新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

夏の終わりに思い出を!海以上に過激なギャルたちがいる水着ガールズバー【前編】

伊豆の海に小旅行。そこで、見かけたDカップを揺らせて歩く白ビキニギャルに半勃起。なかなか海から浜辺に上がれず、せっかく海に行っても日焼けができなかったテキサスです。 仕事に追われ気がつけばもう9月。今年の夏らしい思い出と言えば、伊豆の半勃起のみ。このまま夏を終わるわけにはいかない。そこで、まだまだ水着ギャルを見足りないテキサスは、仕事終わりに水着が拝める水着ガールズバーなるお店を発見。今年5月に六本木にオープンしたばかりだという「キラキラガールズ」に向かうことにした。

もはや水着ではない過激なコスチューム!

水着とは言えない過激な衣装の女のコたち(写真中央がレイナちゃん)。平均年齢は20歳で学生やOL、フリーターなど約20人が在籍し、常時5〜10人が出勤しているとか


六本木交差点から徒歩5分。エレベーターでB1に下りて店内に入ると、海辺の水着ギャルよりも過激な衣装を纏った夜の水ギャルが元気に出迎えてくれた。

接客してくれたのは、身長168cmでスタイル抜群のレイナちゃん(21歳)。黒エナメルの細すぎるトップスに小ぶりのTバック、黒のニーハイブーツ……って、これは水着じゃないだろ。と、海辺の水着ギャルを予想していたため、ツッコみたくなったが、こちらのほうがテキサス好みなので◎。

だが、露出の激しいコスチュームなだけに少々照れてしまい、どこか会話がぎこちない。

そんなテキサスを見かねて「緊張してますね(笑)。じゃあ、こうしてあげる♥」と言ってカウンターに座り、両脚をテキサスの肩の上に。レイナちゃんは大股開きでこちらを見つめたまま「ここまでやっちゃえば、恥ずかしいとかもう関係ないでしょ?」と、Sっ気たっぷりに接客してくれた。

確かに、ここまでされると、恥じらっている自分が恥ずかしくなってくる。女性にここまでさせたのだから、きちんと応えるのが男の作法。そう思わせてくれる雰囲気がこのお店には存在する。

「この水着、ここはどうなっているの?」と自ら際どいところに目を向け「えぇ、ひみつだよ」(レイナちゃん)などという会話は当たり前。その後は、何かが弾けたかのように心が解放され、大胆になることができた。

後編はこちら⇒

【キラキラガールズ】


今年5月にオープンした、過激な水着ガールズバー。
住:東京都港区六本木3-14-13 UFビル1-B1
電:03-6447-1139
営:19時~ラスト
休:日曜 60分/3000円~ http://www.kira-girls.com/

後編はこちら⇒

夏の終わりに思い出を!海以上に過激なギャルたちがいる水着ガールズバー【後編】

前編はこちら←

チップの渡し方はフリースタイル!

また、同店にはより大胆に女のコたちと接することのできる「チップゲーム」なるものが存在する。これは、1枚500円のチップを購入した客が女のコの水着に“挟める“というもの。もちろん、挟む場所は自由だ。

そこで、まずは無難におっぱいに挟むことに。チップを片手に持って水着に手をかけると、今にも乳首が「こんにちは」しそうだ。チップを挟む瞬間、くすぐったかったのか、ピクッとするレイナちゃん。ついつい水着の中を想像してしまう。

指名して席の横についてもらうことも

続けて、どこに挟もうか。1枚500円を無駄にしたくないため、思案していると、「口と口で受け渡すっていうのもありますよ」とのご提案。普段なら遠慮するのだが、ここまで来れば、もはや恥じらいなどない。

早速、口にチップをくわえてレイナちゃんの息遣いが感じられる距離まで急接近。500円分、楽しませてもらったのだった。

ほかにも、男性客がズボンのチャックにチップを挟み、女のコが口で受け取るという、より下品な受け渡し方法もあるとか。半勃起中のテキサスは丁重にお断りしたが、基本的には女のコが嫌がらなければ、どこに挟んでもOK。オリジナルの受け渡し方を考案するのも同店の楽しみ方のひとつと言えるだろう。

さらに、同店はガールズバーでは珍しくキャバクラの営業許可を取得。気に入ったコがいれば指名をすることもでき、キャバクラ同様に隣に座って接客してくれるところも特徴と言える。

「盛り上がりすぎると、テーブルに上がっちゃうこともあるんですけどね(笑)」(レイナちゃん)

恥じらいさえ取り払えば、こんな楽しい時間はない。夏を取り戻そうと必死に挽回を試みたら、忘れられない夏の思い出ができてしまった、テキサスでした。

◆テキサス記者の吐息
今度行くときは、チップを5枚購入しいろいろ試したい

夏を取り戻せ!夜の海の家で水着美女とあげぽよ~!!

