第九夜 【前編】

沖縄発の「洗体エステ」ブームが北上中!
その快感度とは?


【担当記者:テキサス】

 都会の喧騒を離れ、師走の疲れを温暖な沖縄の静かな海で過ごしたいと願うテキサスです。潮の香りが僕のマイベストパフューム!

 そんなことはさておき、沖縄と言えば、温暖な気候に大自然。そして、名菓さーたあんだぎーやだけではない。忘れてはならないのが、沖縄名物「洗体エステ」だ。

 沖縄の地元タウン誌の編集者が言うには「3~4年前から那覇市内に続々と出店され、今では20店舗ほどの洗体エステがあります。中にはこのサービスだけを目的に、沖縄に来る人までいるんですよ」というのだから驚きだ。

 そして今、沖縄が火付け役となり、関西や東海地方にもこの洗体エステブームが飛び火。今年に入って、関東地方にもついに上陸したというわけだ。


■アロマの香りと極上の泡に包まれる

 まず始めに「洗体エステ」で言っておきたいのが”ヌキなし”エステということだ。

 手コキありのアロママッサージ店や「オニイサン! 1万円で最後までデキルヨ」でお馴染みの中国人美女が行なう怪しい回春エステとはまったく違う。風俗店ではないので、あしからず……。

 では、洗体エステとは如何なるものなのか?

 は、今回取材に協力してくれた『BODY SPA』新橋店のエグゼクティブコース(90分)だが、洗体エステの基本サービスはオイルマッサージと名物の”フルボディーシャンプー”。もちろんアロマの香りに包まれながらの本格的なマッサージで十分癒されるが、やはりこの名物のサービスを一度体験してほしい! 

 ”ヌキ”以上の快感など存在しない、と思っている読者諸氏も多いと思うが、この”フルボディシャンプー”の気持ち良さも半端ない。

 まずパンツ一枚の姿でマットに寝そべり、美人セラピストがマッサージ。その後、頭から足の先、さらには股間(周辺)まで。全身を泡まみれにして、キレイに洗浄してくれるのだ。

ypru9_1.jpg
 その全身を包む泡には、ローションが混ぜられているらしく、今までに味わったことのない心地よさを体感できる。パンツ一丁になって、女性にすべてを委ねる癒し効果とでも言うべきか。まるで母親にお風呂に入れてもらっているような安らぎを味わえるのだ。

 さらに、いいのはマッサージをしてくれるセラピストのレベルの高さ。風俗店のようなケバケバしい女性などではなく、かわいくて清楚な女性陣が働いている。

 ”ヌキなし”ということで、今まで風俗で働くのに抵抗のあった層を取り込むことに成功。風俗店では絶対にお目にかかれない”素人娘のマッサージ”という男心をくすぐるサービスを提供できるというわけなのだ。

ypru9_2.jpg
顔をお見せできないのが残念だが、今回の取材に応じてくれた小河さん(27歳)。
施術を受けながら、何気ない仕事の愚痴だって聞いてくれるぞ!



 しかし、こんな美人セラピストに股間(周辺)を優しい泡まみれにされて、悶々としない男性などいないはず。テキサス自身も何度か我慢できず、沖縄の洗体エステで土下座して懇願したことがあるが、風俗店ではないことを十分に理解されたし!

「やはり勘違いしちゃうお客さんは多いですね。でも、洗体エステは風俗店ではありませんので、セラピストへのお触りなども一切禁止しています」(洗体エステ店長)

 沖縄では、洗体エステで癒してもらった後、元気になったカラダと愚息で、松山の風俗店に行くというのが定番コース。悶々としてしまいそうな人は、最初に近くにある風俗店情報をリサーチしておくのもいいかもしれない。

 しかし、洗体エステで疲れたカラダを存分に癒す。そんな夜があってもいいと思えるのもまた、このエステなのだ。

 さぁ、スッポンポンになって、泡まみれになろう。現代の戦うビジネスマンにはこの”癒し”が一番必要なんです!!




撮影/西園寺武彦

テキサス 「女のコとの会話は最高の前戯」がモットー。趣味は年間50回ほど行くキャバクラとFX
テキサスの他の記事