今どきの学生がなぜ過激派に走るのか?

’70年代を彷彿とさせる学生運動が再燃。中核派本部で緊急インタビューした。 ゲバ棒を振りかざす闘士たちの誰もが新しい社会の到来を信じていた、’60年代から’70年代にかけての革命の季節。あれから数十年たつが、革命の夢を今も追い続ける人々がいる。そして、新たに活動に参入する若者がいる。豊かな日本に生まれ育ちながら「暴力革命を否定しない」と真剣な眼差しで語る志士たちは、なぜそこに集まり続けるのか。
2014.12.01