TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

忘年会シーズン行く前に必読! 2017年キャバ嬢流行語大賞

 今年も残すところあとわずか。忘年会で足を運びたい夜の店リストが次々増えていくワルヂエです。今年もいろんなお店を紹介してきましたが、今回は一年を象徴するようなお店から2017年のキャバ嬢のトレンドを振り返りつつ、忘年会の攻略法を聞いていきます。

AV女優里美ゆりあも在籍! 今年を象徴する六本木の名店!


【舞人(まいと)】 向かったのは、言わずと知れた六本木の高級店「舞人」。今年のトレンドとして大規模店の人気が高かったほか、AV女優在籍のお店が目立ちましたが、こちらもそれに漏れず、さまざまな年代のコが揃い、あのAV女優里見ゆりあチャンも在籍! ルブタンのトゲトゲヒールがいかにも六本木感が出てていいですな!

【舞人(まいと)】

右から美桜(みお)チャン、美月(みずき)チャン、AV女優の里見ゆりあチャン、ありさチャン。難関選考を突破した精鋭揃いだ

「お酒が大好きなのでキャバ嬢は天職ですね。今年を表す漢字は“慌”。いっぱい飲んで、いっぱい物欲満たしてたら、あっという間にすぎました」

 日経平均株価も回復、仮想通貨バブルもあり、夜の六本木は好況だったよう。

 さて、舞人を含むキャバ嬢100人に実施したアンケート調査の結果、今年の流行語大賞1位に輝いたのは「インスタ映え」。本家と一緒だけど、その理由は?

「今年はインスタを見て来てくれたお客さんが多かったんです」(美桜チャン)

 そんな美桜チャンのインスタのフォロワー数は約1万7000人! 確かに、インスタのアカウントを持つキャバ嬢は今年多かった。他にも「フォロワーが多いお客さんが来ると集客にもつながる」との声が。夜の店でも評価経済社会が浸透しつつあるなんですな。

 2位に入ったのは卍(まんじ)。10代の若者がイラついたときに使う意味で合ってるよね?

「私もよくネタで使ってました! でも、イマイチ意味がよくわかってない人も多い気がする。ホント、マジ卍!」(ありさチャン)

「『マジ卍だよね〜』って言ったことない! 記者さん、これ使ったことありますか?」(美月チャン)

 あるわけないわ!

【舞人(まいと)】 3位は◯◯ちゃんスタンプ。

「『みづき嬉しい!』って名前入りで送れて便利」(美月チャン)

 汎用性が高く、お客さんに名前も覚えてもらえるので一石二鳥なんだそう。

 というわけで、今年のトレンドは押さえましたが、最後に港区おじさんではない我々に忘年会シーズンの心構えを教えていただけないでしょうか!

【舞人(まいと)】

2か月前に中洲から移籍してきた美月チャンは「一晩で100万円使うお客さんがいたり、好景気を感じる」と今年を振り返る

「予算を最初に伝えてもらったほうがいいですね! 今からでも遅くないのでインスタも始めてください!」(美桜チャン)

 というわけで、猫も杓子もインスタ映え狙いな社会にマジ卍! むしろ流行についていけないおっさんの困惑ぶりを若者たちに忖度してほしいと思ったワルヂエでした。

《六本木・歌舞伎町キャバ嬢100人に聞きました! キャバ嬢流行語大賞》

1位 インスタ映え 31票
「お客さんをフォローすれば趣味がわかって便利」(歌舞伎町・22歳)
「フォローしてた有名人が来て嬉しかった」(歌舞伎町・24歳)

1位 インスタ映え2位 卍(マンジ) 11票
「中身は問わずネタでよく使ってた」(ありさ)
「テンションが上がっても下がっても使える便利な言葉」(六本木・24歳)

2位 卍(マンジ)3位 ○○ちゃんスタンプ 9票
「来てくれたお客さんに感謝のLINEを送るときに便利」(歌舞伎町・26歳)
「一緒に名前を覚えてもらえるので」(美月)

3位 ○○ちゃんスタンプ キャバ嬢100人に調査。他には「ホリエモン」、「チーズダッカルビ」、「赤のれん(西麻布のラーメン店)」など極私的な言葉を挙げるコも

【舞人(まいと)】【舞人(まいと)】
住:東京都港区六本木3-10-9 三経ビル4F
電:03-3408-0041
営:20時~LAST
休:日・祝
料:1万円(20:00~20:59)、1万3500円(21:00~22:59)、1万4500円(23:00~LAST)
サ:35%(税別)
指:3000円

撮影/長谷英史

“錦糸町×外国人”のイメージを覆す「イタリアンスナック」とは?

