TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

マッコリで酔い、パフォーマーに魅了されるK-POPな夜

K-POPな夜 震災以来、久しぶりにクラブに行くと、以前は高級スーツ姿だらけだった人気バコで、ボーイに「どうぞどうぞ」と無料でVIP席に通されたスパムです。客はたったの4人(しかも全員男)。「もう東京のクラブは冷えきったのか……」と愕然としていると、韓流アイドルにドハマり中の先輩ライターから耳寄りな情報が。曰く「今、K-POPのイベントが相当熱い」とのこと。カラオケで女のコに「KARAのお尻ダンスやって」とリクエストするくらいしか馴染みのないスパムですが、その“熱さ”を求め、早速行ってみました!

超ハイレベルな
韓流コピーアクト!


 やって来たのは新宿のクラブ「EXIT」で行われた、「K―POPナイト」です。まずバーカウンターへ行くと、普通クラブにはない「マッコリカクテル」が……さすが韓流イベント。 

 郷に入っては郷に従えとマッコリビールを飲んでいたところ、ステージに女性パフォーマー集団が登場。「少女時代」を完コピでアクトし始めました。彼女たちは「SOK(新大久保)48」といい、新大久保を中心に活動するサークルだという。会場は一気に熱を帯び、気づけば“にわか”のスパムも「はじめましてアニョハセヨ~」とのMCに対し、周りと一緒に「アニョハセヨー!」と叫んでいました。

⇒ 後編 「モテたいなら、来る前にK-POPを聴きまくってくることです!」 へ続く

完コピ・ユニットは全員日本人でも本物顔負けの美脚!


SOK48

出演したSOK48はこのメンバー以外にも、mixiコミュニティを中心に100人以上の会員を持つという大所帯サークルとのこと



マッコリカクテル

マッコリカクテルも種類豊富



⇒ 後編 「モテたいなら、来る前にK-POPを聴きまくってくることです!」 へ続く

撮影/渡辺秀之

マッコリで酔い、パフォーマーに魅了されるK-POPな夜【後編】

← 前編はこちら

SOK48
 DJタイムを挟み、ほかにもさまざまなコピーユニットがハイレベルなステージを繰り広げます。KARA、東方神起、ビッグバン……どこかで聞いた曲の数々に、日ごろいかにK-POPを耳にしているのかを思い知らされます。

 ふとあたりを見回すと、男女比が4対6くらいで女性陣が多い。もちろん、声をかけてみました。

名古屋から来た

わざわざ名古屋から来たという真菜ちゃん(左)と葵ちゃん

「このイベント目当てで名古屋から来ました!」と話すのは、真菜ちゃん(25歳)と葵ちゃん(25歳)。ファン歴6か月の2人ですが、「(イベント出演者は)ダンスと歌のレベルが高い。本物はなかなか見られないから、その分楽しめます」という熱狂ぶり。もっと親睦を深めようとしたところ、段々と会話はコアなK-POPトークに……。ついには話すネタが尽き、そそくさと退散しました。

 そんなスパムに対し、「モテたいなら、来る前にK-POPを聴きまくってくることです!」とアドバイスをくれたのは、このイベント主催者DJ・HYUKさんだ。DJプレイ終了後を直撃しました。

「さらに簡単な振り付けも覚えて、ステージで踊ること。ウチはDJタイム中なら誰でもステージに乗ってOKなので、これだけでかなり“ヒーロー”になれますヨ」

 さらなる奥義は、「“HYUKさん直伝”4か条」をご覧あれ。ちなみに彼曰く、最近はほかでも多くの韓流イベントが行われているが、この「K-POPナイト」とは少し違いがあるという。

「多いのは韓国人DJが『普通のクラブ曲』を流すイベントで、どちらかというと、イケメン韓国人目当ての日本人女性客が多いようです。けど、ウチのお客さんは純粋なK―POP好きばかり。だからすごく盛り上がるんですヨ!」

 帰り道、スマホで早速YouTubeを観賞。次はさらに堪能しようと、予習に励むスパムでした。

DJ HYUKの「K-POPナイト」
K-POPナイト
HYUKさんは以前、韓国のTV番組に出演した際にKARAから直接ダンス指導をしてもらったという経験を持ち、約3年前からK−POPメインのイベントを開催している。「K−POPナイト」は奇数月の第3土曜日に開催。イベントや出演者情報など詳細は公式サイト「DJ HYUKのK−POP NIGHT」(http://www.kpopnight.com/)で要チェック!


K-POPナイト事前予習4か条

・少女時代とKARA以外も覚える
・振り付けも練習してくるべし!
・ウンチクを語れればなお良し!
・韓国語でのコミュニケーションも◎



撮影/渡辺秀之

輝く被災地の繁華街(仙台・国分町)

震災が直撃した仙台・国分町がかつてない活気に沸いている!


