新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル
1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com
カーライフ

激安中古初代リーフはコスパ良し!? 中古車店やオーナー取材で見えた買ってもいい基準

EVの真の価値を考えてみた!  テスラ・モデル3が大幅に値下げしたとはいえ、まだまだEV(電気自動車...
清水草一
カーライフ

ガンダムやエヴァみたいなシビックタイプRに感じたホンダの執念

いつまでも絶えないでほしかったけど……  かつてホンダと言えばカーマニアの話題の中心でした。カーマニ...
清水草一
カーライフ

カーマニアを喜ばせるイタフラ車は壊れやすい幻想

イタフラ車に対する偏見があるから、我々は安くてステキな、中古車に巡り合える!  フェラーリ(伊)、ラ...
清水草一
カーライフ

昔は経営者もヤクザもSクラス! ベンツのフラッグシップの今

究極のセダン! 不動の王者! ベンツSクラスが、フルモデルチェンジ  クルマを運転していて、後ろから...
清水草一
カーライフ

王者テスラに対して現状は竹ヤリ…それでもEVを国産メーカーがやる理由

EV界のB29こと、テスラ・モデル3に挑む、マツダのEVは、こだわりの竹ヤリだ!  最近は、AVより...
清水草一
カーライフ

新型ハイブリッドカーを買うならどれ? ノート、ヤリス、フィットのライバルから1台を選ぶ

ハイブリッドカーを買うならどれがいい? ヤリス、ノート、フィット、それとも……  世界の自動車業界は...
清水草一
カーライフ

最大1950円! 今さら「首都高料金値上げの謎」を首都高研究家が解説

「首都高の料金が、2022年4月から、最大1950円に大幅値上げ!?」というニュースが駆け巡っている...
清水草一
カーライフ

156万円値下げのスマホ的EV「中国製テスラ・モデル3」で600km充電旅

モデル3で充電巡り。本気でEV普及を考えているのは、テスラだけかも!?  テスラといえば、クルマより...
清水草一
カーライフ

160万円かけて27年落ち20万km超えのインプレッサを復活させた理由

1台のクルマがくれた奇跡に感謝。初代インプレッサWRXへの愛を叫ぶ!  およそ普通の人には理解しがた...
清水草一
カーライフ

日産リーフでもホンダeでもない。「今、日本でEVを買うとしたら」で出した結論

とりあえず今、日本で買えるベストなEVを考えてみました!  EV(電気自動車)化の波は、我々が思って...
清水草一
1
2
3
45