民間よりヒドい[ワーキングプア公務員]の地獄

年収80万円で生活保護を受ける職員、日雇い国家公務員etc.
非正規職員の7割が年収200万円以下だった!?

【担当者からのコメント】
「安定&高給&仕事がラク」という公務員のイメージは、実は正規職員だけの話。公務員全体の3割以上を占めるといわれる「非正規職員」と公務を委託された民間企業の職員は、劣悪なワーキングプア状態に置かれている!

 月収20万円以上の非正規職員は全体のわずか14.2%、約7割が年収200万円以下だという。彼らのほとんどは昇給も一時金も退職金もなく、半数以上が通勤費さえも支給されていない。生活が成り立たず、生活保護を受けながら働いている人もいる。

「経費削減」の名のもと非正規職員の人件費カットが繰り返され、職場も仕事内容も変わらないというのに、正規職員との格差は広がるばかり。そんな「ワーキングプア公務員」たちを直撃、その実態をリポートしました。

2009.06.05