和服×豪華和室。ここなら夢の「お座敷遊び」にも手が届く!

 先日、夜の街を歩いていると「和服美人が揃ってます!」という呼び込みのキャバクラに入店した。だが、いざ入ってみると店内はミニスカの着物っぽい服装の嬢ばかり。それはそれでセクシーでいいのだが、結局は“安いコスプレ感”が鼻についてしまったスパムです。

 とはいえ、本格的に“和”を感じながら夜遊びをしたいのなら、舞子さんや芸子さんと戯れるお座敷遊びにでも手を出さないといけない。しかし、昔からの老舗は一見客では行けないし、そもそもいくら取られるのやら……という世界だ。そんななか、一般のサラリーマンでもお座敷遊びを楽しめそうな店が昨年、オープンしたという情報が。さっそく行ってみた。

顔出しNGが残念な美女揃い!

着物、畳、金屏風。ビル内に驚きの空間

左からしゅうかさん(21歳)、ゆりえさん(28歳)。20代を中心に25人ほどが在籍している。気に入ったコは次回指名することも可能

 訪れたのは、昨年11月にオープンした赤坂にあるコンセプト料亭「独楽」(こま)だ。本来、「どんなに安い店でも女のコを呼べば一人あたり最低6万円はかかる」(店長)という相場のなか、同店の平均客単価は4万円ほど。しかも1人3万9000円の3時間プラン(花代・個室代・飲み放題込み/2人から利用可能)もあるので「うちは完全紹介制ですが30~50代の幅広い方に来ていただいています」(同)と、使い勝手のよさが支持されている。言うなれば、カジュアルに使える現代風の料亭といったところか。

 早速、完全個室の和室に通されると金屏風や囲炉裏のあるテーブルなど、どこか怪しげな雰囲気に胸は高鳴る。しばらくしてふすまがゆっくり開くと、三つ指で「初めまして。本日はよろしくお願いします」と丁寧なあいさつをしながら着物姿の和美人が登場! 接客してくれたのは、ゆりえさんとしゅうかさん。両側に美女を抱えて、すかさずお酌が……おお、昔見たVシネの悪役みたいだ。

独楽

予約は最低2人で2時間から。10人まで可能なコンセプトの違う3つの完全個室がある。

ゆりえ「キャバクラなどで遊び尽くした方も、『ここは新鮮だ』ってよく言われます。トイレも各々の部屋専用なので、他のお客様に会わないプライベート空間になるんですよ」

 少し酔ったところで、「初めての方は、女のコがリードするから安心してくださいね」(しゅうか)と、ついにお座敷遊びへ。

 同店では、座敷内に用意されている何種類かのテーブルゲームが楽しめ、負けたほうが杯を一気に飲み干すのがお決まり。ちなみに、3時間コース料金には女のコのお酒も含まれているのがうれしい。

独楽

出目で勝ち負けを決めるゲームが一番人気。遊び方は女のコが説明してくれるので安心を

ゆりえ「いつもテーブルゲームをどんどんやっていくんです。だから皆さん、日本酒がクイクイ進みますね」

しゅうか「それで最後は、野球拳になったりして……『あ~れ~』って言わせる悪代官ごっこを楽しむ方もいらっしゃいます(笑)」

 ただ、女のコへのお触りはもちろん、こちらの店は同伴やアフターは禁止されているのでご注意を。

しゅうか「密室だからこそ、節度を守って遊んでくださいね」

 次々にお銚子を空けながらも、どこか襟を正されたような気持ちになったスパムでした。

独楽

お寿司やピザなどのフードメニューも充実。なかでも、女のコが囲炉裏で炙ってくれる餅やエイヒレ(各1000円)は人気の一品だ

【独楽(こま)】
住:港区赤坂3-14-3-4F
電:03-3584-1888(完全予約制)
営:18時~翌1時
休:日・祝
料:1人60分/個室代・花代1万2000円~(飲食代は別)
※完全紹介制だが「SPA!見た」で予約可能(来店前にHP経由で審査アリ)

独楽

独楽(こま)

撮影/水野嘉之

スパム 主に池袋界隈に出没。重度のタイツフェチで、レギンスに対しては反対の姿勢をとる
スパムの他の記事