キャットファイターの本音

キャットファイターのリアルな本音を聞く


110503_yoru_04.jpg


スパム 戦っている最中って、どんな心境なんですか?


「やってるときは『コイツ、ぶっ潰してやる』しか考えてないよ。当日に相手が決まることもあるけど、リングに放り込まれるとなぜか相手が憎くてたまらなくなってくるんだよね」(わかさん)


 彼女はキャットファイト歴5年で、イベント時以外はカメラマンをしているという。いわく「最近はトレーニングを積んで試合に臨む、セミプロみたいなコもいる」とのこと。「興奮しすぎたのか、グーパンチ(反則)されて腫れたこともある」というからガチです。


続いてやってきた夢子さんが、見どころを教えてくれました。


「パンツに食い込むお尻のしわとか、ワキ毛処理の甘さとか、そういう素人っぽい”生々しさ”がイイんです。追い剝ぎマッチでも、靴下だけは脱がさないのがファンに受けるツボですね」


 さすが男心をわかってますねと相槌を打ったスパムに対し、「だって私、両刀イケますから♪」との返答……。武勇伝は続きます。


「前に戦ったコのオッパイを握ってたら、乳首がすごく立ってて。『あ、今感じてしまったな』という瞬間もよくありますよ」


 お店ではモニターで過去の試合のDVD観賞もできます。映像を見ながらそのときのリアルな感想を聞き、酒を飲む。生観戦とはまた違った楽しみ方です。


「追い剝ぎマッチは前バリをするけど、それ以外は何もしてないんです。だから急に下着を取られたときは、けっこう焦るんですよ」


 ただやはり、そんなハプニングこそが真髄とのこと。気づけばおかわりすることジントニック8杯目。「次の試合、応援してます」と固く握手し、早速、次戦のチケットを購入しに向かうスパムでした。


次回イベントは5月12・13日の2デイズ開催

110503_yoru_03.jpg

水着マッチ、下着マッチ、水かけマッチ、ローションマッチなど全7カード。シャッターチャンスわかさんと夢子さんも登場。会場は「新木場1stリング」東京都江東区新木場1-6-24 詳しくはHP(http://www.catpanic.com)で

■俺の夜 百二十二夜 後編 (⇒前編)

撮影/渡辺秀之

スパム 主に池袋界隈に出没。重度のタイツフェチで、レギンスに対しては反対の姿勢をとる
スパムの他の記事