新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


小説
エンタメ

小説『孤独のグルメ』――最終回「二人分の駅弁をたいらげながら、これからも続く孤独を考える」

西新宿の名刺屋で註文した300枚の名刺をとりにいった。 それから思い出横丁で天ぷら蕎麦をたべて、一杯...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』望郷篇――第17話「巨人の栄光と寂寥を思いながら啜る赤坂の排骨拉麺と黒豆のタルト」

♬都会の空き地は空にある。上、上、上へ! 知り合いの不動産屋さんのCMがラジオやテレビでながれるたび...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』――第16回「おせちと七面鳥のあとにかぶりつく新大久保のハットグ」

なにも生まないテイタラク。 正月元旦の、天気のいい朝。窓から明るい陽射しがはいってきて。オレは母の家...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』――第15回「胸元の肌みたいな林檎と見えないふたご座流星群」

大学で挌闘技仲間だった後輩Q子が膵臓の病気で入院したという。 生まれたときから片腕がないQ子は、明る...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』――第14回「浅草の片隅でロシア料理の強靭な連続技に熱く火照る」

ちょっと予定がくるった。 馴染みの取引先でヴェネツィア・ガラスの花瓶、フォトフレーム、テーブルライト...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』――第13回「月曜夜にスマホは水没。水曜日おでんに救われる」

1980年、銀座三丁目で一億円拾った当時42歳のトラック運転手は、6か月後、遺失物法に基づいて、その...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』――第12回「ハロウィンのアリスと、底知れない沖縄のヤファジューシー」

地下鉄の階段をあがると、凄いことになっている。 山羊か鹿とおんなじくらいの背丈のド派手な子どもたちが...
壹岐真也
エンタメ

小説『孤独のグルメ』――第11回「武蔵野の果ての坂の底。白いイタリアンに我にかえる」

二子玉川で乗り換えて、等々力の先で大井町線をおりた。 改札をぬけて、踏切を背に商店街をくだる。 この...
壹岐真也
雑学

聖水、人妻、上戸彩。おっさんの風俗失敗談は、なぜ心打たれるのか――patoの「おっさんは二度死ぬ」<第6話>

人の風俗話、それも失敗談はあんなにも心を打つのだろうか。  ここ日刊SPA!においても「坂口杏里が出...
pato
雑学

朝のパチンコ店で行われた、生死をかけたくじ引きと“絆の6”――patoの「おっさんは二度死ぬ」<第4話>

「俺はもうすぐ死ぬからさ」 それがメロさんの口癖だった。なかなか衝撃的なセリフで、初めて聞いたときは...
pato
1
2
3
7