新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル
小説家に関する記事
仕事

早大卒、バイトしながら小説家デビュー夢見て42歳。今さら諦められない理由

 仕事や家庭のあれこれに忙殺される毎日を送っていると、「夢」なんて言葉は目にするのも口にするのも恥ず...
週刊SPA!編集部
エンタメ

川村元気が“不信の時代”に送り出す小説『神曲』。神に縋るしかなくなった家族の行方は

 映画製作の最前線と小説執筆という孤独な世界を往還しながら、さまざまな物語を世に送り出してきた川村元...
吉田大助
エンタメ

直木賞作家・朝井リョウが作家10周年記念で「性欲」をテーマにした理由

※紙面では著者確認前の原稿を掲載してしまいました。著者確認後の記事をwebで全文公開いたします。  ...
吉田大助
ニュース

「結局のところ僕は書くことで人生切り拓いてきた」山本周五郎賞作家・早見和真の素顔

仕事部屋で紫煙をくゆらる早見氏『ザ・ロイヤルファミリー』(2019年、新潮社)で第33回山本周五郎賞...
松嶋千春(清談社)
エンタメ

「どうしたら死ねるだろうかと思いながら書いていた」喪失を描く作家・柳美里の言葉

 芥川賞作家として知られる柳美里さんの小説『JR上野駅公園口』が、アメリカで最も権威のある文学賞の一...
古澤誠一郎
エンタメ

「僕はいつまでも地べたの側の人間です」山本周五郎賞作家・早見和真の素顔

東京から愛媛県松山市に移住し、作家活動を続ける早見氏山本周五郎は候補作も含めて全部読むくらい憧れた賞...
エンタメ

縁もゆかりもない愛媛県に住む小説家・早見和真が「東京を捨てた理由」

 名門高校野球部の補欠部員を主人公とした処女作『ひゃくはち』でデビュー後、数々のヒット作を放ち続けて...
長谷川大祐
エンタメ

「タイムラインの王子様」カツセマサヒコが小説家になった理由

「一緒にいて優しくなれる人と付き合ったらいいし、一緒にいて楽しくなれる人と歩んだらいいし、一緒にいて...
吉川ばんび
エンタメ

デビュー2作目で直木賞を受賞した現役会社員作家・川越宗一が明かす「受賞後の生活」

 会社勤めのかたわら、40歳を手前にして小説を書き始めたというその男はデビューからわずかにして小説を...
倉本さおり
お金

専門家が注目する2020年買いたい馬は? 作家・早見和真×競馬予想家・TAROスペシャル対談

 競馬を舞台にした小説『ザ・ロイヤルファミリー』(新潮社)の著者であり30年来の競馬ファンでもある小...
勝SPA!取材班
1
2
3