新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

第百十夜【前編】

楽園ハバナの”世界最古のキャバレー”でステップを踏む!

110125_yoru_00.jpg

 バーで知り合った熟女を”すんでのところ”で若い輩にかっさらわれた俺。そんなとき思い出したのは、ヘミングウェイの小説『老人と海』だった。カジキとの死闘に勝った孤独な男。しかしその戦利品は曳航途中にサメに喰われる……。その舞台で男の哀しみを分かち合いたい。俺は機上の人になった。

 成田から18時間。キューバ・ハバナ空港に到着。旧市街へと向かうタクシーの窓から見える景色に仰天した。’55年製のキャデラック、フリートウッドが白煙をもうもうと吐きながら走り、幹線道路沿いに立つ看板には革命の志士チェ・ゲバラの姿や「人民は連帯を!」の文字が猛々しく躍る。これが21世紀の景色なのか?

「ハバナの夜は暗い」と藤原新也は書いたが、日が暮れると本当に街は真っ暗だ。19世紀後半に造られたコロニアル調の建物がそのまま残る旧市街は、100mにひとつ街灯があればいいほうで、すれ違う人の表情も判別できない。歌舞伎町のネオンに馴れきった俺は、懐中電灯で足元を照らさないと石畳に足を取られてしまうほどだ。

文豪が愛したバーでモヒートを堪能!

 まずはヘミングウェイが「モヒートはここで」と絶賛した店へ。文豪に倣いモヒートを流しこむ。日本では考えられない大量のミントと砂糖の甘みとラム酒の味が、体に絡みついた街の熱気と長旅の疲れをクールダウンしてくれた。

 今、この国の基幹産業は「観光」である。アメリカとは国交を断絶しているが、欧州やカナダなどから大挙して押し寄せる観光客から外貨を獲得しようと必死だ。”富めるものからは搾取する”という共産主義思想が徹底されている。キューバ人通貨と外国人通貨は分けられ、モノやサービスの値段も2つ存在する。外国人はキューバ人通貨をほとんど使えず、高い額を支払わされる。街中でメシを食えば日本円にして平気で1000円を超えるし、タクシーでちょい乗りしても日本の初乗り分は優に取られる。「競争」という概念も乏しいため、どこでも「協定価格」。値切ることはほとんど不可能だ。

 薄給の俺には懐具合が気になって仕方がない国だが、夜遊びは別。第二次世界大戦が勃発した’39年から営業し”世界最古のキャバレー”としてその名を轟かせる「トロピカーナ」に馳せ参じることに。

110125_yoru_01.jpg

森の中に突如現れた宮殿のような建物。これが創業72年、革命前から営業の老舗の風格だ!

110125_yoru_02.jpg

キャバレーのエントランスでは生バンドがお出迎え。伝統音楽”ソン”の響きが実に心地いい

協力/レモンガス野村(フリーCMディレクター)

第百十夜【後編】

110125_yoru_10.jpg

 旧市街からタクシーに乗ること30分。ちょっと不安になるような辺鄙な場所に突如現れる宮殿のような建物。エントランスはフォーマルないでたちの欧米人観光客でごった返している。俺はといえば汗で濡れたイージーパンツに街中で買った安物のキューバシャツ。ヘミングウェイも好んで着たキューバシャツはこの国の正装だそうで、辛うじてドレスコードを通過。入場料(約9000円)を支払う。ちょっと躊躇する額だが、かぶりつきの席を押さえるため奮発した。

 カメラ持ち込み料として約500円を追加徴収され憤慨するも、美女からの葉巻のプレゼントに心を浮き立たせる現金な俺。客席に着いて驚いた。なんと三方をステージに囲まれた巨大な屋外劇場で、収容人数も2000人は下らない。

 葉巻とダイキリを嗜んでいるとラテンの国には珍しく予定時間ピッタリに開演した。

 100人を超えるダンサーが、オーケストラが奏でるサルサやキューバの伝統音楽に合わせて激しく踊る。そのレベルの高さと規模に、六本木あたりのショーパブはおろか、浦安の夢の国のパレードすらかすんでしまうほどだ。

“配給”された「ハバナクラブ・オールド」の瓶をとっととカラにし、テンションも急上昇。反応の薄い欧米人を尻目に、ステージかぶりつきで踊っているとメインダンサーの女のコにステージに引っ張り上げられた。機内でDVDを観て、練習を積んだキューバンスタイルのステップで応酬すると、
「日本人? うまいわね」と熱い視線を投げかけられ調子に乗る俺。

