夏の終わりに思い出を!海以上に過激なギャルたちがいる水着ガールズバー【前編】

伊豆の海に小旅行。そこで、見かけたDカップを揺らせて歩く白ビキニギャルに半勃起。なかなか海から浜辺に上がれず、せっかく海に行っても日焼けができなかったテキサスです。 仕事に追われ気がつけばもう9月。今年の夏らしい思い出と言えば、伊豆の半勃起のみ。このまま夏を終わるわけにはいかない。そこで、まだまだ水着ギャルを見足りないテキサスは、仕事終わりに水着が拝める水着ガールズバーなるお店を発見。今年5月に六本木にオープンしたばかりだという「キラキラガールズ」に向かうことにした。

もはや水着ではない過激なコスチューム!

水着とは言えない過激な衣装の女のコたち(写真中央がレイナちゃん)。平均年齢は20歳で学生やOL、フリーターなど約20人が在籍し、常時5〜10人が出勤しているとか


六本木交差点から徒歩5分。エレベーターでB1に下りて店内に入ると、海辺の水着ギャルよりも過激な衣装を纏った夜の水ギャルが元気に出迎えてくれた。

接客してくれたのは、身長168cmでスタイル抜群のレイナちゃん(21歳)。黒エナメルの細すぎるトップスに小ぶりのTバック、黒のニーハイブーツ……って、これは水着じゃないだろ。と、海辺の水着ギャルを予想していたため、ツッコみたくなったが、こちらのほうがテキサス好みなので◎。

だが、露出の激しいコスチュームなだけに少々照れてしまい、どこか会話がぎこちない。

そんなテキサスを見かねて「緊張してますね(笑)。じゃあ、こうしてあげる♥」と言ってカウンターに座り、両脚をテキサスの肩の上に。レイナちゃんは大股開きでこちらを見つめたまま「ここまでやっちゃえば、恥ずかしいとかもう関係ないでしょ?」と、Sっ気たっぷりに接客してくれた。

確かに、ここまでされると、恥じらっている自分が恥ずかしくなってくる。女性にここまでさせたのだから、きちんと応えるのが男の作法。そう思わせてくれる雰囲気がこのお店には存在する。

「この水着、ここはどうなっているの?」と自ら際どいところに目を向け「えぇ、ひみつだよ」(レイナちゃん)などという会話は当たり前。その後は、何かが弾けたかのように心が解放され、大胆になることができた。



後編はこちら⇒

【キラキラガールズ】


今年5月にオープンした、過激な水着ガールズバー。
住:東京都港区六本木3-14-13 UFビル1-B1
電:03-6447-1139
営:19時~ラスト
休:日曜 60分/3000円~ http://www.kira-girls.com/

後編はこちら⇒

テキサス 「女のコとの会話は最高の前戯」がモットー。趣味は年間50回ほど行くキャバクラとFX
テキサスの他の記事