新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

飲んで、歌って、泣いて。劇的復活を遂げたフィリピンパブin石巻

「再オープンからもう1年たつんだネ……信じられないよネ」

スナックBM

 石巻市で最大の規模を誇るフィリピンパブ「スナックBM」など4軒を経営するエリママは感慨深げに振り返った。スナックやパブなど大小約300軒が軒を連ねていた市中心部の繁華街・立町は、旧北上川から逆流した津波に襲われ、2m近く冠水した。1年たった今では立町は櫛の歯が抜けたようになり、繁華街の店の半数以上が廃業・休業に追い込まれている。

 エリママが店を再開させたのは震災から20日後の’11年4月1日。電気は投光器、水は従業員の家族の家などから汲んできた。そこにあるのは「誰かが始めなければ」という強い思いだった。実はエリママ、日本人の夫との間にもうけたひとり娘と孫娘、そして娘婿を津波で失い、店の従業員のフィリピン人女性2人も亡くなっていた。

「家族の安否はわからないし、本当に最悪だった。でも、とにかく店を開ければいろんな人が来て、娘の手がかりも摑めると思ったの」

 ジャージにタオル鉢巻き、そんな姿でソファに積もった泥を掻き出し、避難所暮らしだった女のコ、従業員総出で内装の修繕をした。完全に「見切り発車」。でも――。

「店を開けたらお客さんが入れないほど、どっと来ました。お酒は出せなかったけど、とにかく話がしたかったんでしょう。皆『無事だったー!』と言い抱き合って、泣いて、笑って。その“人のパワー”に何度勇気づけられたか」

 現在ここで働く女のコは30人ほど。震災を機に帰国するコはほとんどおらず、元気に働いている。

後編に続く⇒

飲んで、歌って、泣いて。劇的復活を遂げたフィリピンパブin石巻【後編】

←前半はコチラ

「週末はおかげさまで大盛況ネ」

スナックBM

 この日は土曜日、21時を過ぎると、エリママの言うとおり、次から次へとお客さんが入ってきた。我々のテーブルに着いてくれたのはカティちゃん(26歳)。ママからこっそり習ったタガログ語で「マガンダ!(=美人)」と話しかけると照れる姿が実にカワイイ彼女は来日6年。歌とダンスが大好きで、店ではショータイムのダンスリーダーを務めている。

「早く出勤して女のコに振り付けするのが大変。踊りがズレてると年上のお姉さんにも怒るのヨ」と舌を出す。

「震災があってお客さんが優しくなったネ。地震は本当に怖かったけど、今も石巻が大好きだよ」

スナックBM

20時過ぎで大盛況の店内

 とけなげに語る姿に、水割りが塩味を帯びてしまう。カラオケが終わり、BGMがアップテンポなものに変わった。流暢な英語がショータイムの開始を告げる。カティちゃんを中心に女のコが次々ステージに上がると、流れてきたのは少女時代の「ミスタータクシー」。フィリピンパブで韓流には驚いたが、年上と思しきお姉さん方もキレのあるダンスで盛り上げる。お次は2人組のヒップホップダンス。一旦席に戻ってきたカティちゃんが「あの2人30歳すぎてるのにスゴいよね~」と悪戯っぽく笑う。

 最後はカティちゃんがセクシーな衣装で登場。流暢な日本語で歌うのは「キューティーハニー」。その可愛さにお客さんからはおひねりが飛び交う事態に。

「この店が大好きだった(亡くなった)娘に『ママ、辞めたらダメだよ』って言われてる気がするの。だから頑張るワ」。最後に聞いたママの言葉が胸に沁みた……。

【スナックBM】
スナックBM
宮城県石巻市立町2-4-12 
電:0225-23-6021 
営:20時~翌3時 
料:ワンセット3000円~(90分)
●石巻市で一番大きな箱だ

愛と青春の日々よもう一度!女子大生専門店でこの世の春を謳歌

 春は出会いと始まりの季節――とはいえ30代半ばの身としては少々重たくも感じるこの言葉。それは夜遊びのスタイルにおいても同様で、新人キャストの“心の性感帯”を探る楽しさより、古馴染みのオールドミスと傷を舐め合うような失恋トークを重ねたほうが、心休まる今日この頃だ。

「人生最後のモテ期、俺の黄昏流星群はいつ見つかるのか……」

 阿佐ヶ谷の安スナックでそうボヤくスギナミを見て、夜遊び仲間のI氏は「たまには若いコと交流しないと心も体も老成化する一方」と窘めるのであった。

 スレた夜の女よりもキラキラとした素人女子。それも未来への夢と希望に溢れた女子大生に若いエキスを分けてもらいたい。生娘の生き血を求める吸血鬼のように、夜の新境地を目指すのであった。

女子大生と触れ合い思春期の記憶が蘇る

オトナの遊びをいっぱい教えてください
 青春回顧をテーマに訪れたのは銀座のキャンパスカフェ「BADD GIRLS 銀座店」。働くキャストは現役の女子学生のみ。指名、同伴といったキャバクラ的要素はなく、自然体の接客、トークが楽しめるお店だ。私服姿の女のコで賑やかな店内に入ると、文字通り大学のキャンパスに迷い込んだような錯覚を覚える。

