新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル
酔いどれスナック珍怪記
ライフ

時短営業中の飲み屋が馬キチたちの吹き溜まりに…札束が乱れ飛ぶ

第四十夜 なにしろ、少額の勝負だからね  午後二時。  薄暗い地下階段を降りていくと、ひんやりとした...
大谷雪菜
ライフ

中年男のハゲ自虐、どこまでツッこんでも許されるのか?

第三十九夜 中年寄れば文殊も病  飲み屋で中年男が数人集まれば、始まるのはだいたい下ネタか自分の身体...
大谷雪菜
ライフ

夜の店で働くわたしが「コロナ禍に飲み屋は必要?」について思うこと

第三十八夜 「餅は餡でかたくなる」が  酔っ払いの皆さま方、新年あけましておめでとうございます。飲ん...
大谷雪菜
恋愛・結婚

「今回は本気なやつかも…」スナックに出没する40代独女のしたたかな恋活戦略

 夜目、遠目、笠の内。暗がりで目にする女性の顔はやたら魅力的に映るもの。酒の力もそこに加わり、スナッ...
大谷雪菜
恋愛・結婚

見知らぬ住宅街に放置された酔っ払い。そして訪れた突然の便意…

第三十六夜 酒と産には懲りるわけない  人は状況に慣れてしまう生き物だ。  マスクを着けて歩くことも...
大谷雪菜
恋愛・結婚

スナックの美魔女に恋をした。愛のヒットパレードは彼女に刺さるのか?

第三十五夜 足駄をはいて首ったけ  スナックで働いていると夜ごといろんなものが見られる。  長く夜の...
大谷雪菜
ライフ

女と畳は新しいほうがいい…のか?スナックを徘徊する中年独身男の論理

第三十四夜 絵に描いた餅食らう餅  終電の時間が近づいてくると、ちらほらと時計を気にしだす顔がある。...
大谷雪菜
ライフ

スナックで“自分探し”を始めた中年男。アイデンティティは崩壊寸前?

第三十三夜 野暮は揉まれて粋となる  午前三時半。 「いやいや!俺ら、伊達に飲み歩いてるわけじゃない...
大谷雪菜
ライフ

スナックにはびこる老害客。ゴーマン、ケチ、KYの大三元…

第三十二夜 仏の顔も三時間  スナックの扉が開いた瞬間、そこから覗いた顔に対していつものように「いら...
大谷雪菜
恋愛・結婚

おっさん酒場に集う“おひとりさま”女子の打算と千年帝国の野望

 独居老人の終の棲家、おっさんたちの吹き溜まりとも形容されるスナックに単身訪れ、長い期間常駐する女性...
大谷雪菜
1
2
3
4