新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


発達障害
雑学

もし我が子が発達障害だったら…公園デビューで知った周りの子との違い

「長男は発育が遅かったものの、特に正常の範囲外というほどではありませんでした。でも1歳を過ぎるあたり...
週刊SPA!編集部
雑学

54歳にして発達障害だと診断された男の苦悩「なぜもっと早く気づけなかったんだろう」

「54年間の努力が水の泡になって悔しい。他にもっとやりようがあった…」  精神科で54歳にして発達障...
えんどうこうた
恋愛・結婚

「夫は発達障害かもしれない」その気づきが夫婦を救った――光武克の「発達障害BARにようこそ」

― 光武克の「発達障害BARにようこそ」第4回 ― 東京・渋谷にある発達障害バー「The BRATs...
光武克
R-30

夫が発達障害の夫婦。離婚の危機を乗り超えたアイデアとは?

 昨年から大きな話題になっている「大人の発達障害」。SPA!で特集を組んだところ「自分もそうかもしれ...
雑学

「発達障害者はコミュ障」なんて、ただの思い込み――光武克の「発達障害BARにようこそ」

 最近の僕は、家賃の振り込みを忘れて、親から「いい加減にしろ」という連絡がきました。相変わらず自分の...
光武克
R-30

発達障害を隠して入社、男に直面した困難とは? トラブル続きで部署を転々と…

中学生の頃から自分に違和感があったものの「それが障害のせいだとは思ってもみなかった」という木島正志さ...
R-30

発達障害で苦しむ人たちの「私生活での“あるある”パニック」15項目

 昨年から大きな話題になっている「大人の発達障害」。SPA!で特集を組んだところ「自分もそうかもしれ...
恋愛・結婚

発達障害当事者の“恋愛”はやっぱり少し独特?――光武克の「発達障害BARにようこそ」

― 光武克の「発達障害BARにようこそ」第2回 ―  東京・渋谷にある発達障害バー「The BRAT...
光武克
雑学

発達障害の当事者が苦しむ「職場での“あるある”パニック」15項目

発達障害の当事者たちは、その特性から職場でさまざまな困難に直面している。彼らが経験してきた仕事上のト...
雑学

働くキャストは全員精神疾患者『メンヘルカフェ』をオープンした理由

 主催者も、働くキャストも“精神科通院中または通院歴”のある女性のみ、そんなカフェイベントが9月30...
1
2
3