新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


アウトロー
ニュース

ヤクザになった若者たちの理由。暴対法でがんじがらめの今、なぜ?

暴対法でがんじがらめの今……それでもヤクザになる若者たち  暴対法の施行以来、法律と摘発でがんじがら...
週刊SPA!編集部
ニュース

なぜヤクザになったのか? 不良にすらなれない若者が組の門を叩くワケ

 暴対法の施行以来、法律と摘発でがんじがらめになったヤクザ。任俠の道を究めるなどという若者は激減。そ...
永谷正樹
雑学

LINEで「ヤクザやめます」と逃げる若衆も…ヤクザは絶滅するのか

「弱きを助け強きを挫く――」。仁義を重んじ、義理人情に篤い生き方を説いた任侠道。その精神的継承者とし...
雑学

マル暴デカが激白「ヤクザは“ほどほど”に力を持っていた方がいい」

 暴排条例適用の厳格化により、全国的に暴力団は“活躍の場”を奪われ、もはやマンガや映画の世界のように...
雑学

出会い系サクラの月収は大麻密売人の2倍…「売人なんか食えない」現実

つい先日も元KAT-TUNの田中聖が逮捕されたことでも話題の大麻“業界”。ひっきりなしに摘発・逮捕の...
雑学

中古の軽自動車に乗る慎ましい現代ヤクザの姿――「見栄を張ればタカられる」崩壊したヤクザ社会

 関東某所の寂れた私鉄駅前。事前に“指定暴力団二次団体幹部候補”と聞いていた記者は、それなりに緊張し...
伊原忠夫
雑学

組織を辞めた“ダメ”ヤクザのその後…カタギになるも「チンピラはチンピラにしかなれない」

「チンピラの面倒はヤクザしか見れん。これは“臭いものにフタ”に過ぎんでしょう」  こうため息を漏らす...
伊原忠夫
雑学

組織を追われた元ヤクザは海外で再起を目指す「裏風俗とケタミンのポン引きで月収数百万」

 1992年、暴対法が施行され、総会屋、地上げ、キリトリなど、いわゆる“民暴”を主な資金源にしていた...
チャッキー
雑学

暴力団、詐欺師、殺し屋にも“職業病”があるのか聞いてみた

 職業の数の分、「職業病」も幾多に上るが、中にはプロ意識の高さのあまりに発症してしまった、おかしな職...
ニュース

元関東連合・柴田大輔が明かす“いびつな絆”の核心「見立君と僕は光と影だった」

 暴走族としてわずか数名からスタートしたその集団は、少年時代から凶悪な事件を連発。90年代後半の東京...
日刊SPA!取材班
1
2