、甘い物が食いたい、なかには服を脱ぎたくなるという輩もいる。そんな私は突然カラオケを歌いたくなることがあり、場合によっては飲みの席を抜け出してワンカラ(※一人カラオケ専門店)に特攻することもしばしば。

 そんな話をパパ友のイトーさんと近所にある場末のスナックで飲みながら話していると、「カラオケもチョメチョメも一人でするより、おねえちゃんとしたほうが楽しいじゃないですか?」。

 そう言って、私をタクシーに押し込んで連れていかれたのが今回のお店、歌舞伎町にある「Girl’s Bar Lovin’」だ。

飲んで、飲んで、歌って、歌って……
ワイシャツギャルとテンションを上げる!

俺の夜

写真左がえむチャン、右がちぃちゃん。2人とも23歳のピチピチギャル(死語)だ。ワイシャツ姿がなんともエロくて素晴らしい!

 ドアを開けてたまげた。そこにいたのはワイシャツ姿のギャル、ちぃチャン(23歳)とえむチャン(23歳)の2人だ。“「部屋とYシャツと私」世代”である四十路のおっさん2人の胸はキュンと高まってしまったのであった。

 とりあえず、テンション上げるためにビールで乾杯。お酒大好き!という2人の飲みっぷりには好感が持てる。

ノリノリでギャルとシャ乱Qを熱唱!

 エンジンがかかったところで、本日の目的であるカラオケがスタート。リモコンの履歴を見ながら、店の雰囲気を考えた選曲を……と見ると、オフィシャル髭男dismなど今どきの新曲に交じって、シャ乱Qの「シングルベッド」や尾崎豊の「I LOVE YOU」が……。

 えむチャンによれば、「ウチのお店、年齢層が広くていろんな曲が入るんですよ。だから、『シングルベッド』とか“昔の曲”を歌えるようになっちゃったんです」。

俺の夜 我々の青春の一曲は、もはや“昔の曲”なのか……。ジェネレーションギャップを感じながらも4人でワンフレーズごとに「シングルベッド」を熱唱。そこからはイトーさんと2人でラルクや尾崎豊、ワンズなどのおっさんカラオケ・オンステージが開始。

 するとちぃチャンから「最近の歌って歌えますか~」とリクエストが入ったので、私、酔った勢いであいみょんの「マリーゴールド」を熱唱。これがウケにウケたのであった。

「いやぁ~楽しいですなぁ~」とイトーさん。「うん。楽しいですなぁ~」と私。この楽しさの秘密は、ツンツンしてるように見えて、実はアットホームなワイシャツギャルの2人によるところが大きい。おっさんたちのくだらないギャグや選曲に付き合ってくれるなんて、今のご時世、貴重な存在である。

パリピ酒・クライナーを次々と一気飲み!

 盛り上がってくれば「一杯どうぞ!」が大人のマナー、というわけで、「そろそろテキーラとかやっちゃいますか?」と振ると、イトーさんが横から「テキーラなんて古いですよ!」と注文したのは最近流行のパリピ酒、クライナーと呼ばれるミニボトルのリキュール。

俺の夜「ココナッツにペパーミント、チェリーと……イチジクもあって、イチジクはチョーオススメ」

俺の夜 と、いうわけで、ちぃチャンがオススメのイチジクを4本オーダー。おっさん2人は口にくわえて一気飲み。う~ん、甘い! コレは確かに女性ウケする味である。イェーガーやテキーラを散々やらかしてきたおっさっんからすると、いくらでも飲めてしまいそうだ。

俺の夜

ちょいとつまんでクイッと飲む。上級者は口にくわえて一気飲みするのがスタイル。度数が低くて甘いので油断すると……

 口あたりのイイ酒は、クイクイ飲めてしまうから厄介だ。こんなもんジュースや! と豪語しながら、4人で空けたボトルをショットグラスのように並べていく。もはやビールはチェイサー状態だ。

 夜が更けていくと、ほかの客のカラオケに合いの手を入れたり、拍手をしたり……。カラオケの正しい楽しみ方を心の底から堪能したのであった。

【Girl’s Bar Lovin’】
住:東京都新宿区歌舞伎町2-23-12 チェックメイトビル4F
電:03-6278-9929
営:19時~ラスト
休:日祝、年末年始
料:19~22時60分3000円、22時~ラスト60分4000円、(いずれも飲み放題)、税サ20%、カラオケは5曲1000円。
ほかにもダーツやVIPルームもある

