新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


芸能
エンタメ

「いつかはバレて破たんする運命だったんです」西寺郷太×新垣隆 “ゴーストライター騒動”を語る

西寺:世間では「佐村河内さんは新垣さんを利用し、世を騙した悪人」というイメージですが、実際の佐村河内...
宮下浩純
エンタメ

タレントが「芸能事務所を辞める」のは、そんなに大変なのか?【現役グラドル経営者・手束真知子】

今月で31歳になった私は、同時にフリーランスアイドル5年目に突入しました!私の場合SDN48の全員卒...
手束真知子
エンタメ

西寺郷太×新垣隆 あえて今“ゴーストライター騒動”を語る――CDが18万枚も売れたのは“聾唖の作曲家”という...

 2014年、センセーショナルに取り上げられた“全聾の作曲家”佐村河内守氏を巡るゴーストライター騒動...
宮下浩純
ニュース

中国版ジャニーズにブサイクな地下アイドル…中国の「純国産アイドルブーム」の裏にある習政権の思惑

 これまで、アイドル“不毛の地”だった中国で、国産男性グループ「TFBOYS」が爆発的な人気を博して...
奥窪優木
エンタメ

意識高い系コントをオンエアするNHK番組の秀逸さ【コラムニスト・木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その92 ―  SPA!読者の大好物、意識高い系ですが、もはやギャグ...
木村和久
エンタメ

マツコ・デラックスに“視聴率100%男”の危機意識はあるか?【コラムニスト・木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その71 ―  マツコ・デラックスが、春からテレビのレギュラー番組が...
木村和久
雑学

「タレントのブログ管理が一番ツライ」芸能マネジャーの嘆き

好きで選んだ仕事でも、全部が好きなわけじゃない。一連の業務のなかで「これはイヤ!」と敬遠される作業も...
エンタメ

なぜカセットテープはノスタルジーを喚起させるのか?【水道橋博士×西寺郷太】

 近年、音楽の視聴方法はもっぱらダウンロードが主流。かつてはCDやMD(ミニディスク)などいろんな記...
ニュース

ゴーストライター騒動の新垣隆氏、週刊文春のテーマ曲を作曲

 佐村河内守氏のゴーストライター騒動で話題となった作曲家の新垣隆氏が、週刊文春からの依頼で新曲「交響...
林健太
エンタメ

メディアに増殖する[オネエ系タレントの存在意義]

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その13 ―  最近テレビを見ると、必ず出てくるのがオネエ系タレント...
木村和久
1
2
3
8