新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


雑学

マグロやウナギが食べられなくなる? 絶滅危惧種の漁獲量がいまだに高水準な理由

鮮魚売り場がなくなっているのにはさまざまな理由があるが、その根幹にあるのは、やはり漁獲量の減少。世界...
雑学

スーパーに新鮮な魚が並ばなくなる? 元凶は明治時代からほぼ改正なしの漁業法だった

 新鮮な魚が店頭に多く並ぶには、漁港などインフラ面の整備も欠かせない。水産庁は長期計画に基づいて漁場...
雑学

「当たり前にマグロが食べられる日本は異常」資源保護の意識の低さに外国人は困惑

 近年、国際的に問題となっている過剰漁獲や水産資源の枯渇。水産庁に問い合わせたところ、クロマグロやサ...
雑学

魚の鮮度が落ちている!? 日本の水産業は流通過程にムダが多い

 収獲してから我々庶民のもとに魚がやってくるまでの“流通”。冷凍技術の進歩で、いつでも新鮮な魚が手に...
雑学

スーパーから「魚売り場」が消える! 消費量は減り、価格は上昇…その背景にあるものとは?

 近年、「魚離れ」が叫ばれている日本の水産業。漁獲量や消費量の減少、価格の上昇など、問題は山積みだが...
雑学

「アリゲーターガーをいかに釣るか?」怪魚ハンターが語る“釣りのクリエイティビティ”とは

「アリゲーターガーは怪魚だと思います。しかし、“怪魚釣り”と“外来魚の駆除”を一緒にされるのは困って...
藤井敦年
雑学

怪魚・アリゲーターガーは「釣り人が釣ってみたい人気の魚」 各地で目撃が相次ぐその正体とは?

「まさに雑食。小さな魚からコイ、ザリガニ、なかにはネズミを食うやつまでいますよ」  そう語るのは関西...
藤井敦年
エンタメ

魚界のニュースター!? 釣った魚しか食わない無名芸人・ハットリに迫る

 魚に詳しい芸能人……といえば、恐らく誰もがあの大学教授兼タレントを思い浮かべるだろう。しかし、そん...
日刊SPA!取材班
ニュース

茨城県だけじゃない「サメが出没するビーチ」 地元サーファーの目撃証言多数

夏といえば怪談の季節。しかし、本当の恐怖は身近なところに潜んでいるもの。そのものズバリな心霊スポット...
雑学

毒ダコだけじゃない!ダツ、カンディル…恐怖の魚介類

 神奈川県茅ヶ崎や房総沖などで毒タコの「ヒョウモンダコ」が見つかり騒動になっているが、水の中の生物は...
日刊SPA!取材班