TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


縄文時代

旧石器ハテナ館が面白い(5)――客観的で最新の知見に基づいた展示がいい!

史跡田名向原遺跡旧石器時代学習館(旧石器ハテナ館)のエントランス風景 さて、神奈川県相模原市の田名向...

旧石器ハテナ館が面白い(4)――安住の地を求め辿りついた日本人の祖先は健脚

住居状遺構から南西200mの所で出土した黒曜石の原石9点(『館報尖頭器』第16号より) 旧石器人の健...

旧石器ハテナ館が面白い(3)――176km離れた長野県麦草峠の黒曜石がなぜ?

住居状遺構から出土した尖頭器(『館報尖頭器』第14号より) 田名向原遺跡の住居状遺構からは、193点...

旧石器ハテナ館が面白い(2)――3000点もの大量の石器が出土した理由とは

住居状遺構想定復元模型(『館報尖頭器』第9号より) この田名向原遺跡は、平成11(1999)年に国の...

旧石器ハテナ館が面白い(1)――旧石器時代の国内最古の住居跡が見つかった!

史跡田名向原遺跡の住居状遺構(復元) こげ茶色囲みの所は柱穴、オレンジ色囲みの所は炉跡、青色囲みの所...
育鵬社編集部M

旧石器時代「岩宿遺跡」発見の人間模様(5)――杉原荘介と芹沢長介の確執

相澤の発見は学問的にも確認されたが  相澤忠洋がその後にとった活動と関係者の動きを、箇条書きでまとめ...

旧石器時代「岩宿遺跡」発見の人間模様(4)――人が住んでいなかったと言われた赤土層から

執念を感じさせる相澤忠洋記念館の展示  その後に向かったのは、この岩宿遺跡から北方約7キロ、群馬県桐...

旧石器時代「岩宿遺跡」発見の人間模様(3)――岩宿ドームと相澤忠洋像

満足できた岩宿ドームの展示  岩宿博物館を見学して何かピンと来ないと思いながら、博物館から600mほ...

旧石器時代「岩宿遺跡」発見の人間模様(2)――工夫の余地がある岩宿博物館の展示

大きなマンモスゾウの全身骨格が展示されているが  まず、岩宿博物館を見学した。岩宿遺跡の近くに建てら...

旧石器時代「岩宿遺跡」発見の人間模様(1)――70年前までは、その時代はないとされていた

縄文時代より前の時代は  今回は旧石器時代がテーマなのだが、まず縄文時代から話をはじめよう。  日本...
育鵬社編集部M
1
2