 かつて夜の店が盛んな街として知られていたイースト東京の雄・錦糸町。だが、’10年代に入り風俗店の摘発や都心の大手グループの撤退が相次ぎ、繁華街全体の地盤沈下が進行。結果、アジア系店舗の危険なキャッチが跋扈するようになった。

 だが、そんな状況もここ2年ほどで変化の兆しが表れる。特に駅南口の丸井裏エリアでは居抜き店舗を活用した“ふつうの店”が台頭するようになったのだ。今回紹介するバンビーナも、まさにこのエリアに店を構える外国人が経営する新形態のお店。

Bambina Bambina 「錦糸町×外国人」と聞いて思い浮かべるイメージとは異なる、一風変わったお店を紹介しよう。

酒と料理はイタリアン。でも雰囲気はスナック!

Bambina

イタリア人の留学生が日替わりでカウンターに立つ。木曜日担当のマルティーナさん(23歳・右)と店長のタニアさん(33歳・左)

「なんのお店でしょうね? バーと言うとちょっとカタイですし、イタリアンと言うほど料理がメインでもない。それに、ここはカラオケも歌えますし……」

Bambina

ワイン片手にまったり会話を楽しむほか、カラオケでも盛り上がれる

Bambina

日本の曲はあまり歌えないというマルティーナさんの十八番は、松任谷由実の「真夏の夜の夢」。チョイスが渋い!

 店のジャンルを問われ、迷いながらも流暢な日本語で答えるのは、ルーマニアとイタリアの国籍を持つ店長のタニアさんだ。こちらのお店は、お酒を飲みながら、本格的なパスタも堪能できる。

「カウンターに立つのは、私に加えて、日本に来たイタリア人の留学生たち。みんなある程度日本語を話せるので、お客様と一緒にお酒を飲みながら過ごしています」

「それなら、日本ではぴったりの用語がありますよ! 『スナック』って言うんですけど」

「スナック? それ、ヨーロッパにはないですね」

 ならば、便宜上「イタリアンスナック」と名づけよう。ナポリタンのようなもので、イタリアをルーツとしているが、生まれたのは日本。こちらのバンビーナもそれと同じようなものだろう。

 今日カウンターに立つのは、イタリアはベルガモ出身のマルティーナさんだ。

Bambina

イタリア美女たちは、母国で日本語を習得済みなので日常会話は問題なし。お酒はイタリアで好んで飲まれるアペロールがおすすめ

「今年2月に日本に来ました。六本木とか渋谷より、私は門前仲町、錦糸町のほうが好きですね」

 最近覚えた日本語は?

「『領収書ボタンを押してください』。あとは『赤の補色は緑です』。教科書に書いてあったんですよ」

 それ、日本で生活していても普段絶対使わないよ!

 ここで、カウンターの裏にいた店長のタニアさんが再び登場。

「オリジナルのトマトパスタです。野菜は私が持っている千葉の畑で取れたものです」

Bambina

店長のタニアさんが育てた野菜を使った特製パスタ。夜の繁華街で本格的なイタリアンを堪能できる

 一口で味の違いを認識。さすが本場、レベルが違う。深夜にこれが食べられるのはありがたいな。

 揃える酒の種類はワインよりもウィスキーが多く、もちろんボトルキープもできる。このへんはスナックっぽいな。

「実は、一人で来る女性のお客様も、けっこういるんですよ」

 なるほど、ここで飲んでいたら思わぬ出会いもあるかもしれない。ワインを飲みながら未来のアモーレを探す下町のイタリアンスナック、通いたくなるわけだ。

Bambina【Bambina】
住:東京都墨田区江東橋2-6-14 エスカイヤ錦糸町プラザ5F
電:03-5625-3339
営:19~24時
休:日
料:チャージ1000円(男性)、500円(女性)/1時間 ビール700円、ワイン800円、パスタ1400円、ボトルキープ8000円~

撮影/長谷英史 協力/U氏

恵比寿で消耗した男たちよ、「エビスナ」に向かえ!

 恵比寿といえば、合コンとグルメの街として知られる都内屈指の繁華街。また、ここ5年ほどはナンパスポットとして名高い恵比寿横丁(エビ横)の存在感が大きいだろうか。そんな「出会いの交差点」とも言える恵比寿だが、近年はどうも居心地が悪い。エビ横は強気の料金設定をする店が増え、若者客が目立つ。かつてのように、うまい料理に舌鼓を打ちつつ、美女との出会いに酔いしれる、大人の空間はそこにはない。

エビ横

ナンパスポット恵比寿横丁だが、若者客増加で大人の空間では…

 そんな絶望感に打ちひしがれていた折、チャラリーマンのS氏(36歳・恵比寿在住)に呼び出されて向かったのは、エビ横とは逆の西口にある一軒の雑居ビルだった。

恵比寿駅西口

エビ横とは逆の西口に向かえ!

「最近、恵比寿で合コンしても結果出てないでしょ? その後にヤケクソになってエビ横でナンパしても消耗するだけ。こっちで飲み直しましょうよ」(S氏)

 言われるがままビルの階段を下りていくと、そこは昭和風の看板を掲げる店が林立するスナック街だった。一軒の扉を開けるS氏。

雑居ビル

雑居ビルの階段を下りていくとそこは…

「いらっしゃいませ! あ、ご紹介ですね? どうぞ!」

 黒髪の上品な美女が出迎えてくれる。なんとムーディな空間。恵比寿にこんな店があったのか!

