チアリーダーの応援で元気になれるバー

落ち込んだ気持ちも明るく元気に!
美女が応援するチアリーダーバー

彼女たちと一緒にチアポンポンを
持って盛り上がることもできる!


 日頃の溜まった疲れをぬこうとヌキありの回春マッサージ店へ。写真指名した女のコが「岩手県出身なんです。実家が被災しちゃって……」と呟く。思わず、オプションのトップレス(3000円)をオーダー。5000円を渡した、テキサスです。

「こんなご時世だからこそ、みんなで応援し合わないとね」とは思うのだが、30歳を過ぎて誰も応援してくれない自分に気づく。

 そんななか、先輩のライターM氏が「ツイッターで出会った女のコがチアガールズバーで働いているんだ」とのこと。“チアガール”という元気になれそうな言葉の響きに惹かれ、早速、そのお店に行ってみることにした。

本格的なチアダンスに
テンションも急上昇!


 六本木のミッドタウン近くにある「ヴィルトス」は「チアガールズバーじゃなくて、チアリーダーバー。よく間違えられるんです」(マネジャー)と男心をくすぐるチアガールよりも、正式名称にこだわる本格派のスポーツバーだ。

 チアリーダーのコスチュームを着た女性スタッフがカウンター越しに元気に接客。店内には大型テレビが3台セットしてあり、スポーツ観戦が楽しめる。

 だが、同店の最大の特徴はスポーツ観戦でもチアのコスプレでもない。スタッフの中には現役のチアリーダーがいて、彼女たちが目の前でチアダンスを踊りながら、客を応援してくれるのだ。

へそ出しのチアリーダーの衣装を着た、元気いっぱいの女性スタッフ。左からミユキちゃん、ノムギちゃん、アイちゃん


 ただし、応援してもらうにはオリジナルカクテル(2000円~)かテキーラセット(1500円~)など少し高めのドリンクを注文しなければならないとのこと。そのドリンクによって、チアダンスの種類も変わる。

 とりあえずオリジナルカクテルを注文。すると、店内にチアの定番「Hey Mickey」が大音量で流れはじめた。そして、曲に合わせてチアポンポンを持った彼女たちがリズミカルに踊りだしたのである。

 息のぴったり合った踊りは、スナックでAKB48や少女時代を踊るホステスたちの“学芸会レベル”ではない。明るい笑顔で本格的なチアダンスを踊る彼女たちを間近で見ていると、テンションも急上昇。アップテンポのBGMに、気がつけばテキサスもチアポンポンを持ち、彼女たちと一緒に踊っていたのだった。

 さらに、同店ではダンスとは別に「一言チア」なる応援サービスもあるとのこと。

「お客様の名前を入れて、リズムに合わせてみんなで応援するんです」(ミユキちゃん)

 ただし、「一言チア」はドリンクを注文してもやってくれない。誕生日など祝い事がある人や、極端に落ち込んで元気のない人にだけ提供する特別サービスなのだとか。

「テキサスさんは、何だか元気がなさそう……。特別に応援してあげるね♥」(ノムギちゃん)と言いながら、メガホンを持って「テキサス~、テキサス~、ワァ~♥」と黄色い声援を送ってくれた。名前が店内に響き渡り少しだけ恥ずかしいが、悪い気はしない。

「どうしても『一言チア』をやってほしい人は、チームキャプテンのミユキちゃんにお酒を飲ませれば、上機嫌になって喜んでやってくれますよ。お酒は好きですけど、強くはないみたいなので、簡単です」(マネジャー)

 ちなみに、お店にはチアリーダーのコスチュームもあり、一緒に飲みに行った女のコをコスプレさせることもできる。しかも、元チアリーダーなら料金が50%オフになるので、同伴の女のコにコスプレを懇願しやすい。

 チアリーダーとして人を元気にする術に長けた彼女たちとの夜に、明日を頑張れる気がしたテキサスでした。

カウンターに乗りエールを送ってくれる!

現役チアリーダーのノムギちゃんがテキサスを応援。バーカウンターの上で、チアダンスを踊ってくれることもあるとか




Cheerleaders BAR「Virtus(ヴィルトス)」


現役チアリーダーが多数在籍。ドリンク注文で応援してくれる。
チアのコスプレで50%オフのほか、衣装持参なら100%オフの特典もあり。
住:東京都港区六本木4-6-4-1F
電:03-5410-6155
営:19:00~翌5:00
休:日祝日
チャージ500円


撮影/西田 航

テキサス 「女のコとの会話は最高の前戯」がモットー。趣味は年間50回ほど行くキャバクラとFX
テキサスの他の記事