新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


燃費
カーライフ

秋の行楽シーズン前に覚えておきたいマイカートラブルの処方せん

PR:一般社団法人日本自動車整備振興会連合会  夏休みが終わると、次の楽しみはシルバーウィーク。今年...
日刊SPA!取材班
R-30

アメ車が日本では売れない理由――実は故障もしないし性能も燃費も悪くないのに…

 キャデラックといえば、アメリカの自動車メーカー・ゼネラルモーターズが展開する高級車ブランド。日本で...
清水草一
R-30

マツダのライバルはラテン車!? プジョー渾身のディーゼルは最安が最高なり

 国内でも、クリーンディーゼル車の選択肢が増えてきた昨今。とはいえ手ごろな価格のディーゼル車となると...
清水草一
R-30

VW車の世界販売は増加! VWのディーゼル車の国内導入はいつなのか?

 今年に入ってから不倫や不正の話題に事欠かないため、みなさんVWのアレのことはすっかりお忘れでしょう...
清水草一
カーライフ

マイカー規制だけどEVならOK!「ふじあざみライン」は夏のドライブにオススメ

 アメリカのEV(電気自動車)メーカー・テスラが、日産「リーフ」と同価格程度で走行可能距離が300k...
R-30

レクサス対レンジローバー、極悪燃費キングはどっちだ? 【ヘビー級SUV対決】

 ハイブリッドカーなど、カタログ燃費がいいクルマの実燃費を計測する企画は星の数ほどあれ、カタログ燃費...
清水草一
カーライフ

制限速度120km。新東名のアウトバーン化が遠のいた理由

遡ること13年前――。清水草一は、「高速道路建設は道路族の利権であり悪」という空気のなか、新東名が6...
清水草一
R-30

リッター40kmでも4代目プリウスに世界征服はムリ。ハイブリッドカーには節約の道しかないのか?

’97年12月に世界初の量産ハイブリット乗用車として登場したトヨタのプリウス。世界一のハイブリッドカ...
清水草一
R-30

新型プリウス・プロトタイプにさっそく試乗してみた!

 12月9日から発売される新型プリウス(242万9018円~)。1997年に、初代プリウスが世界初の...
清水草一

なぜ日本車は「ダウンサイジングターボ」で出遅れているのか?【後編】

ハイブリッドカー、電気自動車、燃料電池車などの研究では、世界をリードしている日本の自動車産業ですが、...
清水草一
1
2
3
5