「いらっしゃいませ~」

いまどきの遊び方も教えてもらった

ポッキーゲームをせがむスギナミに笑顔でNGを出すゆきなちゃん。安室奈美恵ゲームだけでなく、いまどきの遊び方も教えてもらった

 明るい笑顔と嬌声を振りまきながら席についたのは、えくぼがチャーミングな斉藤ゆきなちゃん(20歳)とセクシー担当の浜崎優ちゃん(20歳)。ともに今年4月から3年生という花の女子大生だ。

「え~? 34歳なんて枯れる年じゃないですよ。だって、同年代の男のコより頼れるし教えてくれることいっぱいあるし。私よりキラキラしてますよ」(優)

「そうそう。同い年のコができないオトナの遊びやデートをしてみたいんですって」(ゆきな)

 オトナの遊び? ほうほう、それでは……と、やおら空揚げを口にしてポッキーゲームをせがむスギナミに対し、「そういうのはダ~メ」とペチッとグーパンチで応酬のゆきなちゃん。「じゃあ私のほうからお返しに……安室奈美恵ゲーム、イェ~イ」と、「嚙まずに『アムロナミエ』を複数回言えないと罰ゲーム」の展開に。

 コレだよ、コレッ! 脳裏に蘇る思春期の記憶と若草の香り。婚活中のアラサー女子とじゃ味わえない女子大生との楽しいひととき。

 すっかり若さを注入され、笑顔もツヤツヤになったところで、お店をあとにすることにした。

後半はこちら⇒

「BADD GIRLS 銀座店」
「BADD GIRLS 銀座店」
東京都中央区銀座6-3-12 数寄屋ビルB2 
電:03-3574-2030 
休:日祝 
営:16時半~ラスト 
料:4410円(16時半~20時/70分)、1万710円(20時~ラスト/70分)
赤坂、六本木にも系列店アリ。「BADD GIRLS」に在籍する女のコたちをモデルにしたパズルゲーム「いまどき女子大生パネル」はANDROIDアプリで好評配信中。リアルな生写真、プロフィールを楽しめる

後半はこちら⇒

愛と青春の日々よもう一度!女子大生専門店でこの世の春を謳歌【後編】

←前編はコチラ 女子大生専門店はなぜか池袋に急増!  続いて訪れたのは女子大生専門キャバクラ&ガールズバーの激戦地として名高い池袋西口エリア。看板にデカデカと「女子大生」と書いてあるガールズバー「J-トリップ」へと足を踏 […]

著名経済学者が殴り込み!池袋通の座を賭け、スパムと対決だ!!

「池袋の夜には、早急な規制緩和が必要です!」   そんな提言とともに、スパムのもとに刺客が現れた。本誌連載「週刊チキーーダ!」でもおなじみの経済学者・飯田泰之氏だ。それにしても、なぜ飯田氏が俺の夜に出張ってきたのか? 「 […]

著名経済学者が殴り込み!池袋通の座を賭け、スパムと対決だ!!【後編】

←前編はコチラ ◆セクシーなお店のほうが楽しい!  これは思った以上の強敵だ。「後で迎えに来るよ」と早くも約束をとりつけた飯田氏を連れ、スパムお薦め店に、そそくさと移動した。 「池袋の魅力は、ド直球なセクシーさです」と飯 […]

「アラサー」と「熟女」の違いとは?分類化される熟女キャバ大研究

「そうなんだぁ、ウケる~(音符) テヘペロ(ハートマーク)」なんてローラのマネをする若いキャバ嬢に苦笑い。言葉が詰まってしまうテキサスです。  そのうち、説教とかし始めるのかな……と、年々広がるキャバ嬢との年齢差を肌で感 […]

「アラサー」と「熟女」の違いとは?分類化される熟女キャバ大研究【後編】

←前編はコチラ  さて、アラサーキャバクラで肩ならしをした後は熟女キャバクラに行ってみる。大宮熟女ストリートで最初にオープンさせた元祖とも言うべきお店が「淑女・熟女クラブNon娘」だ。 熟練されたプロの技が光る熟女嬢   […]

由緒ある夜の街京都・先斗町で着物美女たちと粋に遊んでみた!

 今なお根強い観光スポットとして、絶大な人気を誇る京都。だが、夜遊び大好きな30代半ばのおっさんが寺巡りや古い街並みを散策するだけでは、物足りないのは明白。ならば舞妓を呼んで祇園で散財……と洒落こみたいのだが、懐事情と相 […]

由緒ある夜の街京都・先斗町で着物美女たちと粋に遊んでみた!【後編】

←前編はコチラ ◆老舗の女将に聞く先斗町の遊び方  続いて、酔い覚ましに……とフラリと入ったお店がこちらの山とみ。京都の食材を使った料理と、名物のおでんが人気のお店なのだ。 「ウチはね、もとは50年続いたお茶屋さん(芸者 […]