都内に突如現れた秘宝館で昭和のロマンに思いを馳せる

 先のGWは10連休と巷は大騒ぎであったが、いかんせんカネもヒマもない。近所をまんじりともせずにぐるぐると歩いていると、それを見透かしたように電話が鳴った。

「都内に大人のアミューズメントができましたよ。秘宝館、一緒に行ってみませんか?」

 弾んだ声を出すのは夜遊びガイドのO氏。秘宝館と言えば、地方の温泉地で人目を忍ぶようにひっそりと営業されているイメージがあるが、まさか都内とは……。

ピンサロ通りを抜けるとカオスが


 やってきたのは大塚。大人の歓楽街として名を馳せるこの街は、俺が実話誌記者時代さんざん“修業”した場所だ。北口から放射線上に延びる通りは「ピンサロ激戦区」で知られ、恐ろしく低価格の店に入っては、味のあるポン引き、店内アナウンス、それに輪をかけて味がある「社交さん」の手練手管を体験しては、禄を食んでいた。

「2回転1300円、3回転1800円」。10年前よりも価格破壊を起こしている看板を眺めながら通りを歩くと、その外れにド派手な花輪に囲まれた店があった。

「いらっしゃいませ」

 スナックのようなカウンターの奥に女性がひとり微笑んでいる。向かいの壁には「秘宝館」と書かれたネオンが鎮座、その下には7人の小人がおり、天井からは鬱蒼とした緑が垂れ下がっている。

妖しく光るネオンは嬉野武雄観光秘宝館にあったものを。森を描いた壁画も展示を忠実に再現。資料的価値も高い”珍宝”がたくさん

 なんという異空間。聞けば店主の片品村蕃登さんは、全国にあまたあった秘宝館の内装を制作、運営していた会社で働いていた経験があり、閉館、解体に追い込まれた全国の秘宝館の“秘宝”を収集。集めたコレクションを展示するためにこのバーを開いたという。

店主の片品村蕃登さんは秘宝館で売るグッズを手がけていたことも。店主が精魂込めて製作した「スケベいすグッズ」は店内で購入可



昭和ロマンを再現した大人の空間


「昭和のバブル時代には儲かるということで、全国に数十軒あった秘宝館ですが、バブル崩壊とともに続々閉館。平成で新設されたものはなく、令和を迎える今“絶滅危惧”業種となっています」

 スナック然とした店内には「お宝」がぎっしり。ネオンは’14年に廃館した、嬉野武雄観光秘宝館で実際に展示されていたもの。壁画も当時の展示を3か月かけて再現したという。モニターには秘宝館で実際に流されていた「マル秘映像」が。珍妙な映像を観ながら、俺はキンミヤ焼酎のレモンハイ、O氏は名物の「みりんの牛乳割り」を舐めながら、秘宝館の歴史や逸話を聞くと、昭和がいかに鷹揚でロマンのあった時代かしみじみと感じることができる。


すべて本物! 展示されている“秘宝”の数々


小人が白雪姫と戯れる「シタユキヒメと7人のこびと」は別府秘宝館で展示されていた小人


道祖神が覗く


北海道秘宝館のロゴがカウンターのいたるところに


ピンクチラシで埋め尽くされたトイレその1


ピンクチラシで埋め尽くされたトイレその2


お馴染みの注意書き

「実は、私の家にはまだまだ展示品が眠っているんです。今後ここに持ってくるかもしれません」

 ここは現在進行形の秘宝館だ。

【ニュー秘宝館】
住:東京都豊島区北大塚3-33-2 ヤマトビル1F
電:03-6903-4194
営:15~24時
休:日
料:600円~(飲料・軽食代のみ。18時以降はチャージ500円)
●最新情報はtwitter(@katashinamrhoto)をチェック

協力/O氏(夜遊びガイド)撮影/渡辺秀之

苫米地 某実話誌で裏風俗潜入記者として足掛け5年。新天地でヌキを封印。好きなタイプは人妻
苫米地の他の記事