 なんでもこのビル、約40年前から地元民に愛されるスナック街だったが、ここ2年ほどで年配のママたちが引退し、店舗の新陳代謝が進行。客層にも大きな変化が起きているという。今回訪れた「NEON」も、昨年9月にオープンしたばかりだ。

「最近は30代のOLが一人で飲みにくることも。思わぬ出会いがあるかもしれないよ」(S氏)

スナックの進化形「エビスナ」

エナさんとレイさん

カウンターに立つ女性は曜日ごとに代わる。火曜担当のエナさん(26歳・左)と、月曜と土曜担当のレイさん(33歳・右)。

 カウンターに立つ女性は、スナックのイメージをいい意味で覆す美女揃いだ。黒髪美人のレイさんは、銀座のホステスを経てこちらのスナックのママになったという。

美女と語らう夜「最近コリドー街は騒がしいし、エビ横も入りにくくなってますよね。落ち着いて飲みたいなら、こっちに遊びにきてください」

スナックらしく歌い明かすのもアリ

元銀座のホステスというレイさんとカラオケデュエット。スナックらしく歌い明かすのもアリ。

 モデル体形のエナさんは、ロンドン生まれの26歳。とてもスナックのカウンターに立つ女性のスペックとは思えない。

しっぽり語り合う夜

カウンター越しのエナさんや常連客としっぽり語り合う夜もあり。エナさんは、6月までこのスナックに通っていた常連客。場所柄、訪れる客も洗練されており、思わぬ出会いがあるのもエビスナの魅力だ。

「お客としてこの店に来てたんですけど、お酒が好きなのでここに立っちゃいました(笑)」

 ママや店内の雰囲気も含め、「エビスナ」はスナックの進化形とも言える存在だ。かつて、エビ横でフラれたあの夜を忘れるように、ママと「慟哭」を歌う私であった。

NEON【NEON】
住:東京都渋谷区恵比寿南2-3-3 第一恵比寿マンションB1
電:03-6412-8400
営:21時~LAST 
休:日・祝
料:チャージ3000円、ドリンク800円~ 会員制。初来店時は要TEL

NEON風景撮影/長谷英史 協力/S氏

駅徒歩25分。繁華街から離れても大繁盛のキャバクラ

 夜遊びの店と言えば、駅前などの繁華街に立地していることが一般的だ。その意味で、今回紹介するキャバクラはその常識が見事に当てはまらない不思議な店と言える。  千葉県は市原市。JR内房線五井駅から徒歩25分ほどの場所にある […]

え?全員女!? 歌舞伎町発“男装ホスト”を2軒目に選ぶ

「2軒目、どこかおもしろいとこない?」  俺の夜取材班に入ってからというもの、飲み会中にこんなリクエストを受ける機会が増えた。男だけの場合、答えは簡単だ。かわいいお姉ちゃんがいる店に行けばよい。だが、問題はそこに女性がい […]

六本木の超有名ダンスショーバーレスクTOKYOが大阪キタにオープン!

 これまで、数多のダンスショーパブを紹介してきた当連載だが、このジャンルで、現在人気ナンバーワンのお店といえば、六本木にある「バーレスクTOKYO」というのに異論を唱える者はいないはず。  同店は、知名度はもちろん、メデ […]

現役アイドル多数在籍!高レベルな女のコを揃えた会員制バーの真の価値

 予めお伝えしておくが、今回紹介する店は、当ページを読み終えてもすぐには入店できない。だが、ここを紹介するのには理由がある。最後まで読んでいただき、夜遊び読者諸君の支持を得たいと思う。  渋谷と池袋に店を構えるコンセプト […]

緊急企画!歌舞伎町キャバ嬢100人に聞きました!今年の一文字は?

 夜の街からしばらく遠のいている読者の方でも、今月だけは例外だろう。師走は同僚や友人との忘年会のあとにキャバクラ遊びに出掛ける可能性がかなり高いはず。  だが、久々に足を運んだキャバクラってのは、どうも居心地が悪い。こん […]

一人過ごす夜。渋谷の高級住宅街でワイン片手に美女と語らう

 世間ではキャバクラでワイワイ騒ぐのが男の夜遊びの定番と思われがちだが、それは大いなる誤解と言ってよい。昼は会社で過大なストレスを強いられ、夜は若いギャルと毎日バカ騒ぎ。さすれば、体力とカネを消耗するのは目に見えている。 […]

踊る!踊る!踊る!福岡・中洲にショーパブブームがやってきた

 都知事選に沸いていた東京を離れ、福岡にやってきた。前知事が湯河原の別荘で息抜きしていたように、私ワルヂエも東京を離れてゆっくりしたくなったのだ。  福岡といえば、最近では若年女性が男性より多く「女あまり」が発生している […]