TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


残業
雑学

官僚2210人が過労死ラインの残業…改善策は国会運営の見直し

過酷な毎日を送る官僚たちを激務から救う方法はあるのか。ブラック企業アナリストで過剰労働に詳しい新田龍...
R-30

「ゆるブラック企業」で給料もスキルも上がらず15年、でも辞めない男の絶望

 サラリーマンの仲間入りをしてから気がつけば30代。社内でもそれなりのポジションを任され、スキルもそ...
森原ドンタコス
雑学

「俺の部下で自殺したやつがいる」と自慢げに話す上司…地方公務員のブラックな実態

「ウチには『これまで俺の部下で◯人自殺したヤツがいるんだぜ!』と武勇伝のように自慢してくる、人格が崩...
R-30

“残業代ボッタクリ”おじさんたちが「働き方改革」に苦言…俺らに死ねと言っているようなもん

 労働環境の改善をはじめ、“働き方改革”を推進する企業も増えてきた。社員に「残業させない」方針をとる...
森原ドンタコス
雑学

キャリア官僚のノンキャリへの見下し感がひどい…「消耗品」とパシリ扱い

連日の残業で疲弊しきっているのは、ノンキャリアの職員も同じ。激務の大使館で働く専門職員の40代の男性...
R-30

超絶ブラックな下請けIT企業「残業代なんか払ったら潰れる」

 労働環境の改善、残業代や給与のアップ。“働き方改革”が叫ばれて久しいが、その効果を実感している人が...
森原ドンタコス
ニュース

月の平均残業160時間、時給は最低賃金以下…官僚たちの酷すぎる労働環境

官僚の多くは優秀な大学を出て、人のために働くという高い志を持って入省する。それなのに、最近のニュース...
ニュース

官僚たちが「やってらんねぇ!」と悲鳴。「残業を月260時間したことも…」

財務省事務次官のセクハラ問題、文科省の天下り斡旋の違法行為、務省の森友文書改ざん、厚労省の裁量労働制...
ニュース

実働15時間や睡眠3時間の日も…路線バス運転士の過酷な労働環境

写真はイメージです 赤字や運転士不足で苦境に立たされている路線バス。だが、現場の運転士はさらに悲惨な...
R-30

残業禁止で収入が減りました…若手の悩みに人材開発のプロが回答

 2017年は「働き方改革元年」と呼ばれ、「プレミアムフライデー」施策のスタート、さらにソフトバンク...
鴨居理子
1
2
3
6