新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル
1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com
カーライフ

クルマに大事なのは価格?デザイン?性能? マツダCX-30に乗って考えてみた

 写真は、マツダCX-30取材中、不覚にも警察に捕まってしまった!というわけではありません。スピード...
清水草一
カーライフ

やったな日産!新型フェアレディZの評判は?悪魔のZ、スーパーZを持ち出すカーマニアの勝手な意見

 9月16日、新型フェアレディZのプロトタイプ(以下、新型Z)が突如公開された。  我々モテないカー...
清水草一
カーライフ

エリート感満載のドイツ車。その賞味期限は何年ぐらい?

 担当Kです。アウディ、BMWとドイツ車ばかり乗り継いできましたが、今ではすっかりラテン車好きに。シ...
清水草一
カーライフ

日産復活のカギは電気自動車じゃない!じゃあ何なの?

 今年発表した2020年3月期決算で6712億円の最終赤字を計上するなど、日産が大ピンチ(前の期は3...
清水草一
カーライフ

ドラテクとエロテク炸裂の軽自動車タフトは男の理想形

 当連載では、これまで何度も「安い、ダサい、安全性能が低い」などの軽自動車に対する数々の誤解を解く努...
清水草一
カーライフ

道なき道を走る超本格派の4WDが、今売れている理由

 時速300㎞を出す性能があっても、それを発揮する場所がない。道なき道を走る性能があっても、それを試...
清水草一
カーライフ

高速道路の謎。関越道に最高速度120km予定区間がない!東関道や常磐道もあるのに…

 高速道路の一部区間の最高速度が、いよいよ正式に120kmに引き上げられる。  これまでは新東名の一...
清水草一
カーライフ

ダム界の富士山「黒部ダム」の魅力。波動砲のような大放水にカーマニアも絶句…

 男のドライブ旅は男っぽくなければならない。目的地は、お城とダム! 城跡は長年巡っていたが、ダム巡り...
清水草一
カーライフ

専門家も想定外…RAV4もハリアーもよく売れているのはなぜ?

 コロナ禍で日本中が右往左往している中で完成し、4月1日から運用を開始している八ッ場(やんば)ダムを...
清水草一
カーライフ

石油連盟会長の開き直りにカーマニア激怒! ハイオク銘柄のこだわりは気分の問題!?

 ハイオクガソリンの混合出荷問題で、一部カーマニアが怒っている。「ウチのハイオクは性能が違うという宣...
清水草一
1
2
3
42