新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


洋画
エンタメ

人形研究者が映画『プーと大人になった僕』を分析――ぬいぐるみとの別れと再会はなぜ感動的なのか

 世界中から愛されているキャラクター「くまのプーさん」を実写化した映画『プーと大人になった僕』が、大...
福田フクスケ
エンタメ

『インクレディブル・ファミリー』監督が語る。米国でヒーロー映画があふれるようになったワケ

 6月15日から全米で公開され、アニメーション映画史上の全米興収歴代No.1を記録した『インクレディ...
望月ふみ
エンタメ

アカデミー賞の選考に操作はあるのか? ゲーム戦略のプロが解析した

 アカデミー主題歌賞にて、この1年間、世界で一番売れた『The Greatest Shouman』の...
プロギャンブラーのぶき
雑学

映画「ブレードランナー2049」「IT」。人気作家の映画化が立て続けに【コラムニスト木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その184 ―  日本では、アメリカの人気作家が原作の映画がたて続け...
木村和久
エンタメ

「人生で一度きりのチャンス!」あの名監督ハル・ハートがクラウドファンディング募集中の意外な理由とは?

 NYインディーズシーンの旗手として’90年代に人気を博した名監督ハル・ハートリー。『トラスト・ミー...
エンタメ

トップガン(39.5億円)、帝国の逆襲(32億円)を凌ぐ80年代の配給収入ぶっちぎり1位の洋画は?

80年代の日本における映画の潮流を語るには、邦画と洋画を分けて語る必要がある。じつはこのころの日本は...
エンタメ

スーパーヒーローのことをこんなに語れるなんて…世界初のDCプレゼンテーションが東京で開催。その中身は?

 3月2日、『スーパーマン』や『バットマン』など数々の強力な作品を擁するDCエンターテイメントが世界...
織田曜一郎
雑学

人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ【コラムニスト木村和久】

―木村和久の「オヤ充のススメ」その125ー  7月22日から公開される映画『トランボ ハリウッドに最...
木村和久
エンタメ

原題と邦題に「ギャップありすぎ」の映画『神様メール』が話題。邦題はどうやって決めているの?

 過去3作品と寡作ながらも「カンヌ国際映画祭」などで常に高い評価を得るベルギー出身の映画監督、ジャコ...
北村篤裕
エンタメ

「スター・ウォーズ」の4DX演出家が、“日本初”の4DX専用映画への挑戦を語る

 2009年に商業化された「4DX」は、映画の新たな可能性として広がりつつある。その特徴は、座席が揺...
北村篤裕
1
2
3