新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル
作家に関する記事
エンタメ

東大からAV女優まで、肩書の多すぎる女“鈴木涼美”を担当編集が語る

 肩書を多数持つ生き方「スラッシャー」。一つの職業、価値観にとらわれない生き方が注目される昨今だが、...
ライフ

若い女子にすり寄るオジさんたちのイタい言動――名言引用、別れる詐欺、中身を愛しているアピール…

夜の仕事の経験を生かして、「いろんな人のオモテの顔とウラの顔を描いていきたい」と語る鈴木氏が最新刊で...
エンタメ

肩書の多すぎる女「鈴木涼美」とは一体何者なのか? 慶應、東大、AV女優、日経記者、作家…

休日は観光客で賑わう鎌倉駅からタクシーで10分。黒川紀章が設計した瀟洒な洋館が彼女の実家だ。幼少期か...
エンタメ

ボクたちはみんな「人生に意味はある」と肯定されたかった――新人作家・燃え殻の“エモい文体”が必要とされる理由

 テレビの美術制作の会社に勤める43歳の「ボク」は、20代の頃に付き合っていた「最愛のブス」こと、か...
福田フクスケ
ライフ

「芥川賞が文学嫌いを増やしている」鴻上尚史が抱く複雑な気持ち

― 週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―  第157回の芥川賞が決定されま...
鴻上尚史
エンタメ

吉田戦車×江口寿史 対談――“YouTubeの猫動画にはかなわない時代”にギャグ漫画家が挑戦した絵本とは?

 『伝染るんです。』『殴るぞ』『ぷりぷり県』『おかゆネコ』など、ギャグ漫画家として数々の作品を送り出...
牧野早菜生
エンタメ

峰なゆか「男性作家が描く濡れ場はだいたい腹が立つ」――羽田圭介対談

 芥川賞を受賞した男が急にテレビに出まくり、ファンとヤリまくる!――「又吉じゃないほう」の芥川賞作家...
倉本さおり
スポーツ

すべてが連なるプロレス・サーガ『1984年のUWF』――柳澤健×樋口毅宏

柳澤健(以下 柳澤):樋口さんもそうだけど、男の人のプロレスラーに対する愛情ってなんなんですかね? ...
碇本 学
スポーツ

当時の前田日明は唯一と言っていいぐらいの希望でした――柳澤健×樋口毅宏『1984年のUWF』

樋口毅宏(以下 樋口):今回の『1984年のUWF』は初代タイガーマスクであり、シューティング(総合...
碇本 学
スポーツ

プロレス入門書としての『1984年のUWF』――柳澤健×樋口毅宏

 今、プロレスはオカダ・カズチカや棚橋弘至らスター選手の活躍により再び脚光を集め、女性ファンを筆頭に...
碇本 学
1
2
3
4