高田馬場⇒我孫子街コンをハシゴ。総勢320人の女性と出会う!

 クリスマスまで残りあとわずか。日増しに街のイルミネーションが豪勢になるなか、今年も一人で参加できそうなクリスマスイベントをググるスパムです。そうして調べていると、話題の「街コン」が週末に2つもあることを発見。街コンとは、地域ぐるみで行われる数十人から数百人規模の大規模合コンのことです。最近では「クリスマス前に恋人をつくりたい」というニーズからか、毎週末、全国各地で開催されています。これに便乗しない手はない。街コンに行きまくって、今年最後に“出会いラッシュ”をかけよう!

店内すべてが合コン真っ最中!



◆店へ向かう路上すら街コンの“戦場”だ

店へ向かう路上で知り合った学生2人組。一応、ルールでは男女連れ立っての同行は禁止。

 まずやってきたのは、学生の街・高田馬場で行われる「馬場コン」です。馬場は今回が初開催にもかかわらず、男性250人vs女性250人という盛況ぶり。受付でオレンジ色のリストバンドを装着。これを着ければ、12の参加飲食店が出入り自由なんです。

「時間は14~18時で、最低でも3店舗を回ってください。最初は同年代の方が一緒になるように振り分けます」(主催者)

 1軒目の居酒屋は80席ほどがほぼ満席で、すでに各所で男女が交戦中です。開始ギリギリで来たことを悔やんでいると、スタッフが「あそこの女性のテーブルが空いてますよ」と素晴らしいサポートをしてくれました。「今日はよい出会いを!」との掛け声とともに、馬場コン、スタート!

 最初の出会いは街コン初参戦のOL2人組、カナちゃん(27歳)とアイちゃん(26歳)です。「緊張しますよね〜」とお決まりのセリフから入ったものの、雰囲気に飲まれて会話が続かないスパム。「食べ物取ってきます」と一度席を立ち、フードコーナーから戻ってみると、そこには別の男が……。

 戦いはさらに白熱。各店の混雑状況を公式ツイッターで確認しながら、「かわいいコいるかな?」と、店内をちょい見して物色を繰り返す。残りあと2時間か……、そう思い歩いていると、バンドを着けた女のコが路上で「次どうする?」と作戦会議をし、さらにその後を男性陣が追っているじゃないですか! なるほど、店までの道中すら出会いの場に変身。それを見習い、女子グループを追うように2軒目のバーへ入りました。

「1軒目ではあんまりいい人いなかった」と話すのは、社会人2年目のOL3人組です。街コンは初参戦だが、「前に(別の街コンに)参加した友達は、いきなり『結婚を前提に付き合ってください』って言われたみたい。ありえない」とのこと。行きすぎた行為は嫌われるので、ご注意あれ。次第に会話も盛り上がり、主催側が用意した「連絡先交換カード」を差し出すと「せっかくだから」とめでたく番号ゲットです!

 そうしてタイムアップ。2次会へ繰り出す男女グループもいるなか、「今日は時間がなくて」とOL3人組はご帰宅……。そこで次なる戦場、我孫子に向かいました。

⇒後編はこちら

2軒目で出会ったOL3人組


【馬場コン】
JR高田馬場駅周辺で開催。「多彩な馬場グルメも魅力」(主催者)。次回開催などは公式HP(http://babacon.net)

スパム 主に池袋界隈に出没。重度のタイツフェチで、レギンスに対しては反対の姿勢をとる
スパムの他の記事