新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


愛国のリアリズムで真贋を見分ける①――物事の本質を見誤る「お花畑の左派」の人々

高橋洋一氏の著作。左は今年9月の新刊。右側は昨年9月に発刊。  元財務官僚で我が国有数の政策通である...
育鵬社編集部M

「愛国のリアリズム」という思考法①――客観的な事実も無視する左派系リベラルの人々

  最新刊『愛国のリアリズムが日本を救う』のカバー写真と著者・高橋洋一氏の近影  元財務官僚で政策通...
育鵬社編集部M

高橋洋一氏は現代日本の救世主か①――「スーパー・ボランティア」尾畠春夫氏との関連で考える

「愛国のリアリスト」高橋洋一氏と「スーパー・ボランティア」尾畠春夫氏(写真は産経WESTより)3日ぶ...
育鵬社編集部M

白河館まほろんが面白い①――開館16年で入館者50万人超えの歴史博物館の秘密

福島県文化財センター白河館(愛称:まほろん)の入口 福島県の南部中央に位置し、栃木県と県境を接する白...
育鵬社編集部M

旧石器時代の研究は複雑怪奇(1)――岩宿を発見した相沢忠洋とパイオニアの研究者・芹沢長介

相沢忠洋(左)と芹沢長介(出典:相沢忠洋記念館)学界の通念を覆した民間の考古学者の発見  日本の歴史...
育鵬社編集部M

身体の冷えは万病のもと、こころの冷えは不幸のもと――こころの温度を1℃あげよう(1)

鍋をつまみにして酒を嗜むと    朝晩、肌寒い季節となってきた。  身体が冷えると血流が悪くなり、免...
育鵬社編集部M

愛国のエコノミスト(1)――元財務官僚・高橋洋一氏の凄まじい筆力

執筆のモチベーションは、世の俗論との溝を埋める「使命感」  財務省出身者でエコノミストとして活躍する...
育鵬社編集部M

異能・異端の元財務官僚が日本を救う(1)――国益と政策的合理性の追求

外務省には異端と評された岡崎久彦大使が  官僚は、本来ならば国益と政策的合理性の追求が求められている...
育鵬社編集部M

旧石器時代「岩宿遺跡」発見の人間模様(1)――70年前までは、その時代はないとされていた

縄文時代より前の時代は  今回は旧石器時代がテーマなのだが、まず縄文時代から話をはじめよう。  日本...
育鵬社編集部M

朝鮮半島の有事を救う【岡崎久彦大使の安全保障論】(1)――集団的自衛権の行使容認が日米同盟の絆を深めた

朝鮮半島が有事となったら  日本海の波が高い――。北朝鮮の核ミサイル保有が現実となりつつある中で、そ...
育鵬社編集部M
1
2