オールスター戦 仙台

オールスターも仙台で開催。地元出身のヤクルト由規も応援したい

 東日本大震災から3か月。東京の夜の街の活気は未だに戻っておらず、あちこちから青息吐息が聞こえてくる。そんななか、被災地でもある東北一の歓楽街、仙台・国分町は直接的被害を受けつつも奇跡的に復活しているという噂を聞いた。

 東京の様相を鑑みるに、にわかには信じがたい話だが、夜遊びガイドのO氏曰く「かつてない熱さ」という。そして、宿泊の予約を入れようとすると、平日ど真ん中の水曜日にもかかわらず、ホテル・旅館は超ハイクラスを除いてどこも満室。予約可のサウナに電話しても「残り僅かです」と告げられ、その一端を垣間見ることに。慌てて宿を確保し、仙台に向かった。

 今回のお供はちょうど1年前、本頁で国分町をリポートし、その「活気」に身体のあちこちを「熱く」した盟友・テポドン。1年ぶりの仙台行きに狂喜乱舞している。


「年末を凌ぐ客足」が
輝く被災地の繁華街



 仙台駅に降り立つ。震災直後、ホームや外壁が崩壊した光景が脳裏に焼きついていたのだが、そんな様子は微塵もなく、駅前は若者で溢れていた。

 夜の帳が下りるのを待つ間、震災の被害を受けたクリネックス宮城スタジアムでプロ野球観戦と洒落込む。平日ながらほぼ満員のスタジアムでは観客が楽天の選手の一挙手一投足に大喝采。我々もマー君が雄叫びを上げるのと同時にビールの杯を乾した。

⇒ 後編『NEW CLUB Kingyo』飲んで復興支援 へ続く


深夜まで活気溢れる国分町


水曜日にもかかわらず12時過ぎても人・人・人

仙台・国分町

あまりの活況に、新規出店を目論む店が続出しているが、「とにかく物件がない」(地元風俗記者)とか。この人通りを見れば頷ける


仙台・国分町2

数か所ある案内所の周りにも人だかりが。


仙台・国分町・テポドン

「もう、歌舞伎町なんかに帰れねぇな……」とカメラのファインダーを覗きながら呟いたテポドン



⇒ 後編『NEW CLUB Kingyo』飲んで復興支援 へ続く
NEW CLUB Kingyo

協力/O氏(夜遊びガイド) 撮影/テポドン(本誌)

輝く被災地の繁華街(仙台・国分町)【後編】

← 前編はこちら  夜9時半、楽天の勝利に気を良くしつつ、向かうは国分町。歓楽街にタクシーを乗りつけるとそこには人・人・人……。「なんだコリャ!? なんか事件でもあったのか?」、思わず叫ぶテポドン。居酒屋で腹ごしらえと思 […]

チアリーダーの応援で元気になれるバー

落ち込んだ気持ちも明るく元気に! 美女が応援するチアリーダーバー  日頃の溜まった疲れをぬこうとヌキありの回春マッサージ店へ。写真指名した女のコが「岩手県出身なんです。実家が被災しちゃって……」と呟く。思わず、オプション […]

読モやOL、AV女優と飲める大人の社交場

読モやOL、AV女優と夢の出会い!  連日粥や干物を食べ続けていると「ステーキとチャーハン食いてぇ!」と欲求不満は募る。遊びもそれと同じで、震災後の自粛ムードに流されて近所のスナック通いでお茶を濁していたら、遊び欲が高ま […]

東洋の真珠・マニラでおアツい夜を満喫

 今日は立川、明日は上野。都内スナックを東奔西走、夜討ち朝寝を繰り返すこと1年半。安スナック特有の“トイレの芳香剤臭”にも馴染み、すっかり“通”を気取っていたスギナミ。しかし、井の中の蛙にすぎないことを思い知ったのは、東 […]

海を越えた日本のスナック文化

 マカティ地区のリトル・トーキョー付近が次なる目的地。「昴」「北の国から」「雅」といった、おなじみの“スナック店名”の看板を横目に、直感で足を踏み入れたのは「スナックfor you」なるお店。40代と思しき店のママから料 […]

わけあり小熟女の魅力

若い小娘でも熟女でもない⁉ 経験豊富な女性が集う「小熟女パブ」 プロフィール(左から) ◆チヒロさん(19歳) バツイチ。十代で結婚したものの、1年ともたずに離婚。年齢以上の色気の持ち主 ◆アユミさん(39歳) バツイチ […]

小熟女の持つ深みのワケ

平均年齢31歳の 「小熟女」が在籍  まず席に着いてくれたのは、39歳のアユミさん。スレンダーな容姿で大人のフェロモンを放つ彼女は「愛するばかりで愛されたことがない」というバツイチ子持ち。さらに「最近、派遣切りに遭っちゃ […]