新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


認知症
雑学

「日本人の健康寿命」は何歳まで延びるのか? 85歳以上の半数は認知症とも

年々延び続ける日本人の寿命。死ぬまで働くといっても、寿命が延びるほど老後資金への不安が募る。寿命はど...
R-30

飲み屋で一日50万使って「まったく記憶にない」…アル中だと思ったら若年性認知症だった

「異変に気づいたのは7~8年前、35歳の頃です」そう話すのは、アルコール依存症を周囲から疑われ、自覚...
雑学

若年性認知症になった人々の共通点――毎日同じような仕事の人は要注意

若年性認知症になった人には、行動などの点で共通点があるだろうか。若くして認知症と診断された人の家族や...
雑学

51歳で認知症になった男のゴミ部屋生活…妻から離婚され、最悪は孤独死か

散乱した荷物に囲まれ、異臭が鼻をつく部屋に一人住む平山さん。51歳のときに認知症と診断されるまでは、...
雑学

年収800万円からホームレスへ転落した男――酒と脱法ドラッグで認知症が悪化して

30代前半までは大手アパレル会社のバイヤーとして、年収800万円を稼いでいた加藤さん。しかし、次第に...
雑学

知られざる“老人ホーム経営”の実態――本当に怖いのは「悪徳業者」よりも「素人業者」

 老後のための住まい探しについて、きちんと向き合ったことがあるだろうか。70歳くらいになったら考える...
日刊SPA!取材班
雑学

日本人は胃がん発症率が高く、認知症にはなりにくい体質!?

人種別健康法の土台となる人種別医療は、遺伝子レベルの研究が始まってわずか20年程度だという。その中で...
R-30

仕事も家族も同時に失った「若年性認知症」の恐怖 30代の発症例も多数

「あの人の名前、なんだっけ?」「昨日の晩ご飯、何を食べたっけ?」「実家の郵便番号っていくつだっけ?」...
ニュース

「俺のカネを奪う気かッ!」認知症老人の暴走――1200万円を怪しい投資話につぎ込み家庭崩壊の危機

 埼玉県某市の自宅を出た山本さん(75歳・仮名)は、高齢者とは思えないほどの軽やかな足取りだ。私鉄と...
伊原忠夫
R-30

[将来、ボケても平和に暮らせる人]の条件

老後への不安から、貯金に励んでいる読者は多いだろう。だが、老後の幸・不幸を左右するのは当然ながらカネ...
1
2