TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


江上剛

【連載小説 江上剛『一緒に、墓に入ろう。』Vol.17】 墓の管理を押し付ける実家の妹、「墓を頼む」と遺言し...

メガバンクの常務取締役執行役員にまでのぼりつめた大谷俊哉(62)。これまで、東京で勝ち馬に乗った人生...

【連載小説 江上剛】母の遺骨を押し付け合い……「なぜ人が死ぬとこんなにも煩わしいのだ」。【一緒に、墓に入ろう...

メガバンクの常務取締役執行役員にまでのぼりつめた大谷俊哉(62)。これまで、勝ち馬に乗った人生を歩ん...

【連載小説 江上剛】母の葬儀を終え、実家の相続放棄を要求する田舎の妹夫婦に兄は……【一緒に、墓に入ろう。Vo...

メガバンクの常務取締役執行役員にまでのぼりつめた大谷俊哉(62)。これまで、勝ち馬に乗った人生を歩ん...

【連載小説 江上剛】母の葬儀をきっかけに都会で暮らす兄、田舎の妹、嫁……噴出するそれぞれの思い【一緒に、墓に...

メガバンクの常務取締役執行役員にまでのぼりつめた大谷俊哉(62)。これまで、勝ち馬に乗った人生を歩ん...

【連載小説 江上剛】墓を守るひとがいなくなるのを心配していた母【一緒に、墓に入ろう。Vol.12】

メガバンクの常務取締役執行役員にまでのぼりつめた大谷俊哉(62)。これまで、勝ち馬に乗った人生を歩ん...

【連載小説 江上剛】病室で母が、息を引き取る間際に言ったこと……【一緒に、墓に入ろう。Vol.11】

メガバンクの常務取締役執行役員にまでのぼりつめた大谷俊哉(62)。これまで、勝ち馬に乗った人生を歩ん...

【連載小説 江上剛】妻・小百合がきつく言い放つ。「実家のお母さんと同じ墓に入るかと思うと寒気がするわ」【一緒...

大谷俊哉の最初の配属は横浜支店だったのだが、この店は税関に出張窓口を持っていた。税関職員や港に出入り...

【連載小説 江上剛】玄関を開けると妻・小百合が立っていた……「あなた、どこにいたの?」 【一緒に、墓に入ろう...

メガバンクの常務取締役執行役員にまでのぼりつめた大谷俊哉(62)。これまで、勝ち馬に乗った人生を歩ん...

【連載小説 江上剛】愛人は若いほうがいい。そろそろ潮時なのか……。墓の話題のせいか、麗子はいつになくベッドで...

メガバンクの常務取締役執行役員にまでのぼりつめた大谷俊哉(62)。これまで、勝ち馬に乗った人生を歩ん...

【連載小説 江上剛】 「ずっとエッチもしていない奥さんとお墓に一緒に入りたいの?」少し酔ったのか、怒りだす麗...

メガバンクの常務取締役執行役員にまでのぼりつめた大谷俊哉(62)。これまで、勝ち馬に乗った人生を歩ん...
1
2