「ポジティブ」という病

SNSで「自分の未来にワクワク!」、ミス連発なのに「失敗も経験です」…… ムリして“ポジティブ”であるべきなのか? ひと頃ほどではないにしても、いまだに巷に溢れる「願いは叶う」「自分に目覚める」「諦めたらそこで終わる」といったポジティブシンキングのススメ。確かに、前向きであることは悪いことではない。が、過ぎたるは及ばざるが如しという言葉もあるわけで……。こうした風潮に対する、人々の違和感の申し立てを紹介。“ポジティブ”には副作用や危険性など弊害の事実も。2013年は日々淡々と、ココロもエコモードというのも悪くないのでは。