第八十夜【前編】

ミナミの九龍城を上から下まで飲みたおす!

大阪・味園ビル探訪


【担当記者:スギナミ】

 酒色、遊興、演芸、慰安――。かつて、繁華街にはこれらの要素すべてを併せ持つ巨大レジャービルの存在が珍しくなかった。しかし、時の流れは無情なもの。昨年2月に閉館した新宿東宝会館の例を見るまでもなく、こうした”男の遊艶地”的な巨大ビルは過去の遺物となりつつある。いまやレジャービルといえば、女子供が集うショッピングモールばかり。やりきれない思いで安酒を痛飲する僕の耳に入ってきたのは、大阪に今も残る老舗ビルの存在だった。

ビルの中だけで”俺の夜”は完結する

  訪れたのはGWの真っただ中。人の群れでごった返す道頓堀から、千日前通商店街を直進することおよそ10分。なんばグランド花月の手前左手に、「どやっ」と言わんばかりにひときわ大きく光る「味園」の電飾文字。敷地面積300坪超、昭和31年開業の味園ビル。老朽化した外壁、ケバケバしいネオンサイン、そして夥しい数のスナックの看板が、その歴史、存在感を雄弁に物語っている。

 まずは5Fの宴会場で腹ごしらえ。満腹状態で小休止をとっていると、隣の個室からなにやら女の気配が……。こっそり様子をうかがうと、明らかに水商売風の姐さんたちが、誘うような視線で男性客を手招いている。宴会コンパニオンではない。ビル下層にあるキャバレーのホステスたちが、団体客の存在を聞きつけ、来店を誘っているのだ。

 確かに、腹が満たされれば女のコと飲みたくなるのは自然の摂理。てなわけで、そのままエレベータでB1へ直行。キャバレー「ユニバース」に足を踏み入れた。




yoru_100525_1.jpg

キャバレー、もつ焼き屋がひしめくエリアに
静かに佇む味園ビル。
2Fのスナック街へは、正面左脇にある
螺旋階段から直通できる




夜のデパート 大阪・千日前
味園ビルの歩き方(前編)


yoru_100525_2.jpg

5F 宴会場で腹ごしらえ
『千と千尋の神隠し』のようなエントランスが仰々しい宴会場「味園」。
ビールは大瓶290円。豚しゃぶセットは2500円で凄いボリュームだ



yoru_100525_3.jpg

B1 キャバレーで大ハッスル
毎月のイベントも豊富なキャバレー「ユニバース」。同店のキャストは27歳までを
コンパニオン、28~37歳までをフロアレディ、38歳以上をホステスと棲み分けている






撮影/三原祐介

スギナミ 東京都生まれ。主な出没地域は中野、高田馬場の激安スナック。特技は「すぐに折れる心」
スギナミの他の記事