会社でデスクワークをこなしながら、温度設定の高い空調にグチをたれる日々のスパムです。ふとSNSで旧友たちの動向を探ると、そこには海旅行の楽しげな写真が。かつては西麻布の人気バコ「alife」で、ともに大騒ぎした同志が、なぜこうも違うのか。そんな悶々とした思いを募らせていたときに思い出したのが、先日、取材で町田のギャルから聞いた「湘南は夜でも海の家が盛りあがってる」という情報。イベント会場で音を流し、水着姿のままのコも多いとのこと。それなら間に合う。先輩記者らは水着キャバクラが関の山でしょうが、このスパムは野生の水着ギャルと戯れるのです!

都内からちょっと遠征。「アフターファイブ・ビーチ」を満喫
金子有希ちゃん(20歳)

身近なリゾートでお手がる現実逃避

 時刻は午後6時。都内から電車で1時間強ゆられ、湘南腰越海岸に到着です。夕暮れのビーチには、名残惜しそうにシートに座る水着ギャルもまだちらほら。早速、2人組の女子に話しかけてみました。

「今日は朝から来てるよ。イベントが始まるのを待ってるんだ」

 そう話すのは、夏休み中の女子大生のルイちゃんとチエちゃん。彼女たちも、この海の家「alife BEACH COURT KULA」を目当てに来たという。「大人のビーチリゾート」をコンセプトに、西麻布「alife」がプロデュースするこのお店。長さ20mほどのウッドデッキにはテーブル席が並び、フードコートやイベントスペースが隣接しています。スパムがお世話になるのは、海に来てもやはりalifeなのです。

「湘南に来たら、ココで遊ばないと完全燃焼できない。てか、お兄さん肌白すぎ。もうちょい焼いたほうがいいよ(笑)」(ルイちゃん)

 さっさと暗くなれ、と夕暮れ空を睨みつつ、空腹だったスパムはとりあえずフードコートへ向かうことに。

後編はこちら⇒

ルイちゃん(右・19歳)
チエちゃん(左・19歳)


【alife BEACH COURT KULA】

西麻布「alife」がプロデュースし、ベトナム料理店や東北料理店、さらにタイ式マッサージ施設やシャワールームも完備。期:8/31まで。
詳しくはhttp://kula-resort.com/

後編はこちら⇒

夏を取り戻せ!夜の海の家で水着美女とあげぽよ~!!【後編】

前編はこちら← ビーチとクラブが激アツ・ユニゾン!  頼んだメニューはもちろん、“海の家といえば”のカレーです。ウッドデッキの席に腰掛け、夕暮れのビーチを横目にコロナビールを傾けながらカレーをガツ食い。すると、後方では白 […]

被災地の繁華街ルポ第2弾!着実に復興に向かう福島の熱い夜

◆今週の精鋭記者 苫米地(35歳) 飲んで食べて遊ぶ、福島は元気です 6/26号の本欄では、被災から逞しく復興を遂げている仙台・国分町の様子をご紹介した。その際、Kスタ宮城スタジアムでプロ野球東北楽天×横浜の試合も観戦し […]

被災地の繁華街ルポ第2弾!着実に復興に向かう福島の熱い夜【後編】

←前編はこちら 「10時を過ぎたら迷わず店に入れ!」  夜9時半。とりあえずタクシー運転手に案内してもらったのは「こらんしょ横丁」という屋台村。ゴールデン街のように小さな店が並んでいる。金曜の夜だけあってたいそうな賑わい […]

8本の腕40本の指が奏でる快感エステ

夏の大阪万遊記 やれ節電だ、冷房は使うなと、加齢臭が気になり始めた三十代半ばの男にはツラい季節に拍車がかかる今日この頃。野球取材で訪れた大阪で、そんな東京のツラい毎日を在阪ライター・Kさんに話すと「そんならスッキリして東 […]

大阪 地下から6階まで全てがオッパイパブのAビル

← 前編 8本の腕40本の指が奏でる快感エステはこちら 夏の大阪万遊記【後編】 煌々と光るピンクネオンが男心を妖しく刺激する! 住宅街の不夜城Aビルに潜入!  徹底的に体をほぐされ、うっとり顔で店を後にした俺が最後の〆に […]