新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

激動の2020年。下町・亀有のミリタリーバーで愛と平和を語る

 激動の2020年の幕開けだろう。イランを巡る危機、某企業の元社長の逃亡劇、そして新型コロナウイルスの流行……平和の祭典・東京五輪はこのまま平穏無事に開催されるのか。そんなことを考えながら、JR総武線に揺られ、車窓から見える新国立競技場を眺めていると、夜遊びガイドのO氏からLINEのメッセージが届いた。

「亀有で取材中、怪しい一角を発見!」。写真には廃墟と思われる建物と「セクシーギャル」と書かれたボロボロの看板。一体何を訴えようとしているのか……。そこからさらに30分ほど電車に揺られ亀有で降車、O氏と合流することに。

俺の夜

亀有の治安を守る、ご存じ「両さん」。実際、こんなサンダル履きの諸先輩方がこの店のご常連にもあまたいるそうだ

 駅で手を挙げて待っていた“有名警察官”の像をすり抜け、やたら中華料理店の多い繁華街を進むと、明らかに毛色の違ったネオン街にO氏が立っていた。

下町・亀有の元ピンサロ街の片隅に

「これが写真の廃墟なんですが……。それより隣を見てください」

俺の夜 スナックや居酒屋、アジア料理店が並ぶ薄暗い長屋の一角。件の「セクシーギャル」の廃墟の隣から漏れる明かり。素通しのドアから中を覗くと拳銃がズラリ。奥には機関銃やロケットランチャー、そして手榴弾と思しき「火器」がうやうやしく鎮座している。

 店内には女のコが複数人。その一人と目が合ってしまった!

「どうぞ! いらっしゃいませ~」

俺の夜

左から、ももちゃん、ゆかちゃん、あいりちゃん、くぅちゃん。セクシーでキュートなアーミールックはなんと自前だそう

 ドアを開け、我々を招いてくれたのはアーミールックの女のコ。胸元は大きく開き、ミニに網タイツ。映画『地獄の黙示録』のプレイメイトのよう。ブラック系のビートの効いた音楽、モニターには際どく尻を振る女たちの映像が流れている。恐る恐る席に着くと、アーミー女子はテンションが高い。

「ビール、焼酎、カクテル、ウィスキー、今の時間は60分、1000円で飲み放題で~す!」

俺の夜

店内には50丁超のモデルガンやロケットランチャーがディスプレイされている。手に取るのは諸事情により不可だが、緊迫感もある

 壁に飾られた50丁を超えると思われる「銃火器」。聞けばオーナーが趣味で集めたモデルガンなのだが、けっこうな値段のする代物もあるという。

俺の夜 俺の夜 俺の夜「現役の自衛隊員の方が大勢を引き連れてきて、ひとつひとつ銃の名前を連呼して説明してくれたり、サバゲー(サバイバルゲーム)好きのお客さんが来るようになったり。私たちもオンラインゲームでバトルロワイヤルを楽しんでます」

 と“小隊長”のあいりちゃんを筆頭に女のコたちは口を揃えるが、キナくさい現実の世界とは大違いの和気藹々さ。イランvsアメリカのバトルなんてどこ吹く風だ。

朝まで飲んで飲んで! 持久戦は大の得意

 そんな彼女たちの「戦い」のボルテージはもっぱら酒だそう。

俺の夜 俺の夜 俺の夜 俺の夜「女のコ同士で飲むと、誰かをツブすまで容赦なく飲(や)る!」とゆかちゃんが気合を入れると、「日本酒なら底なしで飲める」とすかさず応戦するももちゃん。

俺の夜

とにかく酒が好きだと豪語する4人のアーミーガールは朝まで飲むこともザラ。生半可な飲み方だと確実に“火傷”するので注意!

「5~6年前はこの辺ピンサロ地帯でヤバかったらしいですよ~! 隣もピンサロだったし!」

 O氏を喜ばせているくぅちゃん。

 裏表なく、豪快に笑うプレイメイトたち。下町ならではのイナタイ感じが妙に心地よい夜だった。

【Little Army】
住:東京都葛飾区亀有5-28-2 1F
電:03-5856-2377
営:19時~ラスト
休:無休
料:1000円(19~21時/60分)、3000円(21時~/60分)※飲み放題(税別)
ちょっと暗い路地だが、路面店ゆえ入りやすいと評判

協力/O氏(夜遊びガイド) 撮影/渡辺秀之

早大生AV男優が渋谷に開店したメンズエステで身も心も癒やされる

 普段は、週刊SPA!のウェブ版『日刊SPA!』の編集を担当している僕。

 ネタ探しにツイッターをチェックするのが日課だ。昨年、ネット界隈で大きな話題を呼んだ現役大学生がいる。篠塚康介さんだ。名門・早稲田に通いながら風俗ブロガーとして活動、ついにはAV男優デビューまで果たした。

SNSで注目の店にメディア初潜入!

