新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


震災
雑学

日本の「避難所=体育館」は難民キャンプ級。公費でホテルに避難できる国もあるのに

― 連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―  小学校入学の時のランドセルや就職活動の時の...
鴻上尚史

大阪北部地震に「本の印税全額寄付」を表明した高須院長が説く「ボランティアで大切なこと」

自宅待機せずに出勤した高須クリニックのスタッフ  6月18日朝に発生した大阪北部地震。最大震度6弱を...
日刊SPA!取材班
雑学

福島第一原発・帰還困難区域の目前で営むカフェに感謝の声「続けてくれてありがとう」

「CAFE y」の店長、渡辺愛子さん。オムライスとカレーが人気だ。昼間のランチタイムだけでなく、夜間...
白川徹
ニュース

福島第一原発から8km、帰還住民を待つ浪江町の仮設商店街

2万人を超える住民のうち、帰還者はまだ490人 浪江町の目抜き通りでは、工事関係者以外はほとんど見ら...
白川徹
ニュース

台湾地震への支援にフリーメイソンが動く!?「本の印税全額寄付」で話題の高須院長が秘密結社の意外な活動を明かす

 2月6日夜、台湾東部でマグニチュード6.4の大地震が発生。12階建てホテルが倒壊し、死者17人、負...
日刊SPA!取材班
雑学

防災の日に考える憲法改正――立憲主義を守るためにこそ緊急事態条項が不可欠

<文/中央大学名誉教授 長尾一紘> 首都直下型地震にどう対応するか  9月1日は防災の日です。この日...
長尾一紘
ニュース

東日本大震災から6年…被災地取材で記者が大手メディアの震災報道に抱いた違和感

 東日本大震災から6年が経過した2017年3月11日土曜日は、全国各地で追悼式典が行われた。テレビ番...
日刊SPA!取材班
ニュース

震災から6年…東京に住む福島出身女性に刻まれ続ける“被災タトゥー”とは?「あと何年『地震大丈夫だった?』と聞...

 東日本大震災から6年が経過した。特に今週、テレビや新聞は自然災害と原発事故をこぞってとりあげている...
日刊SPA!取材班
雑学

なぜ台湾は震災直後の日本に200億円もの義援金を送ってくれたのか――台湾在住30年の日本人作家が語る

 東日本大震災が起きた際、日本には世界中から多くの義援金が集まった。では、どこから最も多くの義援金が...
藤井敦年
雑学

【特別寄稿】福島とチェルノブイリ――現場を撮り続けてきた写真家が考える「25年を隔てたシンクロニシティー」

 福島とチェルノブイリ。国際評価尺度レベル7の原発事故が起きた現場である。もちろん、単純に比較対象と...
1
2
3
4