こんな店を待っていた! 全員ノ●ブラガールズバー

 突然ですが私ワルヂエ記者、今回で「俺の夜」を卒業いたします。思えば、本連載の担当になって以来多くの夜の店を紹介してきたが、意外にもエロ度の高い店はほとんど紹介できなかった。というのも、ヌキなしのお色気系の店は2000年代前半をピークに軒並み閉店か摘発を食らっており、今やほとんど残っていないからだ。

 例えば、一昔前に繁華街で必ず見かけた水着美女のセクシー居酒屋はテン年代に入るとほぼ消滅。代わりに台頭してきたのはキャストに中途半端にJKコスプレさせただけのような浅薄な店。そんな夜の店冬の時代が続く中、私ワルヂエ記者、足と自腹とネットワークを駆使し、夜の街が過激だったあの頃の輝きを忘れない店をついに見つけてきました!

白シャツの向こう側にない。アレがない!


DMA-1 向かったのは東京の東端・小岩。錦糸町と船橋に挟まれた「夜の店のメガロポリス」とも言えるこのエリアに店を構えるガールズバー・マシェリ。男たちが必ず鼻の下を伸ばしてしまう名店の理由をしっかり紹介しよう。

「いらっしゃいませ! もえです」

DMA-6 現れたのはJKコスをしたお店人気ナンバー1のもえチャン。ワイシャツをボタン2つ開ける校則破りのセクシーさ、大歓迎!

 この店、小岩トップクラスの時給(店長・談)を誇るだけあり、そこらへんのキャバクラよりも高レベルの女のコを揃えている。

 JKコスの彼女たちとまずはハイボールで乾杯。

「もえチャン若いよね。まだ高校卒業して間もないの?」

「全然! 今は……高校13年生です(笑)」

「マジか! 留年しまくってる感じね! 遊びまくってるうちにこんなにセクシーになっちゃったんだね」

単なるJKコスプレはつまらん。我々はこんな店を求めていた!

A級の女のコだけが揃っている

左からあいチャン(20歳)、れいなチャン(32歳)、もえチャン(28歳)。JKコスに全く違和感のないA級の女のコだけが揃っている

 他にも、アラサーの女のコが多かったが、JKコスプレの影響か、みな5~10歳は下に見える。女のコは千葉から来てるコが多いというので、スレてないというのもその理由かもしれない。

女のコの在籍は常に3人以上

女のコの在籍は常に3人以上。土曜日は混み合うのでチップで争奪戦になるのだとか。平日21時までに、2軒目で入るのが賢い使い方だ

「もえチャン、年齢の割にスレてないよね。好きな歌手って誰?」

「浜崎あゆみ!」

「あー、なんか千葉っぽくていいわ!」

「偏見ですよ! ってか、新宿から来たんですよね? なんか怖いです……!」

 それこそ偏見!

ミニゲーム

ミニゲームで女のコと絡めるアツいイベントが

 さて、そんな他愛もない会話を交わしている中でも、ボタンを2つ開けた白ワイシャツの向こう側に目がいってしまいます。

白シャツの中身はお店で確かめよ!


「あのさ、さっきからそのワイシャツすごく気になるんだけど、中に何着てるの?」

チップ

チップを差し込めんだ先に見えたのは、女体に輝く2つの1等星!

「え~! それは秘密です」

「あの、もしかして……」

「シーッ!」

 そう言ってこちらの唇に人さし指を当てるもえチャン。

 お父さん、これは事件ですよ! 白シャツの向こう側にアレがないんです! アレが!

 多くの読者はお気づきかもしれないが、その真相は店舗に行って肉眼で確認するのを激しくおすすめしたい。写真のように、チップ(1000円)を渡せば、しっかり女のコの谷間を凝視できます。この謎解きを読者の皆さまへの私の最後の置き土産とさせていただきます!

MASHERI(マシェリ)

MASHERI(マシェリ)

【MASHERI(マシェリ)】
住:東京都江戸川区西小岩1‒26‒11WPビル2階
電:03-6657-9122
営:20時~25時(日曜定休)
料:40分3000円飲み放題。女のコのドリンクは別料金。チップ(1000円)のほか、ミニゲームに勝つと特別サービスあり

撮影/長谷英史 協力/ポケマル

ワルヂエ 新宿在住。夜の店ではおさわり癖アリ。「話せばわかる」が口癖。好きなタイプは公務員
ワルヂエの他の記事