ガチの色気で美女が急接近!高級いちゃキャバの甘美なる世界観

 キャバクラ以上、セクキャバ未満のお色気サービス――3年ほど前から夜遊びの新業態として台頭してきた「いちゃキャバ」を一言で形容すればこうなるのだろうか。横一列に並べさせられたセクキャバでは、目の前のオッパイを養豚場のブタのごとくパクつく己の姿に嫌悪感をもよおし、かといってキャバ嬢にガチ恋を挑むほどの男気も財力も持ち合わせていないスギナミ。「男飲みの二次会にピッタリだわい」と都内いちゃキャバ店を練り歩いてきたわけであるが、「コレ!」というお店になかなか巡り合えない。理由は簡単。「いちゃいちゃできるキャバクラ」とはいいつつも、大半のお店が「嬢と話もできるセクキャバ」をベースにしているからだ。

 セクキャバの女のコにセクキャバ未満のサービスをしてもらうのでは本末転倒。できれば、高級キャバクラでもお目にかかれないような美女と、くんずほぐれつの乱痴気騒ぎを満喫してみたい――そんな思いに駆られる僕の耳に入ってきたのは、キャストのレベルの高さで知られる、六本木の「高級いちゃキャバ」の存在だった。

初心者も狼になれる美女の積極サービス

満月倶楽部

(写真左から)みずき(23歳)、えり(20歳)、茜(22歳)。尻込みするような美女たちだ

 六本木交差点から徒歩1分のところに目当てのお店「満月倶楽部」はあった。まずは恭しい黒服にエスコートされて席に通される。暗紫色に彩られた壁面と瀟洒な調度品の数々。高級感漂う店内を眺めていると、店の奥から、ドレス姿の美女3人がお目見え。

「おいおい、こんなモデルみたいなお姉ちゃんたちといちゃいちゃなんてできんのかよ、俺?」

 そんなスギナミの不安も5秒後には杞憂に終わる。

「いらっしゃいませぇ、茜です。ん~」と、席につくやいなや目を閉じて「はじめてのチュウ」の体勢になる茜ちゃん。眼前に迫りくる柔らかそうな唇。ルージュから漂う甘い香りに早くも卒倒寸前。横を見ると、スレンダー美女みずきちゃんから無防備なナマ足を絡ませられ、だらしなく笑みを浮かべる夜遊び仲間I氏の姿が目に入る。ソープランドの超高級店では、客の緊張をほぐすため、挨拶もそこそこに即尺、即入れというサービスがあるが、いちゃキャバ高級店の、容姿だけでない接客サービスの秀逸さを早くも体感する。

【後編】に続く⇒

満月倶楽部

フレンチキッスのお出迎えに胸は高鳴りっぱなし

スギナミ 東京都生まれ。主な出没地域は中野、高田馬場の激安スナック。特技は「すぐに折れる心」
スギナミの他の記事

新着記事

バックナンバー