 バーでの熟女との儚い思い出は、カリブ海に沈めてしまおう、と心に誓った夜だった。

110125_yoru_09.jpg
110125_yoru_08.jpg

別名「星の下のパラダイス」と呼ばれるショーは3つのステージと1つのオーケストラピットがある屋外劇場。かつてはフランク・シナトラやナット・キングコールらが出演したことも。最も高い席で約9000円、安い席でも7000円というキューバの娯楽でも最高峰の場所。国が運営する「国営キャバレー」で、ダンサーは「公務員」となる

110125_yoru_06.jpg

ひと瓶をストレートで空けたラム酒の勢いでステージへ。革命の国で「大和魂」を見せたつもりだが、今改めて見ると緩みきった表情が少々恥ずかしい……

協力/レモンガス野村(フリーCMディレクター)

第百九夜【後編】

110118_yoru_00.jpg

 鼠先輩いわく、同店ならではの遊び方があるのだとか。

「ここのコは、どんな下ネタを言っても引かないんだ。オナニーは、週に何回ぐらいするの?」

 席に着くなり、下世話な質問をする先輩。もう少しお酒が入ってからのほうが……、なんて気を使っていると、「14回かな。毎日、朝と寝る前にしてるから。バイブよりはローター派」と、聞いていないことまで答えてくれたのはGカップ巨乳の@YOUちゃん。テキサスよりも回数が多い。

 その後も、延々と続くむき出しのエロオヤジトーク。小誌の「これをやったら[即オッサン認定言動]69選」(’10年12月14日号)で8割に該当し、オッサン認定されたテキサスだが、先輩はその上を行く”エロオッサン”。だが、これこそ先輩流の夜遊び術なのだとか。

「俺の夜遊びはキャバクラで徹底的にエロトークを楽しみ、悶々とした状態で風俗に行き、サッパリすることなんだよ」

 好きなタイプは「会って15分でヤラせてくれるコ」という即物的な先輩。キャバクラは、あくまでメイン(風俗)の前菜。その意味で、同店は、前菜としてうってつけのキャバクラと言える。

 先輩が、この境地に達するまでどれぐらい散財してきたのか?

「自腹では行かない。女好きの社長をたぶらかして便乗するから」

 それでも「先輩」と呼ばれるなんて……。さすが”ギロッポン”マスターの夜遊びは、奥が深い。

110118_yoru_03.jpg

300本以上の作品に出演した”キカタンのキング”こと麻生岬ちゃん。
鼠先輩とは旧知の仲だが、「口説かれたことはない」とか

“鼠監督”が描くキャバ嬢愛憎劇
『愛幻蝶(アゲハチョウ) 嬢王への道』

110118_yoru_06.jpg

初の監督作品が2月発売。1月17、18日に発売記念の特別上映会を開催。
詳しくは「愛幻蝶」で検索!

撮影/西田 航 取材協力/ナイトスタイル

第百九夜【前編】

卯年に鼠先輩と一緒にポッポできる AV女優専門キャバに行く! 「あけおめ。お年玉を用意したから、お店に遊びに来てくださいね♥」  毎年のことながら、新年早々の”あけおめ”営業メールが […]

第百八夜【後編】

まずは新宿二丁目のゲイバーへ。馴染みのゲイバーで聞き込み調査をすると……。「二丁目はね、ボラれる店はないけどホラれる店はあるわよ♥」とお約束の一言。ただし、ノンケや女性客だとゲイより […]

第百八夜【前編】

夜街で、ボッタクリに遭わない ための必殺技はあるのか実戦! この時期、会社の同僚とは「年初めに……」とキャバクラに行き、地元の友人とは「久々に遊ぶか!」と理由をつけて遊びたくなるものである。が、し […]

第百七夜【後編】

「東京か、懐かしいわ。私がいたのは15年くらい前だったかしら」  妙齢の美女・久恵ママの一代記に心を奪われる。O氏の地元友人も合流し、盛り上がりは最高潮に。このまま足に根を生やして飲みたい衝動にも駆られるが、店をあとに。 […]

第百七夜【前編】

雪の下北 はぐれ鳥 東北新幹線開通で沸き上がる青森の夜を堪能 「年末は故郷に帰るかな。母ちゃ、元気にしでっだろうか」  阿佐ヶ谷の大衆酒場「K」の看板娘・青森出身のマリアちゃん(37歳)がカウンター奥のブラウン管を見なが […]

第百六夜【前編】

OVER30は要注意!? スパム25歳が、 池袋のヤバい夜を紹介するぜ!! 上京から8年。気がつけば、いつしか実家の近所のように親しみを覚える俺の街、池袋。少なくとも100回はここの路上でゲロを吐いたスパムだが、その傍ら […]

第百六夜【後編】

ケモノ臭ただよう池袋の”シメ飯” 「薬物ではなく女欲でテンションを上げたい」というスパムのリクエストに応えてくれたアニキ。お口直しにと、東口の「出会い”漫画”喫茶」へと誘っ […]