撮影/赤松洋太 取材協力/森田光貴 スペシャルサンクス/イトーさん

「資格持ち女子」だけを集めた店に行ったらミニスカに目を奪われた夜

 先日、仕事終わりに立ち寄ったファミレスで資格の勉強に励む20代のOLさんに遭遇。長い髪をラフに縛り上げながら、一生懸命に参考書を読み込む姿に、尊敬の念と萌えを感じたスパムです。

 そういえば、かつてFPの資格勉強を始めて1週間で断念したことがあったな~などと思っていたところ、上野に「資格女子」ばかりを集めたお店があるという情報を入手。早速会いに行ってみた。

国家資格保持者も? 一芸を持つ女子がお出迎え

 今回やって来たのは、JR上野駅から徒歩5分ほどにある「ジョイナス上野店」だ。

俺の夜 入店し、スタッフに「ビューティー系女子とオフィスワーク系女子です」と紹介されたのは、メイク系の資格を持つあんりちゃん(22歳)と受付事務で働くれんちゃん(24歳)だった。

俺の夜

写真左から、ビューティー系女子のあんりちゃんとオフィスワーク系女子のれんちゃん。こちらには、50人の資格女子が在籍中

あんり「女のコが首から下げてるIDカードに持ってる資格が書いてあるんですけど、最初は内容を見せないで『なんの資格か当てるゲーム』をするんですよ」

れん「私が持ってる事務系の資格、なんだと思いますか?」

 う~ん……秘書検定!

れん「日本語ワープロ検定です~」

 わかるわけないだろ~!などとじゃれ合いながら乾杯。資格女子たちとの夜がスタートした。

資格の話は気になるが誘惑のチラリズムも

 聞けば、同店には彼女たち以外に、公認会計士や管理栄養士、ネイル検定やヨガインストラクターまで幅広い資格女子が在籍しているという。それにしても、よくこんなにいろんなジャンルが集まりましたね……。

俺の夜

○○系女子という名称で12カテゴリーに分類されている資格女子。気になるジャンルのコがいたら、リクエストすることも可能だ

れん「ウチのお店は新しく資格を取るのを応援してくれるんですよ。取得難易度に応じてお祝い金が出るんです。だから勉強中の学生も多くて。営業前にメガネ姿で勉強してるコもいますね」

 なんとも応援したくなるような資格イイ話なのだが、相づちしながらも超ミニスカートからのチラリに目線が……。

俺の夜

資格の話で盛り上がりながら、IDカードに隠された超ミニの隙間に目は泳ぐ。あくまでもハプニングを楽しむという気持ちを忘れずに

れん「女のコがハンカチを持たない代わりにIDカードを下げてるから、見えちゃったら仕方ないハプニングですね(笑)。けど、名札ストラップがピッタリ隙間にかぶさる長さだから、お客さんには『憎らしいぐらいにちょうどいい長さだね!』って言われます」

 聞けばスカートの長さは32cm! 彼女たちがリアクションを取るたびにスリリングな瞬間が訪れる。そんな醍醐味があるからか、「お客さんからパンツをプレゼントされたこともある」という。

水曜日は週替わりでイベントも

 また、水曜日は週替わりでイベントを開催。制服や女教師、さらに資格に応じたコスプレなど内容も豊富で「オススメなのは医療系の資格を持っているコたちのナース姿ですね。なにしろ本物ですから」(スタッフ)とのこと。

俺の夜

国家資格・検定から民間資格まで所有する資格も幅広い。「管理栄養士のコは食事のアドバイスもしてましたよ」(れんちゃん)

俺の夜 ほかにも人気が高いのは、“ノーブラデー”という刺激的な名前のイベントだという。

あんり「水着にジャケットを羽織るだけで、ブラウスを着てないから“ノーブラデー”です(笑)。露出も多いし、お客さんは楽しめるポイントが増えるのかな」

 資格を武器に、昼も夜も元気に働く彼女たちと別れ、寒風吹く上野を歩きながら次回のイベント情報をチェックするスパムでした。

【ジョイナス上野店】
住:東京都台東区上野2-12-3 大国屋ビルB1
電:03-3837-2202
営:17時30分~ラスト
休:ナシ
料:1セット40分/3900円(19時以降は価格変更あり)。
毎週水曜日のイベント詳細は、お店HP(plaza-ueno.com/joynurse-uen)まで

撮影/渡辺秀之