新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

ウチナーたちから愛される真栄原の人気スナックで泡盛に酔う!

 仕事で那覇に行くことになったのは、コロナ騒動真っただ中の3月初旬。上司から「沖縄か……いいな。まぁ、このご時世だから濃厚、いや濃密接触だけは禁止で」と、念を押されて機上の人となったのであるが、羽田から乗った飛行機はガラガラ。図らずも快適な空の旅となったのであった。

俺の夜

3月は大学生の卒業旅行で賑わう沖縄便だが、この日はガラガラ。シートを3つ使って寝っ転がりながら、快適な空の旅を楽しんだ

 那覇で出迎えてくれたのは、沖縄在住10年を迎えたエロ本編集者時代の大先輩のM先輩だ。M先輩の超オススメの店があるというので、ウッキウキで那覇に着いたのだったが……

「めんそーれ! いやぁ~コロナ騒動でさ、行こうと思ってたお店がしばらく店を閉めることになっちゃってさ~」

 M先輩、Tシャツ姿でニコニコ笑いながら話していますが、こちらは取材しないとページが白紙で出るわけで、もう気が気じゃない。

「なんくるないさ~。代わりにちょっとディープなとこ用意したから、行きましょうね~」

 そう言って那覇をすっ飛ばして向かったのが、深夜の宜野湾市だったのである。

真栄原の夜は濃い、濃すぎる!

俺の夜

今は壊滅した真栄原のちょんの間。車で通り過ぎたのだが、ガランとした空き家がなんとも言えない不気味な空気を漂わせていた

 やって来たのは、有名な赤線地帯があった真栄原からほど近い、煌々とピンクのネオン管が光るスナックビルにある「ラウンジLADY」だ。

俺の夜 じゃあ、まずはやっぱり沖縄なので……ということで、泡盛をボトルで入れ、明子ママの「アリ、乾杯!」でスタート。

俺の夜

写真左からくみちゃん、明子ママ、サーチちゃん、まいちゃん。まいちゃん以外はみんなウチナンチュだ

旨い酒とウマの合うトーク。まったり過ごす真栄原の夜

「東京、大変でしょうに、わざわざ来てもらって……」

 ママの優しい語り口がなんとも落ち着く。ゆったりとした空気が店を包み込むようである。なんと言うか……まるで“沖縄の母”のような感じなのだ。

俺の夜

アットホームという言葉はこの店のためにある! と言っても過言ではないくらい、居心地がいいお店だったのである

「ウチの店はね、今年で10年目かな。私、こういうお店で働いたことなかったけど、やってみたくて始めちゃったんですよ」

 なんとママ、未経験でスナックを始めたというから驚きである。そんなママを慕う常連客は多く、この日も、24時をすぎたあたりから常連客がひっきりなしに訪れ、気がつけばボックス席もカウンターも満席状態。

俺の夜

まいちゃんは九州出身だが、すっかり沖縄に溶け込んでいるのだとか。できることなら移住したい! とすら思った

 こんな時間から満席に!? と驚いていると、「沖縄の人は呑み始めるのが遅いですからね~」と、沖縄の呑み方を話してくれたのは、スタッフのまいちゃん。車の運転で酒が飲めないM先輩をよそ目に、まいちゃんとママのアットホームなトークで泡盛が進む。気がつけば、ボトルをほぼ呑み干してしまった。

 店を出ると、泡盛で酔った体に3月の沖縄の風が心地よい。こんな店が近所にあったらな……そう、思いながら、店を後にした。

【ラウンジLADY】
住:沖縄県宜野湾市真栄原1-1-15ライトビル2F
電:090-1946-7497
営:21時~ラスト
休:水・日
料:1万円で飲み放題
ボトルは泡盛、ウイスキーなど各種ある。カラオケは1曲200円 カウンターだけでなく、大型のボックス席もあり、団体客でも楽しめる

撮影/赤松洋太 取材協力/M先輩

都内でも唯一?トレーニングウェアに身を包んだ女子を愛でる夜

 最近のフィットネスブームに乗っかり、インスタの「#腹筋女子」の写真を眺めながら晩酌しているスパムです。その魅力は、なんと言っても締まった体にぴったりフィットするトレーニングウェア姿。機能性を追求した素材&デザインにもかかわらず、ぴちぴちのウェアを着て運動する姿になぜこうにも男心が刺激されるのか……。

