第百十四夜【前編】

ゆとり世代のキャバ嬢たちは

どんなアフターを求めているのか?


110301_yoru_06.jpg


 キャバクラ遊びの醍醐味の一つとして、アフターがある。いわゆる店外で食事したりするわけで、男としては「口説ける……かも」と淡い期待を抱きがちだ。しかし、ここで頭を悩ますのがセンスを問われる店選びである。ベタに焼き肉か? いや、寿司か?と悩んでいると、「ラーメン!」と肩透かしを食らったりするのである。そこで今回は歌舞伎町と六本木のキャバ嬢総勢60人にアンケートを敢行。そのデータを基に現役キャバ嬢とアフターしてみたのであった。


 今回、アフターに付き合ってもらったのは、ポケパラネットが推薦する、歌舞伎町「LIBERTE」の奈々原つぐみちゃん(21歳)。では、「肉でも仕込みますか!」と定番中の定番の焼き肉に誘ってみると……。


「今日はちょっとお肉な気分じゃないから、軽くカラオケで歌ってから考えよ!」


 と言われて向かったのは、ハニートーストで一世を風靡した「パセラ」。カラオケと言われて高級カラオケボックスを連想したのだが、歌舞伎町ならパセラ、六本木でも「FIORIA」が人気だとか。歌舞伎町のキャバ嬢アンケートではランク外だが人気は十分。グループでアフターするならカラオケは重宝されるようだ。パセラといい、FIORIAといい”ちょっと高め”なカラオケはキャバ嬢たちにウケがよいということか。





110301_yoru_01.jpg
叙々苑の焼き肉でアフターできれば一人前と教えられたが、それも今は昔話。牛角でいいよ!なんて優しい嬢も最近では珍しくない。お好み焼きや焼き鳥も意外と人気が高い


110301_yoru_02.jpg


110301_yoru_03.jpg
ハニートーストをお互いにア~ン♥ なんて、やっちゃったりしてアゲアゲです





取材協力/ポケパラネット(http://www.pokepara.jp/
撮影/上野ヒトシ

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事