 そんな彼が最近、メンズエステ店「レボリューション」を開店したという情報が流れてきた。僕は、すぐに覆面調査を行った。その結果、とっておきの遊び方があることに気づいた。そこで、今回は疲れた男を癒やす一夜を紹介したい。

レボリューション まずはホームページから各セラピストのツイッターアカウントをチェックする。そして、彼女たちの日常を知ったうえで会いにいけば、興奮も倍増するのだ!

レボリューション

左から、哀戦士めぐり愛さん、宇宙小南(コスモ・オナン)さん、タキザワリカさん。それぞれがツイッターで自由に情報を発信する

ネットで話題沸騰中の個性派セラピストたち!

 渋谷の神泉。プレイルームは、マンションの一室だ。ドキドキしながらピンポンと鳴らすと、僕のお目当てのタキザワリカさんがひょっこりと顔をのぞかせた。ツイッターでは顔出しNGだが、実物に出会えた感動は大きい(めっちゃ美女)。彼女は漫画家でもあることを事前に知っていた。

レボリューション

ツイッターでセラピストの日常を知れば、会ってみたくなる。そのうえで実際にタキザワさん(@takizawarika)と触れ合えば興奮も倍増だ

「去年、漫画で賞も穫りました。今はここで働きながらメディアで連載も持っていますよ」

 そんな彼女を眼前に、緊張しながら紙パンツ一枚になる。そして、ベッドで仰向けになると、マッサージが始まった。全裸に近い状態で美女に触れてもらえるだけでもありがたいものだが、メンエスの特徴といえば、鼠蹊部(足のつけ根)への刺激。

レボリューション

じかの接触はないからこそ脳内の快楽指数は最高潮に

 ギリギリな箇所だが、これにオイルが投入されると、いやが応でも気持ちが高まってしまう。極めつきは四つん這いで、羞恥心がくすぐられる。リカさんが手のひら、指先や爪を駆使しながら変化をつけると、ゾクゾクが止まらない。おお、と思わず愉悦の声が漏れる。自分でも意外だったのは背中へのタッチ。

「実は、背骨に沿って性感帯があるんですよ」

レボリューション

美女セラピストから鼠蹊部(足のつけ根)を念入りにほぐしてもらえる。ギリギリの箇所だからこそ、よからぬ妄想が限界まで膨らむ(笑)

 必死で我慢をしていると、次第に頭の中が真っ白になっていく。絶頂に近い感覚。とはいえ、いわゆるヌキはないため、昇天寸前の興奮が果てしなく続いていくのだ。限界を超えた先には――。

 施術が終わると、僕は放心状態だった。シャワーを浴びながら、これが“悟り”の境地なのかもしれないと気づいた。メンエスで新しい世界が開けた瞬間だった。

ネットとリアルの両面で楽しんで心身ともに癒やされる

 体験後、ネットで話題を集める同店の店長・篠塚さんに直接話をうかがってみた。

「マッサージがうまいだけではなく、セラピストの個性を大事にしています。講習はありますが、SNSも含めて自由にやってもらうスタイルです」

レボリューション

【早稲田大学3年生・店長 篠塚康介さん】風俗ネタを書いたブログがバズり、エロの道に生きることを決意。昨年、AV男優デビュー。メンズエステ店の経営にも乗り出す

 実際、セラピストのツイッターがバズることも珍しくない。

「漫画やメディア運営など、メンエス以外の仕事もしているコが多いので、これをきっかけにファンになってもらい、店まで会いにきてもらったり、それぞれの活動に派生したりすればいいですね」

 ネットとリアルの両面で女のコと楽しめば、心身ともに癒やされる。もちろん飲み歩くのもいいが、たまにはこんな夜の過ごし方も男には必要だ。

【メンズエステ「レボリューション」】

住:東京都渋谷区神泉町20-25(※住所まで到着したらTEL)
電:090-8519-1984
営:12:00~翌5:00
料:基本コース:70分1万2000円、130分2万2000円、オプション:ディープリンパ、オイルマシマシ3倍ほか各2000円 
https://revolution.monster/

撮影/長谷英史

キャバクラのバースデーで男を上げる必殺のケーキ!

 数年前までは、行きつけのバーで毎月のように、誰かのお誕生日会と称してテキーラが飛び交う夜をすごしたものだ。しかしながら最近の私ときたらどうか? 行きつけの飲み屋のネエちゃんの誕生日を間違える始末である。あの日以来、コピペした文面の営業LINEしか返ってこなくなってしまい、年が明けても傷心の日々である。

 ウケのいい誕生日をプロデュースしてこそ一流の遊び人である。そこで今回は趣向を変えて、最近のキャバクラにおける誕生日事情を取材するという名目で、夜の街に繰り出したのであった。

俺の夜

写真左が瑠香チャン、右が樹莉チャン。誰の誕生日というわけではないが、バースデー気分でこの日は盛り上がった

お気に入り嬢をパクッ写真ケーキが大ウケ!

