夏の終わりに思い出を!海以上に過激なギャルたちがいる水着ガールズバー【後編】

前編はこちら←

チップの渡し方はフリースタイル!



また、同店にはより大胆に女のコたちと接することのできる「チップゲーム」なるものが存在する。これは、1枚500円のチップを購入した客が女のコの水着に“挟める“というもの。もちろん、挟む場所は自由だ。

そこで、まずは無難におっぱいに挟むことに。チップを片手に持って水着に手をかけると、今にも乳首が「こんにちは」しそうだ。チップを挟む瞬間、くすぐったかったのか、ピクッとするレイナちゃん。ついつい水着の中を想像してしまう。

指名して席の横についてもらうことも

続けて、どこに挟もうか。1枚500円を無駄にしたくないため、思案していると、「口と口で受け渡すっていうのもありますよ」とのご提案。普段なら遠慮するのだが、ここまで来れば、もはや恥じらいなどない。

早速、口にチップをくわえてレイナちゃんの息遣いが感じられる距離まで急接近。500円分、楽しませてもらったのだった。

ほかにも、男性客がズボンのチャックにチップを挟み、女のコが口で受け取るという、より下品な受け渡し方法もあるとか。半勃起中のテキサスは丁重にお断りしたが、基本的には女のコが嫌がらなければ、どこに挟んでもOK。オリジナルの受け渡し方を考案するのも同店の楽しみ方のひとつと言えるだろう。

さらに、同店はガールズバーでは珍しくキャバクラの営業許可を取得。気に入ったコがいれば指名をすることもでき、キャバクラ同様に隣に座って接客してくれるところも特徴と言える。

「盛り上がりすぎると、テーブルに上がっちゃうこともあるんですけどね(笑)」(レイナちゃん)

恥じらいさえ取り払えば、こんな楽しい時間はない。夏を取り戻そうと必死に挽回を試みたら、忘れられない夏の思い出ができてしまった、テキサスでした。

◆テキサス記者の吐息
今度行くときは、チップを5枚購入しいろいろ試したい

テキサス 「女のコとの会話は最高の前戯」がモットー。趣味は年間50回ほど行くキャバクラとFX
テキサスの他の記事