俺の夜 どうにかフィットネス女子とお近づきになれる方法はないものか。そんな折、トレーニングウェア姿の女子が接客してくれるというお店を発見。早速行ってみた。

トレーニングウェアは「水着よりも恥ずかしい」

 やって来たのは、飲食店が立ち並ぶ新宿三丁目エリア。フィットネスとは関係なさそうな雑居ビルの一角にあるのが、アメリカンスタイル・ガールズバー「ピクルス」だ。渋いウッド調の広い店内に入って、カウンター席に座っていると、「いらっしゃいませ~」とトレーニングウェア姿の女子3人組が登場。

俺の夜

左からさおりちゃん、ゆうちゃん、月子ちゃん。20代を中心に9人在籍。デザインの違うトレーニングウェア姿が楽しめる

 ブラトップ&スパッツに身を包み、締まったボディラインがみごとに強調されている。

 同店は去年までは水着ガールズバーだったのだが、筋トレが趣味のオーナーの一存で、都内でも唯一のトレーニングウェア姿で接客する店にコンセプトチェンジ。ピチピチの衣装で働く感想を聞いてみると「ぶっちゃけ、水着よりも恥ずかしいですね(笑)」(ゆうちゃん)とのことだ。

ゆう「トレーニングウェアは引き締めが凄いから、体のラインがごまかせなくて困りますね。もう、腰のお肉ののっかり方が全然違うんですよ!」

俺の夜月子「お尻とか脚のラインもそのまま出ちゃいますからね。インスタにトレーニング姿を投稿する人とか、ほんと尊敬しますよ」

ストレッチしながら飲むことも可能だ!

 そんなごまかしの利かないスタイルだからこそ、世の男性は興奮するわけだ。とはいえ、彼女たちのトレーニングウェア姿はみごとに引き締まっている。これはさぞかし日々筋トレに励んでいるのだろうな、と思いきや「飲んでばかりで運動は全然してないですね」(ゆうちゃん)とのこと。

俺の夜

最近のトレーニングウェアはデザインや機能性も抜群。さまざまな動きに合わせた女性の体の美しいラインを存分に堪能せよ!

ゆう「ウチって、実際には鍛えてるコはほぼいなくて。お客さんからも『お腹ぷにぷにじゃん!』って、よくツッコまれます(笑)」

 要はガチのフィットネス女子ではなく、フィットネス女子の“コスプレ”をしている女子と会える店だった。

俺の夜

カウンター越しのスポーツウェア姿も新鮮だ。「間近で見る機会が少ないからこそ、魅力にハマり常連になるお客さんも多い」(ゆうちゃん)

さおり「でも、お客さんも運動好きな人じゃなくて、お酒好きな人ばかりなので。変に“意識高い”筋トレの話をするよりも『ランニングしたいですよね~。でも二日酔いで走ったら死んじゃいますよね~。うん、ムリ』とか、“意識低い運動話”をしたほうが、みんな共感してくれるんですよね」

 それは確かに激しく同意。ふとモニターに目をやると、15年前に大流行したビリーズブートキャンプが流れているではないか。

ゆう「たまに昔を思い出して踊る人もいますね(笑)。最初見たときは、コレ誰?って思いましたけど」

 そんなジェネレーションギャップを受けながらも、店内の運動器具をいじりつつ、カラオケ&お酒を痛飲。「まずは飲んでばかりのお前の体をどうにかしろ!」とビリー隊長にお叱りを受けそうなほど、トレーニングウェア姿の女子との夜を堪能するスパムでした。

【Pickles】
住:東京都新宿区新宿3-6-11 第一玉屋ビル3F B号
電:03-3354-1500
営:17時~翌5時
休:ナシ
料:1セット30分/1500円(焼酎・ウイスキーなど飲み放題)。税・サ20%
お店の詳細はツイッター(@GirlsBarpickles)まで

撮影/渡辺秀之

大人の隠れ家。小料理屋で美人ママとしっぽり飲む夜

 春の訪れを感じる今日このごろ。旨い飯でも食べて、そのあと、女のコがいる店を冷やかそうと考えていたところ、夜遊びガイドのO氏から「中野に来ませんか? 腹空かせて来てくださいよ」と電話が。

 中野駅北口を出て、飲食店やキャバクラが無数にある雑多な通り。夜ごと界隈を徘徊していたエロ本時代を思い返しながら、中野ブロードウェイの辺りに行く。目指す店が見当たらず、氏に電話すると、ラーメン店の2階と思しき階段からO氏がひょっこり現れた。

俺の夜 極細の階段、真っ白な暖簾に「ゆきみさけ」の屋号。ここは一体?

