外出せずにOK!アイドルたちとオンラインで昼夜遊び倒す

【俺の夜特別編「俺の遊び」】

 ようやく全国で緊急事態宣言が解除。だが、感染拡大の第2波が懸念され、依然として外を出歩くことに対して厳しい目がある。そんななか、スマホやパソコンを使えばオンライン上でアイドルと遊び倒すことも可能なのだ!

テレワークしながら美女の活動を応援!

俺の夜 最近は、自宅でテレワークをするフリしてライブ配信アプリ「17 Live(イチナナライブ)」でアイドルたちの配信を眺めるのが日課となった記者。基本、無料で彼女たちが配信する様子を視聴できるのだが、雑談はもちろん、歌やダンスなどの特技を披露するコもいる。

 アプリ内で応援の意味がある「エール」や「ギフト」を課金して贈ることも可能。最近のお気に入りは18代目ミニスカポリスの日向ひなさん。配信ルームを訪れると、さっそく声をかけられた。

俺の夜

18代目ミニスカポリスとして活動する日向ひなさん。配信からは日常が垣間見られる。コメントをすることも可能で、自分の名前を呼んでもらえると胸キュン(笑)

「マエザワさん、いらっしゃーい。いま何やってるの?」

俺の夜

本人の17 IDはコチラ→(…日向ひな…)

 テレワークしながら見てるよ、とコメントを打ち込む。イチナナライブは見ているだけではなく、向こうからも話しかけてくることもあるので思わずドキッとしてしまう。彼女も初心者のようで、視聴者に使い方を聞きながら配信している様子がなんとも可愛らしい。記者はたまらず、何度もギフトを贈ったのだった。

【17 Live(イチナナライブ)】https://17apps.onelink.me/i7CY/17LivePR
アイドルやモデル、歌手など、夢を持つ約7000人以上がプロのイチナナライバー(ライブ配信者)として活動しており、他にも多くの一般のイチナナライバーが参加。視聴者は「ギフト」や「エール」を贈ることで応援でき、「コメント」などを通してコミュニケーションを取ることが可能

オンラインだからこそ素顔が見られることも

 アイドルが日替わりでママを務める、ビデオ会議アプリのZoomを使ったオンライン上のスナックがある。「オンラインアイドル」のサイトから事前に参加チケット(各部45分5000円)を購入すると、招待メールが届く。

俺の夜

小島未帆さん

 そこにZoomで入室すると、スナック風のスタジオから配信されている様子。この日のママは小島未帆さんだ。缶ビールを片手に、パソコンの画面から彼女がオムライスを作る姿を眺める。

俺の夜

配信の第1部で手作りのオムライスを披露した小島未帆さん。目の前のごちそうにヨダレが出てしまうが、本音を言えば僕も食べたい

 表示されたQRコードから飛び、“差し入れ”をクレジットカードで決済すると、テーブルに用意されていたドリンクやおつまみを彼女が実際に飲食できる仕組み。ビールを飲み、ほろ酔い加減の未帆さんからは過去のお酒にまつわる失敗談なんかも飛び出す。

俺の夜「ビールを20杯ぐらい飲んで記憶を飛ばしてしまいました(笑)」

 そんな何げない会話が楽しい。

【オンラインアイドル】https://onlineidol.tokyo/
コミュニケーションにはZoomを使用、事前のチケット購入(各部45分5000円)が必須となる。配信中にドリンクやおつまみの差し入れが可能(各500円)。ママを務めるアイドルがリアルタイムで反応し、その場で飲食してくれる

爆乳グラドルとサシ飲み!

 ある日、ツイッターのタイムラインにグラドルの吉沢さりぃさんが、Zoomで“サシ飲み”を行っているという情報が流れてきた。料金は1時間1万円。そこで、僕はコンタクトを取ってみた。

 画面を開くと、Kカップの大きな谷間が目に飛び込んできた。

俺の夜

Zoomを使って”サシ飲み”を不定期開催するKカップグラドルの吉沢さりぃさん。詳細などは本人のツイッター(@sally_y0720)をチェック

「今日は午後3時ぐらいから開始したんですけど、もう4ℓぐらいは飲んでますね(笑)」

 通常のイベントではアイドルとサシで話せる時間は限られていたはず。ある意味、これはコロナのおかげとも言えるが、サシ飲みとは思い切ったものだ。

「リアルでファンとサシは無理だけど、オンラインなら平気。私的には、大勢に気を使わなくていいのでラク」

 日常に戻りつつある昨今だが、オンラインにはオンラインなりの良さがある。この文化がコロナ終息を迎えても続いてほしい!

マエザワ エロ本出版社出身、元ギャル男雑誌編集者。無類の外国人好き。趣味は「夜の国際交流」
マエザワの他の記事