 やって来たのは新宿歌舞伎町の人気キャバクラ「AMATERAS」。根掘り葉掘りと最近のバースデー事情を伺ったのは樹莉チャンと瑠香チャンのおふたり。

「最近、すっごいケーキがあって面白いんですよ~」

俺の夜 と言いながら、瑠香チャンがスマホで写メをパチリ。ケーキなのに写メ? 頭の中には? マークがいくつか浮かんだが、まぁ、いいやと飲み始めてから30分。お店のマネジャーが「届きました!」と持ってきたのがこちらの写真ケーキだったのである。

俺の夜

写メを撮って30分でスペシャル写真ケーキが到着!

俺の夜

新宿歌舞伎町およびその周辺なら写メを送って60分以内に写真ケーキが到着。写真は中サイズで1万6000円。問い合わせはイリナデリバリー新宿店(電:03-5291-1531)まで

「このケーキ屋さん、写メを送ってケーキを注文すると30分でその写真をケーキにして持ってきてくれるんですよ~。チョーすごくないですか?」

 これはすごいよ、瑠香チャン。そして、みんなでケーキ入刀とばかりにスプーンで自らの顔をすくう。これがまた楽しいのである。

俺の夜

あたしを食べて~! と、ケーキをネタに盛り上がる

「まずはテポドンさん、あたしを食べちゃって!」

俺の夜

食べちゃうぞ~と、いい年こいたオッサンも思わずはしゃいでしまうから不思議である。ネタとしては最高だ!

 と瑠香チャンからおねだりされて、パックンチョ! お返しに樹莉チャンに「じゃあ、オッサン食べて~」とお裾分け。

俺の夜 たかがケーキ、されどケーキ。届いてビックリ、食べて楽しい。ケーキ一つでこんなに盛り上がるなら、バースデーのネタとしては最高である。これで1万6000円なら、コスパは抜群。ちなみに定番とされるバルーンは5万~8万円、お花のスタンドは1万円~が相場という。

俺の夜

憧れのシャンパンタワーは使うシャンパンにもよるが、設置料込みで120万~150万円ほどが相場

どのくらい通えば常連になれる?

 また、キャバクラのバースデーというと、どうしても女のコをお祝いするイメージが強いが、常連になると女のコたちやお店からお祝いもあるという。でも、常連って、週2? 週3? どんだけ通うんだと瑠香チャンに聞くと、「月に1回でも、末永く通っていただけるならお祝いしちゃうかな」

 え~!? 月1回でお祝いしてくれるなら、俺、通うわ! というわけでこの日は2人を指名して、ケーキを肴に飲んだのであった。

住:東京都新宿区歌舞伎町2-23-12チェックメイトビルB1
電:03-3204-1248
営:20時~ラスト
休:日祝
料:20時~20時59分8000円、21時~ラスト1万1000円(60分) 延長30分4000円(税サ別)
在籍キャストは120人を誇る歌舞伎町の人気店

撮影/赤松洋太 取材協力/T先輩 森田光貴

埼玉県の秘境! 東武東上線沿いにカオスなスナックを発見した!

 年末は毎年恒例の年忘れ麻雀大会で惨敗したスパムです。集まったのはいまだに仲のいい大学時代の友人たち。昔話に花を咲かせていると、ふと大学時代を過ごした東武東上線沿線を思い出した。  池袋と埼玉エリアを繋ぐこの鉄道は、ほど […]

ナンバーワン嬢とVIPルームでドンペリ空けて令和の一年を締める

 2019年……平成から令和へと移ったものの、さしてやることは変わらず。地元のスナックに入り浸り、きゅうきゅうと安酒を煽る毎日。そんなある日、飲み仲間であるパパ友のイトーさんから、 「年の瀬ですから、“高い女”と飲みまし […]

ポップ&キュート。夢のアメリカダイナーガールと戯れる吉祥寺(ジョージ)の夜

 今年も残すところあとわずか。消費増税の余波だろうか、己の人徳のなさだろうか、忘年会に誘われる回数がめっきり減った。そんなことをボヤきながら、O氏とふたり吉祥寺の公園前の老舗焼き鳥店で煙に巻かれつつ、安酒をちびちび煽って […]

謎のベールに包まれた銀座。芸能人が働く会員制BARに潜入

 企業社長や役員クラス、一流ビジネスマンの社交場ともいえる銀座。しかし、“一見さんお断り”の会員制が多く、取材拒否の店も少なくない。イチ記者が経費で高級店を飲み歩けるわけもなく、謎のベールに包まれている。  先日、手がか […]

ワイシャツ姿のノリノリギャルとパリピ酒を飲んでカラオケを熱唱!

 酒を飲むとやりたくなることがいくつかある。ラーメンを食いたい、甘い物が食いたい、なかには服を脱ぎたくなるという輩もいる。そんな私は突然カラオケを歌いたくなることがあり、場合によっては飲みの席を抜け出してワンカラ(※一人 […]

「資格持ち女子」だけを集めた店に行ったらミニスカに目を奪われた夜

 先日、仕事終わりに立ち寄ったファミレスで資格の勉強に励む20代のOLさんに遭遇。長い髪をラフに縛り上げながら、一生懸命に参考書を読み込む姿に、尊敬の念と萌えを感じたスパムです。  そういえば、かつてFPの資格勉強を始め […]