TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル

高学歴プア
雑学

年収250万円以下、“東京六大学”卒の30代雑誌ライター「仕事はないけどギャラの安い記事は書きたくない」

 学歴神話が崩壊し始めたのはいつからだろうか。良い大学を出たにも関わらず、低収入にあえぎ、挙げ句の果...
藤山六輝
R-30

アメリカ帰りの30代エンジニア、年収2000万円からの転落「収入は3分の1に、酒しか楽しみがない」

 グローバル化が進み、特にIT関連の仕事においては日本に留まらず、アメリカやシンガポールなど海外に渡...
山口準
雑学

“私立御三家”出身、TV局社員の転落人生…時給1000円アルバイトで20年、気づけば50代に

 高学歴ならば人生安泰という神話はとうの昔に崩れ去った。たとえ、生真面目にエリート街道を進み、世間的...
山口準
R-30

一橋大大学院卒、30歳男たちの明と暗…現在無職、職業訓練校に通う日々

 30歳という節目の年齢。男性ならば、転職や結婚などを考えることもあるのではないか。独身OLであるわ...
雑学

“高卒貧困”の深刻な実態――『学歴分断社会』著者が語る「日本の学歴トークは大卒者たちのゲームにすぎない…」

 仕事や恋愛など様々な切り口で取り沙汰される学歴。卒業後、普段はあまり意識していなくとも、なにかと付...
伊藤綾
R-30

東大卒のプライドが捨てきれず40歳で年収310万円。転職を繰り返し、今やブラック企業勤めに…

東京大学を卒業し、学生時代の友人はIT会社の社長や経営者など年収1000万プレーヤーばかり。しかし、...
雑学

早稲田大卒エリートが年収1000万円から220万円になった理由

「15年前の僕は東京市場で5本の指に入るファンドマネジャーでしたよ」と得意げに語るのは現在、保険外交...
R-30

ストレスに弱かった慶應ボーイ。独身48歳で年収250万円

付属校から慶應大へとエスカーレーター式に進学し、花の慶應ボーイを謳歌した小松裕明さん。就職もスムーズ...
R-30

同志社大卒で年収160万円の45歳…「高学歴プア」になってしまったワケ

 学歴不問の採用スタイルを導入する企業も珍しくないが、そうはいっても結局、高学歴者がいい会社に入って...
R-30

東大卒で年収220万円。高学歴プアの実態

 東京大学の文科三類を卒業後、晴れて大手商社に入社した長谷巧さん(仮名)だが、入社早々自信を失った。...
1
2