スナックとキャバが奇跡の融合!?夜遊びの新業態 “スナキャバ”研究

 スナックとキャバクラの違いって何?――スナック愛好家を自任してから、幾度となく投げかけられてきたこの手の質問。「キャバは女のコを口説く場所、スナックは女のコとの会話を楽しむ場所」なんて回答も、「ママの目を盗んでスナック嬢としけ込もう」とする男たちのバトルを幾多となく見てきただけにチト弱い。風営法の種類、料金設定の違い(チャージ制か時間制)など回答群は多いが、いまだに答えは見つからないままだ。

 思い悩むスギナミの耳に飛び込んできたのは、「スナックとキャバクラのいいとこどり」という触れこみで増殖中の “スナキャバ”なる新業態。システム的にはキャバクラと同じだが、隠された“スナック色”を見つけることで、この問いに答えが出せるのかもしれない。早速、調査に向かった。

格安料金でも美女がマンツーマンでつく

EGOIST

 まず訪れたのが神田にある“スナキャバ”の先駆け的存在ともいえる「EGOIST」。瀟洒な店内には、ドレス姿の女性たちが百花繚乱。愛嬌のある笑顔を振りまきながら、一ノ瀬愛ママ(28歳)がエスコートしてくれた。

「スナック並みの低料金で飲めることがウリです。ボーイさんを置かずにキャスト全員で店づくりをしてるから、このお値段でできるんです」

 オールタイム45分3500円、指名料1000円と破格の料金。

「もちろん女のコのレベルも高いですよ」と言って愛ママが席に呼んだのは、昼は会社勤めのミアちゃんと巨乳美女の愛結ちゃん。彼女たちに限らず、総勢27人のキャストの9割は昼職との掛け持ちだ。

「今夜はパーッと飲みましょ。でも昨日は飲み過ぎて、ヒザを打っちゃったけど(笑)」

 そう言ってドレスの隙間からアザを見せる愛結ちゃん。気取らない魅力は会話、仕種のそこかしこに表れる。小腹が空いたと注文すれば、近隣の飲食店からデリバリー。出前の手数料はかからず、これも懐に優しいスナキャバ設定だ。フードの持ち込みも無料で、隣のお客さんが「餃子を買い過ぎちゃったから、そっちでも食べてよ」と、ボックス仕切りのないスナックコミュニティを堪能できる。

「スナキャバの魅力は、格安料金の追求」であることを再認識。ならばお次は、スギナミにはお馴染みの大衆店エリア・中野へ。

【後編】に続く⇒

EGOIST【EGOIST】
東京都千代田区内神田3-22-10 ハチヤビル2F 
電:03-6206-4033 
営:20時~ラスト 
休:土日祝 
料:45分 3500円(税・サ込み) 
神田駅北口から徒歩30秒。フードの持ち込み料無料 HP(www.club-egoist.com

スギナミ 東京都生まれ。主な出没地域は中野、高田馬場の激安スナック。特技は「すぐに折れる心」
スギナミの他の記事