水着キャバ激戦区!大宮から吹き下ろすブームの熱い風

 都内近郊では目下「水着キャバ」が増殖、流行の兆しを見せている。前号でスパムが行った池袋、秋葉原。さらには横浜、調布、南越谷まで……。ひと昔隆盛を極めたランジェリーパブは鳴りを潜め、カジュアルでリーズナブル、20歳前後の女のコをキャストに抱える水着系のお店に人気が集まっている。

 そんななか今まさに“水着キャバ激戦区”と化している街があるという。夜遊びガイドのO氏が鼻息荒く解説する。

「周辺に学校も多く、若い女のコが多い。今最も勢いのある“埼玉の歌舞伎町”大宮です。普通の水着キャバはもちろん、いちゃいちゃもできるお店、さらにはスクール水着をテーマにしたお店など、4軒ほどを確認しています」

 池袋ですら水着系は1軒なのに、4軒は街の規模からしても多い。さっそく埼京線に飛び乗った。

ギャルがわんさか!熱気溢れる大宮の夏


ゆいちゃん(左)とかおりちゃん。身長148㎝とミニサイズのゆいちゃんだが、たわわに実った果実はビッグサイズだ

 駅を降りると人の波。日が落ちても吹き付ける熱波のなかを闊歩するナマ足、ミニスカ、ホットパンツ。それを全力で追いかけるスカウト風の男男男……久方ぶりに訪れた夏の大宮はO氏の言うとおり若い娘だらけ。目移りしながら、繁華街である「南銀」を入ると、いきなりド派手な「スク水キャバ」の看板が目に飛び込んでくる。すぐ奥にも「水着キャバ」。もちろん普通のキャバもあるのだが、水着の看板の前では見劣り必至。さらに行くこと5分、スナックなどが立ち並ぶ雑多な一角にO氏が推す新店「La Bay」があった。

 重厚な扉を開けると、まさに異空間。ピチピチ水着の女のコが元気にお出迎え。明るめの照明も相まってか、とにかく眩しい。これが若さか!と目を細める俺。

 席につくと眼前をかすめる尻尻尻。「ガン見してたでしょ~」と脂ぎった中年をたしなめてくれたのはゆいちゃん(19歳)とかおりちゃん(20歳)。「だっちゅ~の」風の前屈でのご挨拶は、尻派の俺でも刮目するほど。たわわに実った果実をここまで間近に拝めるビーチは皆無だろう。オリジナルのかき氷カクテルをさっそく注文し、常夏気分を満喫する。

 フリルがついた水着は今年の流行りとか。「自前なの、可愛いでしょ?」と水を向けられるも、「布地は少ないほうがいい」と答えてしまうのは男の性だが、今年の水着の流行りを知っただけでも少し若返った気分になる。

 この日は金曜とあって店内はあっという間に満席に。20人近くの水着のコが闊歩する姿は圧巻だ。

「隣駅のさいたま新都心への出張族や宴会帰りの人が来るから忙しくなるわ」と親指でこぼれ落ちそうな“果実”を水着のなかに押し込みながら囁くふたり。

お触りはご法度。だが、どこまで顔を近づけることができるかを試してみるメンタルは持ちあわせていたい……

 若いコが多い街だからこそ水着系のお店が成り立つ。これが店同士の競争を生み、街が活性化する。たかが水着されど水着。海なし県の“ビーチ”は灼熱であった。

昨年11月にオープンした店内は白砂をイメージした落ち着いた雰囲気

【La Bay】
住:埼玉県さいたま市大宮区仲町1-93 ハトヤビル2F
電:048-643-8887
営:20時~LAST
休:月
料:5000円~(50分ワンセット・飲み放題付き)
●20代中心ののピチピチギャルがお出迎え。在籍は30名ほど。週末は20人弱が出勤するさまは圧巻

La Bay

協力/O氏(夜遊びガイド) 撮影/ヤナガワゴーッ!

苫米地 某実話誌で裏風俗潜入記者として足掛け5年。新天地でヌキを封印。好きなタイプは人妻
苫米地の他の記事