新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


小説『孤独のグルメ』
エンタメ

小説『孤独のグルメ』――第12回「ハロウィンのアリスと、底知れない沖縄のヤファジューシー」

地下鉄の階段をあがると、凄いことになっている。 山羊か鹿とおんなじくらいの背丈のド派手な子どもたちが...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』――第11回「武蔵野の果ての坂の底。白いイタリアンに我にかえる」

二子玉川で乗り換えて、等々力の先で大井町線をおりた。 改札をぬけて、踏切を背に商店街をくだる。 この...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』望郷篇――第10回「大食漢の混乱と“食べない男”の清潔」

世話になっている偉丈夫の達人の用件で、十年ほど前にニューヨークに出かけたときだった。 ご褒美、お疲れ...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』望郷編――第9回「八十八円の湿ったハンバーガーで思い出す誇りと勘違い」

朝からラジオで歌謡演歌はしんどいな。 民放ラジオはどうでもいい音楽を流し過ぎる。もっと地に足ついたニ...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』望郷編――第8回「酷暑の渋谷、日傘の影だまりと冷や汁に救われた」

渋谷の町を逃げるように道玄坂を渡り神泉の駅へ。 酷暑極まれり。 オレはどこをあるいているのだろう。何...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』望郷編――第7回「災害テロップの濁流とともにのみ込んだ無力なチャーハン」

夜中までかかってようやく見積もりを仕上げた。 ロングピースを一服。これが堪らない。 でも、喫煙組はど...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』望郷編――第6回「カルピスウォーターの夏から」

夏至の日。一年でいちばん昼がながい日。 新橋の町をあるいていて咽喉が渇いた。 大門裏通りの手近なコン...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』――第5回「キャンバスのなかの坂道とハッブル望遠鏡が映したびびんば丼」

どうしても今度だけ手助けしてほしい、という年下のカレの喘ぐような頼みに 「もちろんだよ。何をすればい...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』――第4回「寿司屋の茶碗蒸しに火傷しながら浅い夢」

こんなニュースをみた。 画家のジョージア・オキーフは、訪れたハワイで植生するパイナップルの形態に取り...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』――第3回「木漏れ日の下でそっと春菊の胡麻和えに舌鼓」

また、東東京の河畔にきている。 午後三時にN形町の病院ロビーで葦原八朔(あしはらはっさく)君と待ち合...
壹岐真也
1
2