新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル
作家に関する記事
ライフ

作家こだま、鬱をきっかけに性格変わる「むしろポジティブになった」

 日本の最果て、北のどこかに存在する「おしまいの地」、その不毛の荒野で慎ましやかに暮らす一人の主婦。...
爪切男
エンタメ

「毎日会社に出勤のほうがヤバいウイルス」作家・燃え殻が新作で目指したもの

撮影/福本邦洋 作家・燃え殻がSPA!本誌で連載中の「すべて忘れてしまうから」が一冊の単行本になった...
兵庫慎司
エンタメ

縁もゆかりもない愛媛県に住む小説家・早見和真が「東京を捨てた理由」

 名門高校野球部の補欠部員を主人公とした処女作『ひゃくはち』でデビュー後、数々のヒット作を放ち続けて...
長谷川大祐
ライフ

猫ひろし×松久淳が、マラソン好きになる方法を本気で考えてみた

 いまマラソンがブームだ。皇居の周りは大量の汗をかきながら走るランナーの姿であふれ、ある時期になると...
日刊SPA!取材班
エンタメ

直木賞作家・辻村深月が『映画ドラえもん』最新作の脚本に挑んだワケ

 デビュー15周年を迎えた直木賞・本屋大賞作家の辻村深月が、映画の脚本に初挑戦した。春休みの風物詩で...
吉田大助
エンタメ

芥川賞作家・町屋良平が明かす「受賞後の生活」と「古市憲寿の候補作」について

 片やIT企業の役員、片や不向きを自認する営業職に従事する会社員――。今年1月、芥川賞の受賞会見の場...
倉本さおり
エンタメ

芥川賞作家・上田岳弘が会社役員との兼業を続けるワケ

仮想通貨を題材に合理化が極まった人類の未来を描いた作品「ニムロッド」で第160回芥川賞を受賞した作家...
週刊SPA!編集部
恋愛・結婚

漫画家ゴトウユキコ「性描写は恥ずかしいけど描かないとだめになる」

 先日、講談社が自社ビルに掲出したある作品の懸垂幕が近隣からの苦情により撤去される騒動があった。タイ...
高石智一
ライフ

“才能”はアルゴリズムで判定できるか? 作家志望者に給料を払う出版社が誕生

 どれだけ有名な作家でも、なかなか執筆だけでは食べていけない。『荒地』などで知られるTSエリオットは...
石黒隆之
エンタメ

『夫のちんぽが入らない』著者こだま、匿名の罪悪感から近所の猫を肥えさせる

「いきなりだが、夫のちんぽが入らない」――衝撃の告白で始まる私小説『夫のちんぽが入らない』の大ヒット...
高石智一
1
2
3
4
6