TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル

警察
カーライフ

空ぶかしで威嚇のレビンや隊員に猛抗議のメルセデス「首都高年越し大検問」に完全密着<第3回>

「パトカー、いったん停車します」数回目のセーフティカー導入。これまではこのまま車列を先導してゆっくり...
カーライフ

RX-7、シルビア、スカイライン、スープラほか不正改造車が御用!「首都高年越し大検問」に完全密着<第2回>

新年あけましておめでとうございます! このとき我々取材班は、警視庁高速隊新富分駐所と首都高都心環状線...
カーライフ

警視庁高速隊「首都高年越し大検問」に完全密着。不正改造車を撲滅せよ! <第1回>

 毎年、大晦日から元旦にかけての深夜、警視庁高速道路交通警察隊(高速隊)は首都高を走行する不正改造車...
雑学

警察官のいない離島は無法地帯にならないの? 住民に聞いてみた

11月、鹿児島県の竹島で、島に1人しかいない郵便局員が失踪し話題になった。人口500人を割り込むほど...
カーライフ

路上に落ちていたタイヤが原因の「岡山母娘事故死」はどうすれば悲劇を防げたのか?

 このところ、DQNドライバーによるいやがらせ行為に世間の興味が集中しているが、そんな折、恐ろしい事...
清水草一
カーライフ

亀井静香氏を忘れない…怒鳴り声一発で日本の高速道路に偉大な2つの足跡を残した

 前衆議院議員・亀井静香氏(80歳、無所属)は10月4日、次回の衆院選に出馬せず、政界を引退すること...
清水草一
カーライフ

事故のリスクはかえって下がる? 高速道路の最高速度が試験的に時速110kmへ引き上げ

 9月28日、警察庁は、新東名高速道路の新静岡IC-森掛川IC間の上下線約50kmについて、11月1...
清水草一
雑学

警察も自治体も助けてはくれない…増え続ける「住民同士の騒音トラブル」

派遣OLのAさんは、自宅マンションの隣の部屋から響くテレビやゲームの音に悩まされていた。毎日深夜から...
R-30

自動運転に必要なのは信頼性だけではない! 運転弱者のための自動運転考察

 最近は、ウィンカーを操作すると自動で車線変更してくれるクルマも出てますが、自分でやったほうがカンタ...
清水草一
ニュース

中国で導入された「信号無視の防止策」 顔認証で氏名、住所、勤務先まで街頭に表示!?

 世界に先駆けてキャッシュレス社会を実現させた中国だが、人工知能や先端医学の分野などのハイテク技術で...
1
2
3
7