料理自慢のママの過剰な「おもてなし」

 トントンと階段を上がるとカウンターのなかには美女が。

俺の夜

ママの渡邉祐紀さん。司法書士を目指して福島から上京後、銀座のホステスを経て独立。’11年、土地勘のある中野にこの店を開いた

「お飲み物なに召し上がります?」

 ガールズバーかと思いきや、まさかの小料理屋。手際よく注いでくれた生ビールを舐めていると、目に飛び込んできたのはカウンターの上にズラリと並べられた大皿。

「10種類から1品選んでください。これがお通しになります」

俺の夜

俺の夜

カウンターに毎日10品並べられるおばんざいがお通し(一皿300円)に。故郷・福島の食材を主に使用した素朴で懐かしい味

 筑前煮、がんもと厚揚げ煮、鶏モツ煮込み、マグロの甘辛煮……。どれも旨そうで迷う。小松菜とがんもの煮浸し、たけのこ煮をそれぞれ選ぶと、ママがこんもりと盛りつけて渡してくれた。

 え!? これ1人前?

「お客様の喜ぶ顔が見たいから、ついついサービスしちゃうの。これだけでお腹いっぱいになると言われることもあるけど……」

 とコロコロと笑うママ。心意気にビールをご馳走すると「はい、サービス」とこれまたてんこ盛りの大根と豚の角煮の“ご返杯”。

俺の夜 昼の13時半から開店ギリギリまで仕込んでいるという手作りお通しの数々。開店後もひとりで切り盛りしている。福島県出身のママはなるべく地元の食材にこだわって料理を作っているのだという。

「少しでも福島の力になりたくて、東日本大震災の後にこの店を始めました。以前は地元産の野菜や米は実家の母が送ってくれていたんです。母が亡くなって全部というわけにはいかなくなったけど、ウチで出している県産のお米は最高級品。絶対食べていってね」

 毎日店で玄米を精米し、お客に食べさせるご飯。「くれぐれもそれまでお腹いっぱいにしないで」と、どの客にも念を押すほど。

気前の良すぎる盛りに酒もグイグイ進む

 あまたあるメニューに目移りしていると、「ウチの名物よ」と出されたのは「天然本マグロのブツ刺し」。脂の乗ったピンク色の中トロが豪快に盛られた逸品は、舌先でさっと溶けてしまうほど。

俺の夜

俺の夜

名物の「天然本マグロのブツ刺し」はてんこ盛りで1500円!

 豊洲で毎朝仕入れる魚介類はママの目利き。それもそのはず、ママは26から31歳まで銀座の一流クラブでホステスをしていたのだ。

俺の夜

特大のきんきの丸一本煮付け(2800円)

 
俺の夜

兵庫の生牡蠣「サムライオイスター」(1000円)

「お客さんにはずいぶんおいしいものを教えていただいたわ~」とさらりと言うが、往時の舌の記憶がメニューに反映されている。

俺の夜

銀座時代の艶姿も

 関東ではここでしか飲めないという地元「若清水酒造」の日本酒を頼むと、「ほぼ2合」というどデカいグラスに並々と注いでくれる。

 俺の夜「シメ」をお願いすれば、てんこ盛りの「ウニ丼」。のけぞる俺。

俺の夜

厚岸産と根室産をミックス、ゲタの3分の2を盛ったシメの「ウニ丼」(3500円)。ご飯は食べきれない場合おにぎりにしてお土産に

「2軒目に行けなくなるから、結局安上がりでしょ(笑)」

俺の夜 キャバには到底行けず、膨らんだ腹を抱えて直帰しましたとさ。

【美酒嘉肴ゆきみさけ】
住:東京都中野区5-52-1 2F
電:03-6454-0258
営:18~24時(状況により早じまいあり)
休:日
料:おまかせコース(4000円~)あり
カウンター9席、テーブル2卓。宴会も可能。予算に応じて料理を出してくれるが、どれも盛りが良いと評判

協力/O氏(夜遊びガイド)撮影/渡辺秀之

麻布十番に出現!飲み放題30分1000円、激安スペインバルで酒と肴と美女に酔う

 小遣いが足りない。一般的なサラリーマンが直面する切実な問題だ。給料が振り込まれた直後にキャバクラやガールズバーで豪遊するのもいいが、不景気の影響もあり、継続して通える人なんて今はほんのひと握りかもしれない。当然、僕も例 […]