【インタビュー】田中恒成/プロボクサー

13戦無敗、世界最速3階級制覇。だが、いまだ無名――  井上尚弥の世界的な活躍、井岡一翔の日本人初の4階級制覇など、ボクシングのニュースが世間を騒がせるなか、もっと世間に知られるべき男がいる。その男こそ、WBO世界フライ級王者・田中恒成だ。難病を克服し、父の献身的なサポートの下に空手に打ち込んだ幼少期を経て高3でデビューすると、5戦目で世界チャンピオンになり、世界最速で3階級制覇。なぜ彼はここまでの輝かしい実績を持ちつつも、無名なままなのか?世界チャンピオンを取り巻く現状、そして強すぎる男ゆえの焦燥感に迫った――。 ⇒amazon.co.jp