新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


発達障害グレーゾーン
雑学

発達障害者たちを狙った「マルチ・新興宗教」が急増中

「発達障害に関する悩みを打ち明ける交流会で近くに座った人と軽く話をしたあとに連絡先を聞かれたので、深...
週刊SPA!編集部
R-30

発達障害と診断を受けた人々…その後の生き方は?

発達障害と診断をされて「クロ」となった当事者たちは「グレーとクロの違い」をどう考えるのか? それぞれ...
週刊SPA!編集部
R-30

結婚した相手が発達障害だとわかったら…夫婦で共倒れになる可能性も

「結婚する前は『ちょっとマイペースなところもある』くらいの認識でした。私も常に誰かと一緒にいたいタイ...
週刊SPA!編集部
R-30

発達障害当事者が実践する「楽に生きるためのライフハック術」

 発達障害当事者がその傾向と徹底的に向き合い、折り合うための実践的ライフハックをまとめた著書『発達障...
週刊SPA!編集部
R-30

部下が発達障害グレーゾーン。上司はどう付き合うべき?

「彼らとどう接していけばいいんだろう」「自分のせいで体調を崩してしまったらどうしよう」――発達障害の...
週刊SPA!編集部
R-30

人並みに仕事ができない人たちの苦悩「周囲に“またか”という顔をされるのがツラい」

 SPA!でも’18年に2度にわたり、大特集を展開した発達障害。その取材をきっかけに生まれた『発達障...
週刊SPA!編集部
雑学

発達障害で3つの病院を受診も「診断結果が全部違った…」

「病院で発達障害の疑いがあると指摘され、WAIS−Ⅲ(知能指数を測るテストで発達障害の診断に用いられ...
週刊SPA!編集部
R-30

自分は発達障害かもしれない…可能性を認めたくない人の苦悩

「結局は自分が『障害者』になることがまったく受け入れられないし、それはきっとこれからもずっと変わらな...
週刊SPA!編集部
R-30

理解されない「発達障害グレーゾーン」という存在

 発達障害の認知度こそ上がったものの、グレーゾーンはなぜ見落とされてしまうのか? その一因をこれまで...
週刊SPA!編集部
R-30

自分が「発達障害かも?」と気づいた日。仕事で取引先にキレられて…

 清潔感のある風貌に優しそうな笑みを浮かべる加藤慎太さん(仮名・38歳)。自他ともに発達障害とは無縁...
週刊SPA!編集部
1
2