第八十九夜【前編】

真夏の風物詩

ビアガーデン&ビアホールでバブル時代を!


どうも、スパムっす。いきなりの私事ですが、ジメジメした梅雨の最中だった7月某日、仕事で大失態を犯してしまいまして……。当然、上司を怒らせてしまったのですが、バブル世代の上司というのはお説教が好きなようで、話が長い長い。まだ外は梅雨でジメジメしてるし、ゲリラ豪雨のような説経はしんどいし、ストレスは溜まる一方。

「こんな気分をふっ飛ばすにはビールを浴びるほど飲むしかない!」

と思い立ったわけです。しかも、せっかくの夏間近。居酒屋ではなく夜空の下、開放的な気分で飲みたい。そこで”夏の風物”ビアガーデンを目指し、書きかけの原稿を投げ出して会社から逃亡したのでした。


水着美女と夜景を横目に乾杯!

yoru_100727_06.jpg
 時刻は19時過ぎ。空がまだ薄暗いなか、六本木交差点から歩くこと5分。六本木”初”の屋外ビアガーデンである、名前もそのまま「六本木ビアガーデン」に到着です。店内に入ってみれば、右には六本木ヒルズ、左には東京タワーと、華麗な夜景が一望できます。席に座り、「とりあえず生!」と注文したスパム。すばやくビールを運んできてくれたのは、オランダとのミックス美女で、眼力が魅力的なリサちゃん(21歳)でした。

「ここは場所柄、ハーフのコとか海外からの留学生が集まってくるんです。ほかにも韓国系やスペイン系、もちろん日本人もいますよ」
 
さすが六本木。インターナショナルな気分も味わえ、さらに店内はビーチをイメージした内装で、さながら都会に現れた「海の家」。ひと足早い常夏気分に癒されたスパムでしたが、そのとき、突然のゲリラ豪雨が。しかし、ご安心。傘を貸してくれるサービスもあり、リサちゃんがそっと傘を渡してくれました。ただ、僕の後ろでは相合傘をして愛を育むカップルの姿。リサちゃんの笑顔は名残惜しいですが、いたたまれなくなりお店を後にしました。だが、このまま帰るなど愚の骨頂です。さらなる刺激を求め、移動!




yoru_100727_05.jpg
「目の中にホクロがあるんですよ」と
僕の顔に目を近付けてきたリサちゃん。
ビールでも飲まないと理性を保てません



【六本木ビアガーデン】

yoru_100727_0.jpg

住:東京都港区六本木5-5-1 六本木ロアビル5F 
電:03-3478-1818 
営:18~23時30分 
フードは500円~、ドリンクは700円~。混雑時のみ2時間制。
「19時くらいから来てほしいですね。空が徐々に暗くなって、イルミネーションの輝きが増してくるんですよ」(店長)
HP:http://r.gnavi.co.jp/a027603/





撮影/渡辺秀之

スパム 主に池袋界隈に出没。重度のタイツフェチで、レギンスに対しては反対の姿勢をとる
スパムの他の記事