読モやOL、AV女優と飲める大人の社交場

読モやOL、AV女優と夢の出会い!


 連日粥や干物を食べ続けていると「ステーキとチャーハン食いてぇ!」と欲求不満は募る。遊びもそれと同じで、震災後の自粛ムードに流されて近所のスナック通いでお茶を濁していたら、遊び欲が高まってきたわけである。

「五十路ママ相手に猥談に耽るよりもエキサイティングな夜を……」

 そんな思いを募らせていたある日、悪友である高木先輩から「素人のネエちゃんやAV女優と飲みながら、ポールダンスが楽しめる店がある」と言われて連行されたのがこちらのJAILだ。

 素人のネエちゃんと遊べるという店はよくあるが、そこに読者モデルやAV女優もいて、なおかつポールダンスとは……まったくもって意味不明だが、エキサイティングなことに変わりはなかろう。さっそく突撃してみた。

そこは一味違った
大人の社交場だった


 シックな店内は、大人が楽しめるクラブといった感がある。店長に遊び方を教えてもらった。

「ようするにシングルスバーですね。大人同士の出会いを提供する感じです。遊びに来ていただいた男性のお客さまに、当店のスタッフが遊びに来ている女性をアテンドいたします。あとは一緒に飲んだり、食事をされたりして楽しんでいただきたいと思います」

 なんと、アテンドされた後は電話番号を交換しようが、外に連れ出して遊びに行こうが当事者同士が合意すればOK。連れ出し料などは一切ないというのだ。ただし、飲食代の25%がサービスチャージとしてかかるので、それがアテンド代と考えればよいだろう。

 待つこと数分、奥の席から店員さんとやってきたのは“六本木の飲み仲間”という4人組。

この日アテンドされたのは、遊び仲間という4人組。ノリのよいトークで盛り上がり、しっかり連絡先を交換。その後、酔って肉食化した彼女たちに連れ出され……


 OL、ショップ店員、読者モデルと職業もバラバラ。だが、間違ってもキャバ嬢ではないので、こちらが遠慮することもないし気張ることもない。堅苦しくない会話が居心地よいのだ。例えれば、よく行く飲み屋で隣に座った常連同士の会話。隣に座ったOLのミキちゃんによれば「遊びなれて落ち着いた男の人が多いから面白い!」とのこと。

 客層はと、ほかのテーブルを見ると、スーツを着た30~40代が多い。キャバクラのように華やかで、それでいて地元の飲み屋のようなアットホームさは新鮮だ。それでいてキャバクラで遊ぶよりも安いときたら、「取引先の方を連れてくるお客さまもいます」という店長の話も納得である。

 女のコたちとも打ち解けたところで、お待ちかねのポールダンスが始まった。ダンサーたちがカウンターに上がると歓声が起こり、女のコたちも一緒にワーワーキャーキャーと大いに盛り上がる。ダイナミックでエロさ爆発のダンスは一見の価値アリ。カウンターにかぶりつき、女豹のようなしなやかな動きでこちらを挑発するダンサーに目を奪われたところで宴もたけなわ。肉食女子と化した女のコたちに「2軒目行くよ!」と連行されて店を後にしたのであった。

肉食女子たちとはしご酒!




JAIL



東京都港区六本木4-11-4 六本木ビルB1
電:03-6459-2704 
http://www.roppongijail.com
営:21時~ラスト
料:チャージ5000円(1ドリンク付き)VIPチャージ4000円、セミVIPチャージ2000円
  このほかに飲食代に25%のサービスチャージがかかる

カウンターにかぶりつき!大開脚に大興奮!



ポールダンスが始まれば、男女問わずに場内のボルテージは最高潮になる。ポールダンスは毎日22時、23時、23時30分から3回のショータイムがあり、楽しめるようになっている



取材協力/高木先輩 撮影/スギゾー

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事